« デカパンレース 百日ゼキ | トップページ | 220 生体モニター »

2008年10月 9日 (木)

ノーベル賞

来た患者さんに話しかける

「ノーベル賞の案内は**さんには来なかったですか?」

殆どの方が笑いながら

「いやー今回は来ませんでした」

ニコニコ顔でおしゃべりされる。

掴みはオッケー

笑顔で治療が始まれば、治療は上手く行く。

笑顔が作りにくい状況は誰でもある。特に家族の問題、健康の問題は笑顔を出しにくくする。

今回のノーベル賞は、患者さんの多くに笑顔を簡単に作ってくれる。

ピクリとも反応しない人が一人。

怖がりさんにはノーベルも通じない。

« デカパンレース 百日ゼキ | トップページ | 220 生体モニター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞:

« デカパンレース 百日ゼキ | トップページ | 220 生体モニター »