矯正症例集 1

いっぺんに表示できるのは10症例です。 費用も概算ですが、載せています。

2012年4月 1日 (日)

大人の歯並びは、抜歯矯正になる事が多いです。

子供さんと違って、大人のケースでは抜歯を
選択する事もあります。

画像をクリックすると大きくなります。

S001_4

上下ともに、歯並びがたいへん窮屈です。


S002_4

矯正で抜く歯は、前から4番目の歯の事が多いです。

時間とともに、だんだん整っています。


S003_4


S005_3

きれいに並びそうです。


S006_3

きれいに並びました、矯正期間は2年です。

簡単な歯並びの問題 

上の前歯が内側から生えてきました。

このままでは、全体に影響が出ます。

矯正装置が必要な症例ですが、、、

噛み合わせの調整を行ってみました。
クリックすると、画像が大きくなります。

001_3

数回にわたって、噛み合わせを邪魔している歯を
微妙に削ってみました。


002_3

噛み合わせが原因で、歯並びが乱れるケースをよく見かけます。

タイミングさえ合えば、時期を長く見させていただければ、

たとえ矯正になったとしても、簡単で済みます。


003_3

当然ですが、レントゲンや、模型での分析が必要です。

いたずらに、削られても、子供さんが迷惑です。


004_2

早めに、治しておく事で良い歯並びが
約束されます。

噛み合わせ(顎関節症)が主訴でした。

噛み合わせの問題は、歯並びと顔との不調が、原因の時もあります。

画像をクリックすると大きくなります。

S001_3

少しだけ、噛み合わせがズレています。
見た目の問題は、他人にはあまり気づかれません。

S002_3


歯の治療も一本だけで、きれいなレントゲンです。

S003_3

顔の正面と歯の真ん中、歯列も少し乱れています。

これが原因で、噛み合わせが悪くなったのか?
噛み合わせが先に原因なのか?

