« 優良誤認 | トップページ | ぽか »

2022年4月 8日 (金)

患者さんが待合室で、本を読まれてる。

何の本ですか?

「これです」

 仕事に必要とのこと。

以下の話をする。どう思います?と尋ねる。

「そうかもしれませんね」の返事。

 

20220408-74547


赤ん坊と「涅槃」 岡潔の言葉


抜粋:「人間の建設」より岡潔の言葉


赤ん坊がお母さんに抱かれて、そしてお母さんの顔を見て笑っている。

その頃ではまだ「自他の別」というものはない。母親は他人で、抱かれている自分は別人だとは思っていない。
しかしながら、「親子の情」というものはすでにある。

自他の別はないが、親子の情はあるのですね。


そして「時間」というようなものがわかりそうになるのが、だいたい生後32ヶ月過ぎてからあとです。
そうすると、赤ん坊にはまだ時間というものはない。

だから、そうして抱かれている有様は、自他の別なく、時間というものがないから、これが本当の「のどか」というものだ。
それを仏教で言いますと「涅槃」というものになるんですね。


のどかというものは、これが平和の内容だろうと思いますが、自他の別なく、時間の観念がない状態でしょう。

それは何かというと「情緒」なのです。自他の別もないのに、親子の情というものがありえる。
それが情緒の理想なんです。矛盾でなく、初めにちゃんとあるのです。

だから、時間・空間が最初にあるというキリスト教などの説明の仕方ではわかりませんが、
私の世界観はつまり、最初に情緒ができるということです。

患者さんは人間相手の仕事で、バイアス(色眼鏡)は極力避けるとのこと。

そして、、

「絶対に、上から目線、強制は慎みます」

さて

岡潔さんは数学者で、上の内容はご自分の家族(子供、孫)がサンプル。
何が自分は言いたいんだ?

« 優良誤認 | トップページ | ぽか »