« 蝶々 | トップページ | 期待 »

2022年5月26日 (木)

極端なケース

2回目の矯正。

普通に抜歯矯正の説明。集めた資料を眺める。

準備で前の矯正の資料を眺める。

あれ??と思い出す

「血中酸素濃度が90になる」が主訴で来院されたケース。

かいつまんで書くと

体調不良で、夜間に病院へ。入院。
そこで、血中酸素濃度の説明を受けたとのこと。

噂で、当院に来院(歯並びの問題もあった)

夜間の酸素濃度を計測する装置を貸し出しもした。

1期治療が終わって、5年を経て再来院。

体調不良は消えているとのこと(元気になったとのこと)

今も子供さんの矯正の指針は。口呼吸を鼻呼吸へ。

さて、

最近大人の???なケースが。

「小さい頃に、手をつけておけば」と思わんでもない。

お金が絡むので、不安を煽って治療に持ち込むことは慎んでるが。

 

« 蝶々 | トップページ | 期待 »