« タイプ分け | トップページ | 梅が枝餅 »

2009年11月14日 (土)

楽天的な平常心

来月の矯正塾は受講生の症例発表会がある。

講師のY先生が宮崎に来られるようになって7年。

最初は敷居が高かった矯正治療。開業当初には思いもつかなかった。

5年前にレントゲン室を改造して、セファロ(横向き骸骨の画像)を入れた。

振り返ると、経済的には少しジリ貧の頃。歯科の世の流れに乗りそうになっていた頃。1000万を超える出費に、さすがの能天気な奥さんも少しひるんだ。

無謀と紙一重?麻雀で言ったら先の読めない後付け3フーロ

何となく、原点までは持って来ている気がする(麻雀知らない人はすいません)

楽天的な平常心

ある本に書いてあった。好い言葉だなと思うが、、、

もう少し平常心の質を上げないといけないかな?楽天的はこれぐらいで十分過ぎると思う。

木曜日は同じく発表するS先生と予演会


« タイプ分け | トップページ | 梅が枝餅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽天的な平常心:

« タイプ分け | トップページ | 梅が枝餅 »