« 清書 | トップページ | 3時間33分 »

2022年1月22日 (土)

ころな

患者さんのキャンセルが続く。

目新しいのが、、

「子供が濃厚接触者」

へ〜と思う。

 

アメリカに子供さんがおられる患者さん。

「アメリカは、オミクロンってどうですか?」と尋ねる。

「な〜〜んも気にしてないですよ」

「罹ったても、別にくらいの感じです」

 

オミクロン株の初期研究

文献1.
Wanwisa Dejnirattisai et al., Omicron-B.1.1.529 leads to widespread escape from neutralizing antibody responses, bioRxiv, 3 December 2021

オミクロン株は感染者数こそ多いですが、他の報告などにおいても入院数などの指標をみると、デルタ株に比べ重症化する例は多くありません。『重症度の低いオミクロン株に置き換わる』なら、それが望ましいと思われます。

以上は、文献を読まれた方の感想(署名付き)

乱暴と思う人もいるかもしれないけど。

 

 

 

« 清書 | トップページ | 3時間33分 »