« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

Sさん

自営の方。

あれこれ、世間話。

経営者(?)ならではの世間話。

「まあ、仕方がないね」で締める。

 

 

2022年4月29日 (金)

遠藤(Enlow)さんの本。

500ページを超える。

実際は文献集、索引に70ページを割いてる。
本文は430ページ。

分厚いので、開き直って序文から読んでみる。

外人の講義、S先生の講義を聞いてて良かった。

予備知識が無かったら本棚の飾りになってた(そもそも買ってない?)

読書と思って読もう。

多分読むはしから、忘れるはず。

防止策は、、

スタッフに、患者さんに、伝わるようにアウトプット。

楽しみ。

 

 

2022年4月28日 (木)

勘違い

勘違いをしない。

本当に、しない。

 

 

 

 

おさらい

日曜日の研修会のおさらいをする。

頭のメモに定着させる。

「三秒吸った息を六秒で吐く」

のんびり見てると、、

あ〜こういうこと!!

前後が繋がる。少し勘違いしていた(半分だけ理解?)

勧められた本を注文する。

ずっと、、、遠藤さんの書いた本と思っていた。

20220427-74245

20220427-74345

Enlowを遠藤と聞き間違い。

正座して、お腹を100回叩きたくなる。

2022年4月27日 (水)

呼吸

子供さんの鼻の下に鏡を置く。

20220427-64032

鼻が通ってると、白く曇る。

鼻つまりの目安になる。

ただ、鼻サイクルという現象がある。

鼻サイクル(Nasal Cycle)自然な鼻閉

片方がつまっていたと思ったら、今度は反対側がつまり、先ほどつまっていた方は治っていた。そのような経験はないでしょうか?鼻閉の初期段階を注意してみてみたところ、実は左右の鼻の息のしやすさが同じではないことが分かりました。

鼻サイクル(ネーザルサイクル)の発見

この左右交代に起こる鼻閉は、「鼻サイクル(ネーザルサイクル)」といわれ、1~3時間たつと鼻のよく通る側は反対に移動するのです。つまり、左右が交代で起こる鼻閉は生理的現象で病気ではないのです。

20220427-64534

さて、深く息ができないケースが厄介。

吸った途端に、吐く。

深く吸えない。

強敵だな〜と思う。

なんとかしなくっちゃ。

 

 

 

 

 

2022年4月25日 (月)

日曜の研修会

ほのぼのと始まる(?)

収穫は沢山。

時間の都合で、満額とはいかなかったが。

理論は、はっきりした。

前回の外人の講義が、良く解る。

英語が堪能ならな〜と。

さて、

別な方法から、乗り換え(?)ケース。を別な先生が相談される。

鷹揚に処理される。

「質問があれば、メールを受け付けます」

「そこで、答えを全部言います」

「必ず守ってください」

任せて欲しい。

コピーはお手の物。

 

 

2022年4月23日 (土)

セカンドオピニオン

前医の批判は厳に慎む。

それでも、がここ最近続く。

「ワイヤーつけて、仕上げはマウスピースです」

いや、そうは問屋が卸さないと思う。

何と話をつなげれば良いのか?

標準偏差を逸脱してるケースが続く。

20220423-72943

標準偏差意味 「データが平均値の周辺にどのくらいの広がりや散らばりを持っているか」ということを表す統計量です。
標準偏差は、平均値と合わせて見ることによって、データを正しく把握することができます。

「何でもかんでも手をつけない」と言われる。

心してるんだが。虫の知らせが鳴らないので、、、

さて

明日は、研修会。

万全で臨むつもりが、、、、

本ばっかり読んでるから。少し手抜き。

お尻に火をつけて、ネジを巻く。

 

2022年4月22日 (金)

ぐっすり

次の本にうつる。

20220422-72700

家人が買った。

「少年と犬」が面白かったので、同じ作者の新刊を買ってみた。とのこと。

内容は全然違うのになあ。

分厚いな〜と思うが。

お昼休みと寝る前に読むペース。無理なく読める?

