« やらないと | トップページ | 翻訳 »

2014年7月16日 (水)

CCって何??

外人からメールが来る。Toには自分のアドレス。
下のCCの欄にはその他のメンバーが。

CCって何??

「確認のために見てくださいね」という場合は「CC」を使います。「CC」は「TO(宛先)」の下の欄にあるもので、カーボン・コピー(Carbon Copy)の略です。「TO(宛先)」に指定した人と一緒に、そのメールの内容を

他の人にも知らせたい(例えば、上司など)
同時に報告したい
という場合に「CC」を使います。

to_03
「CC」でメールを送ることは「『TO(宛先)』の○○さんに送ったメールを『CC』の△△さんも共有しておいてくださいね」という意味になります。この場合、CCでメールを受信した人に返信の義務はありませんが、確認の義務はあるといえます。

本文の宛名に名前を書きましょう

CCに入れて送る場合は、本文の宛名、TO(宛先)の下に、CCの人を「CC:○○様」と明記しましょう。このように明記しないと「TO(宛先)」で受信する人が、CCが入っていることに気がつかず、共有が漏れたり、不適切な内容を書いて返信してしまったりする可能性があります。メールを受け取った時に、誰が受信しているのか明確だと、トラブルも防げます。

また賢くなった。
きちんとしたメールのやり取りには必要なんだろうな〜〜〜

多分。

« やらないと | トップページ | 翻訳 »