子供さんの新しい矯正

従来の矯正法とは全然違います。子供さん、親御さん、医院の協力で健康な歯並びを獲得します。

2024年5月13日 (月)

考える

少し失敗。

矯正には後戻りがつきもの。

歯列の裏側からWireで固定するのもありだが。

それでも、いつまで?と問題がつきまとう。

Wire使う従来の方法ではなく。

新しい子供さんの矯正ケース。

001_20240511103101

これが

002_20240511103101

普通の矯正では、こうは行かない。

そして、Wireを矯正装置をつけないメリットが大きいと思う。

でもね、、、

003_20240511103101

原因は分かってる。

患者さんも。

詰めが甘かった。

少し反省。

 

 

 

 

 

 

 

2024年4月17日 (水)

MFT

日本語では、筋機能訓練。

子供さんの矯正治療のメイン項目。

少し難しいのが、、、、

舌をまっすぐ尖らして下の歯に触れない状態をキープ。

親御さんにもやってもらう。

ほぼ全員完璧に、、、、出来ない。

子供たちは、ほぼ最初に出来るようになる。

中には、、

ヒョイと完璧に出来る子もいる。

ここに来るまで、長い子で2年。

最初は、焦ったい気もしてたが。

ゆっくり階段をのぼるしかない。

子供さんは、変えられるけど、、、、、、

と悩む日々。

2024年3月 9日 (土)

アマゾンオーディブル

今は3月3日。

眠ってる、アレコレ登録を解約。

無駄な出費を削る。

偉いぞ僕。

今回は

20240304-102941

アマゾンオーディブル。

本を朗読して聞かせるもの。

楽しみに、登録したのに、、、

登録してから気づく。

朗読を聞きたい目当ての本がなかった。

バカ。

結果。

一回も使ったことがない。

止める前に一回聞いて見よう。

20240304-112247

講演と思えば苦にならないし2倍速でも全然いける。

少し偉くなった気がする。

さて

「新しい子供さんの矯正」

あと20年は仕事をする。

丁寧にケースを選べば、やってけると思う。

戦闘能力も20年真面目にやり続ければ相当上がる。

20240304-103440

実はそうは簡単じゃない。

結構てこづってる。

002_20240304111501

001_20240304111501

 

 

 

 

2024年3月 3日 (日)

しょんぼり

2月はお休みが多かった。

少ないレセプトに少しガッカリ。

研修会も、、、、、

差額を考えると、、、いや!!!考えないようにする。

まあ良いや。

さて、

新しい子供さんの矯正。

@先生が諸事情で興味を持ってくれてる。

あれこれ、説明すると自分の励みにもなるし、

質問に答えると(@先生も矯正をする)あ〜と思うことに出会える。

結果だけ見ると、「簡単そう」と思う。

目立つ装置も付いてないし。

Bws001

ここから先を教えると問題が出る。

@先生が必須の研修会に参加してくれると自由になれる。

 

 

2024年1月17日 (水)

入れてるだけで、

諸事情あって、

装置を入れてるだけのケースもある。

ただし、本人のやる気と基本を守るは前提。

001_20240115101901

毎日、キチンと入れてるだけ。

簡単な機能の説明はするけど、マックスではない。

さて、

新しい子供さんの矯正の良いとこでもあり、悪いとこでもある。

暫くすると。。。

「あれ良くなってるね〜」

知らない間に来なくなる。

未収金が出る(滅多にないんだけどね)

この子は楽勝かな〜と思うと、ほぼスムーズに体の機能が

自然に回復する。

人間だったら当たり前の機能がどんどん追加される。

装置はきっかけで、治すのは身体(正確には機能)

「何もしないで、やってみようかな?」とさえ思ったりする。

バカだ。

 

2024年1月16日 (火)

開き直って

どうしても舌癖の取れない患者さん。

春から社会人。

やっと、普段の舌位置を基本通りにを習得される。

「どうね、鼻呼吸を維持してる」

「はい、出来てます」

「鼻呼吸はどう?」

「全然、体が頭が楽です。早くしとけばよかった」

少し遠方の学校に行かれた。

モチベーションの維持が滞った時期もあった。

ある程度仲良しだったので

「生暖かく見守る」

今日は、4個舌のトレーニングを教える

(説明ページ読んで動画を撮ってもらうだけなんだが)