読書を始めてからの変化は。

とにかくぐっすり寝る。

面白くて、つい夜更かししても(時計を見ない)

睡眠不足感はない(多分ね)

さて

読書だけではなく、夜のパソコンが減ったのも理由かな?

夕方のバイトさんが、患者さんの資料を外付けHDに移してくれる。

本当に、大助かり。

お昼の隙間時間に整理が出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月21日 (木)

中学生か?

昨日アマゾンから届いた。

20220421-075050

20220421-75847

20220421-80653

ミズノのウェイトジャケット。

早速診療中に着てみる。

10キロ。

重いかな?と思ったが、それほどでもない。

何より、肩にほぼ負担が来ない作りなので診療に触ることはない。

体幹だけで重さを支えてるイメージ。

おまけで、診療中の安易な悪い姿勢を取ることが減りそう。

中学生みたいだな〜と思うが。

嬉しい。

野球がなければ、買ってないよな〜

 

 

 

2022年4月20日 (水)

変な読書

黒牢城を昨日も寝床で読む。

四分の三くらい読み進む。

「人は感情で動く」を本当に痛感する流れに入る。

最善手を考え選ぶのは、二の次。

その前に感情のバイアスが、強力に働く。

 

20220420-80445

10年以上前の本。

細かく事例が挙げてある。その時もへ〜と思ったが。

今は全部忘れてる「人は感情で動く」のお題目だけが残ってるだけ。

「黒牢城」

残りは四分の一

矯正法の指導で、すこし困ってるケースの解決策が載ってないかな?

楽しみ。

変な読書。

 

 

 

 

2022年4月19日 (火)

黒牢城

のんびり読んでる。

多分、今週には読み終える。

お話が面白いのもあるが、、、

本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の智将・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。デビュー20周年の集大成。『満願』『王とサーカス』の著者が辿り着いた、ミステリの精髄と歴史小説の王道。

人間の描写が出てくる。

権謀術数には、人の理解が必要。

戦国時代、のんびりしてる時間がない。

相手を変えようとか、悠長な時間はない。

変わるように、仕向けるか。
変わらないと決めて、対応する。

何を書いてるんだか?

そして、、

戦いは、雰囲気に左右される。

耳が痛い。

 

2022年4月18日 (月)

読書

買おうか迷ったが、買ってしまった。

20220418-81039

分厚い。昔なら徹夜覚悟で一気読みしてたんだが。

そんな年でもない。

寝床で読む、眠くなる、電気を消す。

そして、、

朝の目覚めが、清々しい。

読書は体に良いと思う。

この作者で、オススメはこちら。

20220418-81235

短編集(?)なのでキリがよく一話が読める。

全部のお話が、本当に面白い。

2022年4月16日 (土)

揉め事

揉め事に慣れてない。

年齢のせいにしたくないが、怒ってしまう。

さて、

昨日の本読み会は、クゥイントという雑誌の去年の9月号。

本読み会が終わって、パラパラめくってると。

自分の「揉め事」を補填する記事。

「奥歯に物が挟まった内容だな〜」と、最初読んだ時に思った。

そして

去年の9月から大きな進展がない事を考えると、それも仕方がない文章とわかる。

この記事を覚えてれば、あんなに怒らなくても済んだかな〜。

中島らもさんのエッセイで。

「僕は記憶力が、物凄く良いです」

「だから、議論は揉めません」

「他人の議論も、みんなが言った事を正確に覚えてるので大丈夫です」

さて

凡人なので揉めて、解決に向かう。

交渉なので、態度も大事。

怒っても良かった(怒り方がいけなかったかな?)

