« 3時間33分 | トップページ | 三つ »

2022年1月24日 (月)

宝くじ 連番

O歯科医院の帰りに、基山パーキングに寄って

「梅ヶ枝餅」を買う。

頭も体も、ぼ〜〜としてる。

宝くじでも買って目を覚まそう(お気は確か?)

「連番ひとつください」と5千円札を出す。

ごそごそ、出てくるまでに時間がかかる。

「はい、最初にお釣りね」と4800円が出てくる。

????

そして、宝くじが1枚出てくる。

「はい、連番1枚ね」

????

宝くじは、1枚からでも売らないといけないとは聞いていたけど。

1枚買う奇人がいるか?(実は、一人知ってる)

そもそも、1枚しかない宝くじは「連番」と言えるのか??

宝くじを選ぶのは、売り子のおばさん。

選んだ紙袋に入ってる10枚から1枚を選ぶのも、その人。

全てを、彼女に託された1枚。

しばし、

「すいません、10枚の方です」

「あ〜10枚の方ね」

破られた袋には、9枚残ってる。

「この一枚、こっちに戻していいですか?」

残された9枚の行く末が不憫。1枚買いの奇人が9人くるとは思えない。

「戻していいですよ」と答える。

宝くじに良いことをした気分になる。

恩返しに、1等が当たらないかな。しかも連番!!!

壮大なお伽噺。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 3時間33分 | トップページ | 三つ »