« 口腔内スキャナー | トップページ | いただく »

2020年10月28日 (水)

幸せ スキャナー2

夕方の終わりかけ。患者さんのお口の中をスキャンする。

3人目はNさん。

簡単に先に行ったkさんから習う。

Sの方から、本当に簡単に習う。

スキャン開始。

カタログに書いてある数値のスピードで終了。

「本当に、信じられません。3人全員がノーミスで一回で!!!」

「しかもこの速さ」

お褒めの言葉をいただく。

本当に幸せを噛み締める。

結論から言うと、慣れればほとんどの人が出来る作業。

それほど、今のスキャナーの進歩は著しい。

「このスキャナーが、機械的な能力としては最終形だと思います」

Sさんの言葉。

「それにしても、何台もスキャナーを販売しましたが、、、、」

さて、

偶然最初のスキャンの時に、患者さんで写真に詳しい方が治療に来てた。

「Yさん見ててもいいですよ」

興味深そうにあれこれ見られる。感想でへ〜と思ったのが。

「あのパソコンはすごいですよ」

「エイリアン(商品名の略称)の最高機種の現物を見たのは初めてです」

「多分スペックも最高にしてあると思います」

「アダプターの大きさを見ました?信じられないくらいでかいですよね」

経験、知識があると見るとこが違う。

歯科も同じかな。

偏らないように気をつける。

 

 

 

 

 

 

« 口腔内スキャナー | トップページ | いただく »