何を書いてるんだか。

2022年4月15日 (金)

訪問診療

コロナもあって、訪問診療に行ってない。

というか。

元々、基本的には苦手な分野なので避けている。

今回久しぶりに、訪問診療。

理由は、、、

「主訴に惹かれた」

医院に帰ってきて、一生懸命だったっころの昔の資料を眺める。

ご批判覚悟で書くと、、、少し飽きてきてた。

もう一回ネジを巻こうかな?と思ってたら。

昔の資料の、見たばかりの患者さんが4年ぶりに来院。

さっき見たばかりだったので、、

「@さん、顎の調子はどうですか?」と開口一番。

「先生、よく覚えてますね!!」

タネは明かさない。

さて、

多分、始まる。

 

2022年4月14日 (木)

あ〜〜〜〜

昨日は診療後に@社の方が来られて、困りごとを解決してもらう。

感謝。

いつものように、世間話に移る。

自分の現在の揉め事を話す。

絶句される。アドバイスをもらう。

解決方向を決める。

「当然の権利です」

さて、

@社の方から、矯正の流れの話を聞く。

今度は、自分が絶句する。

「あ〜〜〜〜〜、それは絶対にありだは!!」

矯正的には、どうかと思うが。

同じレベルをやってる、歯科医も多い

****のやり口よりは、少しはマシ。

しばらくしたら、みんな気づくと思う。

気づいたときには、、、

頭のいい奴がいるもんだと、不謹慎に感心する。

2022年4月13日 (水)

運動

夜@先生と電話。

「いまそばにいるんですよ」

うちの近所にテニスコートがある。

そこに練習に行って帰りの車から電話。

運動しかないな〜と心底思えるくらいハツラツした声。

「先生、野球行ってます?」

「うん、土曜日行った」

「やっぱり体を動かさないとダメですよね、年は絶対とるんですから」

確かに。

運動でしか解決できない事が、これから、たくさん起きてくる。

さて

朝のR先生のWebinar.

口開けの挨拶で、少しR先生と世間話。

野球のことを話す。

本当のことなので、スラスラ(?)言葉が出てくる。

今回のWebinarは、本当にスムーズにわかりやすく進む。

興味がある内容だったからかな?

偉いな〜R先生はを、再確認。

 

 

2022年4月12日 (火)

何歳まで

野球に出る。

野球場に立ってるメンバーで最高齢は77歳。

立ってるだけなんだが(すいませんH先生)

「一時期体調悪かったんだけど、今は調子がいいんだよね」

「ほら!!こんなに手があがる」

楽しそうに話される。

「あ〜この年齢まで、野球に来れるくらいになろう」

良い目標。

実際にグラウンドで、練習に参加してる最高齢は74歳。

K先生

お世辞抜きで、、、

化け物

動きも、ボールの威力も正確さも、変わらない。というか

増してきてる??

コロナ前よりは、確実にレベルアップ。

練習自粛の間の過ごし方が、普通の人とは違う。

自分より10歳上。

「よし、K先生を目指そう」

野球であれだけ動けるんだったら、、、、

人生は楽。

じっと手を見る。

絶好調は今。

 

 

2022年4月11日 (月)

あ〜〜足りない

昨日の研修会。講師の先生の症例を見て。

「あ〜〜足りない」を再確認。

この資料は「夜中の1時くらいにコツコツやってます」

「あ〜〜足りない」

何かしないと、何も起きない。

土曜日の野球の筋肉痛がこない。

「あ〜〜足りない」

2年のブランクが、体の使いかたを忘れてる。
そもそも部品が錆び付いて動いてない。

来週は野球はお休み。次週は試合とのこと。

5月の最後の土日までに、できることをする。

 

 

 

 

2022年4月10日 (日)

森薬品球場

土曜日は、野球。森薬品球場。

20220409-181053

河口付近にあるんだが、ちゃんとした球場。

20220409-180823

今日は練習。

ご批判覚悟で書くが。

野球の練習は、ひま。

特にノックで外野を守ってる時は、空ばかり見てる。

理由は。

20220409-180848

すぐそばに宮崎空港がある。離陸の飛行機が沢山観れる。

楽しい。

大きな声を反射で出して(本能ままに?)大変に、、、

精神衛生に良い。

今は土曜日野球から帰って、晩酌しながら医院で更新中。

明日は、研修会。

体の痛みさえ

楽しみ。

2022年4月 9日 (土)

ぽか

またポカをやる。

反省

真面目にしてれば、防げるポカ。

オカルトチックだけど、悪い兆しと考える。

以前も書いたが、古いMacなのでメールソフトにGoogleのサポートが切れてる。

一時期「これは、あかん」レベルで不具合が発生。

今回もポカの後で、速攻で機嫌が悪くなる。

反省を込めて、ゆっくり機嫌を直してもらう(誰の?どうやって?)