多分共同作業だと思っています。


S005_2

矯正治療を始めました。
ズレを補正するために矯正用のインプラントを使いました。

S006_2

レントゲンにピンのような白い物が写っています。


S008_2

治りました。
昔の写真と合わせて載せました。

右上の治療してあった歯を抜いて、親知らずを
利用しました。


小さいうちに受け口を治しましょう

受け口は分かりやすい、歯並びの問題です。

小さいうちに改善できれば、良いなと考えています。

費用は 52500円でした。

画像をクリックすると大きくなります。


001_2


初診で来られてから、2年間待ちました。

家族に受け口の方がおられない時には、
待つのもありだと思います。

子供さんが矯正装置をしてくれる
年齢を目安にしています。

002_2

夜眠る時だけ、使用します。

「ムーアプライアンス」と言います。


003_2

治りました。

模型の型取りが、上手にできれば大丈夫です。

違和感がありそうに見えますが、
今まで、無理だったお子さんは1名だけです。


下の歯が、上にかみこんでいました。

歯並びも、悪かったのですが。

もう一つの問題点が、上の歯が被さって、下の歯が見えない事です。

両方を解決しようと矯正治療のお話をしました。

成長の力をかりた、一期治療。きれいに歯を整える二期治療と
ステージを二回に分けました。

費用は50万円でした。

S001_2

全体のレントゲンです。上の歯も下の歯も窮屈な様子が見えます。


S002_2

横顔のレントゲンです。
上の前歯が深く噛み込んでいます。


S003_2

上の顎も、下の顎も広げれば、抜歯を避けられると
診断しました。

S004

広げた後で、歯をまずはそろえました。
深い噛み合わせは、この後です。


S005

終わった後の全体レントゲンと、横顔レントゲンです。


S006


S007

レントゲンでしか見えないところ、説明しづらいところ
のためにも、必要です。


S008

きれいに並びました。

抜歯を避ける事も出来ました。

下の前が乱れてきた

年を取ると、下の前歯が、凸凹になってくるケースがあります。

原因は、噛み合わせの少しづつの変化です。

このケースでは、下の前歯が内側に倒れてきました。

舌に傷が出来て、おしゃべりが上手く行かない。
食事がおいしくない。

S001


矯正治療で治せるとお話ししました。費用は13万5千円でした。

S002

矯正用の装置を一部分つけてもらいました。

違和感に、最初は苦労されましたが、
約4ヶ月で、装置を外しました。


S003

上手く並びました。

下の前歯が、凸凹になるケースの殆どは、
前の方にズレてきます。

この際は、見た目を気にされてる場合に矯正の
お話をします。

舌の傷が、主訴でした。

口元を治す

歯並びよりも、口元を気にされて来られました。

上下の前歯を引っ込めれば改善すると
診断しました。費用は475000円でした。

001

歯並び自体は、正面から見る限り、それほど問題ありません。

下の前歯が、少しでこぼこしている程度です。


002


横向き骸骨(セファロレントゲン)の状態です。

横顔のレントゲンで基本的な、角度や大きさは
決まっています。

このレントゲンを撮影して診断する事で、方法や、
少し気をつける事などが、はっきりします。

003

上の歯は、前から4番目。下の歯は、5番目を抜歯しました。

抜歯したスペースを利用して口元の改善を目指します。

下の歯を5番目抜歯を選択したのは、銀歯が入っていたからです。


004

矯正が終わりました。

初診の時よりも、整っています。


005

横顔の比較です。

口元の改善が図られました。

期間は2年弱です。

前歯のズレ、顎関節症 両方治すには、矯正治療。

初診は、顎関節の不調でした。

最初に矯正ありきではありません。治療の流れの中で、最初に噛み合せを
改善する。

その後足りない部分を矯正治療

そして、原因の除去にも矯正治療

治療の流れを載せます。画像をクリックすると大きくなります。

S001_3

全体のレントゲンから、虫歯のリスクは小さいと思いました。

ただし、なりにくそうな所が虫歯になります。
噛み合わせが、原因かな。


S002_3

横向き骸骨のレントゲンです。
詳しい話しは省きますが、上の前歯のかぶりと角度が急過ぎる
のが、顎関節症の引き金の一つと判断しました。

S003_2

矯正治療を始めました。

噛み合わせも奥歯で変えています。


S004_2

途中の作業です。歯並びが整った所で、噛み合わせの安定を
計ります。


S005_2


S006_3

矯正治療前後の写真です。

前歯の乱れが先なのか?噛み合わせの乱れが先なのか?

原因は口だけなのか?

ゆっくりと前歯が、変化してる時には、全部が原因だと
思っています。


S007_2


簡単な矯正 上の前歯の凸凹をとりました。

顎関節症の方でした。

形態が機能を決める。逆もありなのですが。
S001

ワイヤーを前歯につけました。初診の時です。
正面から見ると少し凸凹しています。

S002

裏側から見ました。下の歯もこれに合わせるように
凸凹なのですが、主訴は上だけでした。
顎関節症も上を治せば、コントロールできると
考えました。

S003


S004

きれいに並びました。

後戻りの装置を夜間だけ入れてもらいました。
顎関節もスムーズに開くようになりました。

歯並びと噛み合わせはを矯正治療で治しましょう。

主訴は顎関節症です。

画像をクリックすると大きくなります。

S001_4


初診のお口の中です。噛み合わせを安定させる役目が
糸切り歯にあります。糸切り歯が歯列からはみ出ています。

S002_4

診査診断を行って、治療計画をお話しします。

噛み合わせと矯正治療のペアが増えてくるのかな?と
感じています。
S005_3

まずは噛み合わせを変えました。
前後の顔写真です。顎の感じが少し変化してませんか?


S006_4

噛み合わせを一時的に安定させました。

S007_3


治療開始です。デーモンと言われる矯正装置を使いました。
あくまでも、デーモンの特徴を利用するだけで、巷間言われる
魔法の装置ではありません。


S009


S010

噛み合わせの安定のために、インプラントで歯列全体を
動かしました。


S013

噛み合わせの安定のために、自然に歯が動く性質と、
ゴムで矯正的に動かす方法を利用しました。


S017

術前術後の写真を載せます。


S018

咬み合わせの位置の確認は、CTやレントゲン、触診、アンケート、咀嚼運動など、様々あります。

矯正治療中は変化の最中なので、触診が一番診断としては、
頼りになるかなと思っています。


その他のカテゴリー