« 楽天的な平常心 | トップページ | 症例発表 »

2009年11月16日 (月)

梅が枝餅

福岡であった、HPの研修会で知り合いに会う。

今年合ったCHPの研修会で一緒だった先生。その先生が研修会に着た理由は、、、

「マイクロを知らしめたい」

お口の中を拡大して、治療する方法(大雑把ずぎるかな?)拡大鏡で色んな治療の精度が上がる。

自分も拡大鏡(簡便なもの)を使用しているが、老眼対策?の域を出ない。その先生が購入したのはドイツ製で、見た目もかっこいい。高価!!問題は、、、

対費用効果かな?と思う。

ご批判覚悟で書くと、日常臨床に使用するには仕組みを作らないと無理が目立つ。

本当に、日本の保険制度では「良い治療」には限界がある。だから保険範囲を広げよう、点数を上げてよとは全然思わないけどね。

「マイクロで仕事をすると楽しい」

楽しい仕事を広げるためには、患者さんが沢山理解して来て下さる必要がある。理解して来て下さる患者さんを増やすには、HPしかないよねと思う。

研修会はとても有意義だった。

お土産に梅が枝餅を買う、スタッフに10個、奥さんに5個。

きっちり、車内に忘れて来る。

ご褒美のワンカップを3個買ったのが原因。

« 楽天的な平常心 | トップページ | 症例発表 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅が枝餅:

« 楽天的な平常心 | トップページ | 症例発表 »