「ごめんね、Mac。真面目にするね」とつぶやきながら時間をかけて。

今朝メールを開くと、機嫌が良くなってる。

よし!!

今日は、野球。

仕事がたまってる、明日は研修会だし。

行かないかな〜が、頭をよぎるが。

「ドタキャンは、必ず悪いことを連れてくる」

20220409-065637

天気は良さそう。

真面目に野球をしよう。

2022年4月 8日 (金)

患者さんが待合室で、本を読まれてる。

何の本ですか?

「これです」

 仕事に必要とのこと。

以下の話をする。どう思います?と尋ねる。

「そうかもしれませんね」の返事。

 

20220408-74547


赤ん坊と「涅槃」 岡潔の言葉


抜粋:「人間の建設」より岡潔の言葉


赤ん坊がお母さんに抱かれて、そしてお母さんの顔を見て笑っている。

その頃ではまだ「自他の別」というものはない。母親は他人で、抱かれている自分は別人だとは思っていない。
しかしながら、「親子の情」というものはすでにある。

自他の別はないが、親子の情はあるのですね。


そして「時間」というようなものがわかりそうになるのが、だいたい生後32ヶ月過ぎてからあとです。
そうすると、赤ん坊にはまだ時間というものはない。

だから、そうして抱かれている有様は、自他の別なく、時間というものがないから、これが本当の「のどか」というものだ。
それを仏教で言いますと「涅槃」というものになるんですね。


のどかというものは、これが平和の内容だろうと思いますが、自他の別なく、時間の観念がない状態でしょう。

それは何かというと「情緒」なのです。自他の別もないのに、親子の情というものがありえる。
それが情緒の理想なんです。矛盾でなく、初めにちゃんとあるのです。

だから、時間・空間が最初にあるというキリスト教などの説明の仕方ではわかりませんが、
私の世界観はつまり、最初に情緒ができるということです。

患者さんは人間相手の仕事で、バイアス(色眼鏡)は極力避けるとのこと。

そして、、

「絶対に、上から目線、強制は慎みます」

さて

岡潔さんは数学者で、上の内容はご自分の家族(子供、孫)がサンプル。
何が自分は言いたいんだ?

2022年4月 7日 (木)

優良誤認

「土持くん、@@@はどうでした?」

「全部ガセだった」

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜

教えてもらったのが、

優良誤認。

知り合いのブログにも書いてあったので、信用してたんだが。

「へ〜〜〜そんなこともあるんだ」よし!!

でもね

優良誤認。

解決策を発動する。

白黒つける。

悪い連鎖を断ち切る。

平常心で楽しみ。

 

 

2022年4月 6日 (水)

延期

 

家人が買った4冊のうちの2冊がこれ。

20220405-190925

週刊文春に連載されてるエッセイ。

週刊文春』において、“時代を映すエッセイ”として1983年8月4日号よりスタートした、林真理子さんの人気連載「夜ふけのなわとび」。昨年の8月に1615回を突破し、山口瞳さんの「男性自身」(『週刊新潮』)の連載回数を抜きました。あれから1年、ついに林さんの連載が「同一雑誌におけるエッセイの最多掲載回数」(“Most unique essays published in the same magazine by an individual”)としてギネス世界記録™に公式認定されました。

しかし

エッセイといえば、、

「ナンシー関」

20220405-193303

20220405-193314

20220405-193322  

エッセイとコラムの違いは?

 

 

説明

患者さんの協力だけでの矯正法(正確には9割かな?)

まあ四苦八苦する。

上手く行ったら行ったで、どこを落とし所にしよう(贅沢な悩み?)