次回は3月。ここで嚥下のトレーニングを教える。

残りは、4月になってDropboxにあげる。

「生暖かく見守る」

怒ったら絶対に負け。匙を投げたら負け。

やる気を出させるには、、、、

今、工夫中。

でも、最後の手段は

誓約書を交わす。

少しづつだけど、強敵が出てきた。

スクリーニングを真剣に考える。

 

 

2024年1月 8日 (月)

英語

遠方からの患者さん、昨日の診療終わりに装置をつけた。

ついでに、お母さんのインプラント脱離の処置も。

Thumbnail

どうしよう?と思う出っ歯が改善。

知り合いの子供さんなので、治療を受けた。

3回くらい、Google meetで遠隔チェック。

限界はあるなと思うが、回数重ねるごとに上手になる。

さて

装置は、月に一回外して調整がいる。

次の来院は4月の春休み。

誰が調整するの????

YouTubeで、外し方調整の仕方が出てる。

アニメーション付きで、装置の説明もある。目的もある。

ただし、、、、

英語。

幸いに患者さんのお父さんが、英語に堪能。

お父さんに調整を教える。

「目的や機序はYouTubeを参考にしてください、英語だけどね」

「はい、わかりました」

英語か〜〜

 

 

 

2023年12月29日 (金)

MFT

矯正の世界で筋機能訓練と言われてる。

訓練ね〜〜

新しい子供さんの矯正では、別な呼び方をしている。

activity 名詞 /ækˈtɪvɪti/

活動体内の活動,自然活動q




習った通りにやっていくんだが、水が溢れることもある。

大人の矯正ができるんで、

「従来の矯正に変えますね。待ち時間かかるけどちゃんとします。」

「でも、いつかもう一回チャンスをください」

と言うと

笑顔でほっとされる親御さんもいる。

子供たち(患者さん)のやる気を親御さんに丸投げを、考え直す。

12月の研修会では、「考え直し」に沢山時間が割いてあった。

冬休みに「考え直し」対策資料を作る(良い無料アプリがあった。嬉しい)

お金を後###万円払えば良いんだろうが、、、

なんか癪に障る(円相場のせいかも?)

2023年12月27日 (水)

人のふり見て

「人のふり見て、どないすんねん」

遥昔に、明石家さんまさんが言ったセリフ。

「必殺!!運が良い」

遥昔に天下御免というドラマの中で絶望的な危機を乗り切った
忍者が言ったセリフ。

さて

かなり遠隔から来られる患者さん。

あえて書くが。

絶望的な前処置の復旧。

4ヶ月後に昨日来院された。

望外の出来栄え。

親御さんと子供さんに心から感謝。

@先生が言われた。

「執念です」を再確認。

こっから先は、「前処置」も「運が良い」も置いといて対応する。

次回の来院は、夏休み。

どっちを選択するかで迷う。9歳2ヶ月。

一晩寝たら、

「よし!こっちで行こう」

資料をまとめる。

ん〜〜〜〜再考。

「やっぱり、こっちだけかな???」

双子さんです。

001_20231227045701

002_20231227045701

003_20231227045701

 

 

2023年12月24日 (日)

クリスマスイブ

何回か書くネタ。

長男が幼稚園の頃。

市役所でサンタさんに扮装して自宅にプレゼントを届けるサービスがあった。

ピンポーン。と玄関のチャイムがなる。

長男と一緒に玄関に向かう。

扉を開けて、サンタさんが入ってくる。

その時、つい

「こんばんは、お世話になります」と挨拶してしまった。

自分を振り返りながら、長男が。

「知り合い?」

さて、

子供さんの矯正は、協力が必要。

なかなかモチベーションが上がらない子供さんに

「サンタさんを信じてる?」と聞いてみる。

5年生なので、首を振る。

「今回真面目にしないと、弟(1年生)にサンタさんはいないと教えるよ」

母親と顔を見合わせて、、、

「だめ、絶対に言っちゃダメ!!」

そして、、

「お母さんも協力して下さいね」と続ける。

二人とも、何度もうなづく。

来月が楽しみ。

 

より以前の記事一覧