人それぞれ。

楽しいといえば楽しい。

もう少し、こちら側に足りない部分がある。

7月に埋める予定。

そしたら、もう少し上手く誑し込めるかな?

誑し(たらし)

すごい漢字。

 

 

2022年4月 5日 (火)

慣れる

新人さん二人と、午前パートのIさん。

いい感じに、回り出す。

新しい機械もチグハグはあったが。いい感じで回り出す。

感謝。

今日はR先生のWebinar. 明日はS社の方に来てもらって診療後にソフトの講義。

木曜日は、カウンセリング。

金曜日はお昼に新規の技巧所さんと打ち合わせ。夜は本読み会。

土曜日は野球。

日曜日はお昼から研修会。

書くと忙しそうだけど、慣れっこになれば別に。

慣れる。

20220405-72250

英語は細かいな〜。

「慣れてね」の微妙な言い回し。

 

 

 

 

2022年4月 4日 (月)

真面目に

日曜日は、真面目に過ごす。

天気のせいか?サクサク進む。

お昼をコメダ珈琲に行く。本屋に向かう。

家に何もないので、家人が本を3冊買う。

帰ってきて家人の治療を行う。

当院の技工士さんの強みの一つが正確な仮歯。

のんびり2時間。

1日数人の患者さんで好きなように治療できたらな〜

さて、今日は。

日曜日のサクサク3ケースをDropboxに上げる。

明日はR先生のWebinar.

とにかく、かっぱらう(表現が悪い?)

6月は平日3日間お休みして、R先生のセミナーに参加。

忘れないように、パソコンにポストイット。

20220404-0716321

2022年4月 3日 (日)

偶然2

新しい子どもさんの矯正法。

今回は、歯科の話がメインです。

オプション(?)でバイオブロックstage1を使う。

20220403-91557

大昔に、矯正の戦闘力がほぼ0の時に東京に通った研修会。

以前書いたN先生がいた研修会。

上の矯正装置を「足柄山」の技工所に出していた。

結構な金額。確かに正確に作ると大変そうな装置。

調整も微妙に煩雑。

いつものビギナーズラック能力で、最初の患者さんが物凄く上手くいく。

よし!!でN先生が居なくなって、矯正戦闘力0で壁に当たって。

時は流れて、、、

昨日のメール。

弊社が作っている装置には、リテーナー、床拡大、急速拡大、バイオブロック、FKO、マウスガード等取り扱っております。

18 長崎バイオブロックセミナー(6期)受講

よし!!

ラッキーが戦車でやってくる。

 

2022年4月 2日 (土)

偶然

金曜日は本読み会。

仕事が終わって、晩酌しながらPCの前。

携帯がバイブ。電話に出る。

S先生から。

「あ!!本読み会だった」

どうして、こうも毎回忘れるんだろう?

毎回偶然携帯が身近にあるから、救われてるが。

世間話しを絡めて、約90分。

日常生活で声を出して本を読む機会はない。

所々で。会話をはさみながら本読み終了。

保険請求に詳しいS先生。今日も良い情報(?)を授けてもらう。

リモートでY先生の実技講習を当院で一緒に受けることにする。

20220402-60946

早速機材を調べる。楽しい。

「H先生も一緒に受けないかな〜〜」とぼんやり考える。

携帯が鳴る。

そのH先生から電話。

偶然。

盛り塩のおかげかな?

いい感じで4月も始まる。

2022年4月 1日 (金)

1日と15日

盛り塩。お皿から外すと。

固まってる。

Img_2041

Img_2040

1日と15日は、盛り塩を新しいものに代える。

諸説色々あるが、覚えやすいのを選択。

Img_2042

作るのが少し手際が良くなる。

前みたいに塩を散らかさなくなる。

Img_2043

Img_2044

残念なことに、「なんで、盛り塩を始めたか?」もう忘れてる。

本当にもうと思わんでも無いが。

「忘れさせてくれてる」と思い直すことにする。

 

 

 

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »