« 2020年9月 | トップページ

2020年10月

2020年10月31日 (土)

始動

T先生から野球の案内が来る。

本当に感謝。

返事を以下に出す。

20201031-80613

さすがに、最初からは少し不安。

とは言っても、そろそろ不安がるのも飽きてきた。

そもそも、しょうに合わない。

以前も書いたように、「11月は活動開始」と自分で自分を占って御宣託。

自然と無理なく隙間時間筋トレを始める。

良い第三者に頼る。環境を変える。

元々、好きな事。

来年は、コロナに正しいカタがついて野球大会がありますように。

菅さん、トランプ、頑張って!!

2020年10月30日 (金)

慌ただしい

水曜日は、お昼休みに髪切りの予約を入れていた。

すっかり忘れる。確認の電話が来て思い出す。

本当にすいません。平謝り。

予約を忘れる患者さんを、あまり気にしないのがこれ。

悪気はない。能力がないだけの人はいる(反省不足)

さて、

金曜日は、いつもなにかしらドタバタ。今日は、、

お昼に授業(その準備)

スキャナー患者さんが数名。

院長室の窓に暗幕の設置。撮影背景の設置、微妙なカメラの調整、

補助金Webinaraの宿題をまとめる。

新しいアプリを探す。

夕方は習い事。

駆け足で1日が、始まって終わる。

来週には、少し楽になる。

さてと今から、散歩がてらに近所のホームセンターにカーテンレールを買いに行く。

本当に昨日のうちにしとけよ。毎回思うが。

ギリギリ、が楽しい。

そして、、

お掃除のMさんに頼む。

アプリは今日業者の方が来られるので、探して入れてもらう。
使い方の講義もしてもらう。

暗幕などの設置は、お昼休みにスタッフにお願いする。

カメラの調整は火曜日にカメラのキタムラさんにお願いする。

あ〜一仕事終わった!!(バカだ)

 

 

2020年10月29日 (木)

いただく

患者さんからいただく。

Img_1479

当たり前だが、ドラえもんのコーヒーカップは子供のお下がり。

「鬼平犯科帳で、鬼平が使ってる湯のみを真似てみました」

手作りということ。

嬉しい。

あれこれ、もらう。

Nさんに、お礼のハガキをお願いしてる(本当に君は何もしないね)

さて、

治療がうまくいってればこそ。

綱渡りの仕上げ。

患者さんの意識の向上と、バランスを取った噛み合わせのおかげ。

だんだんバランスの幅は広がっていく。

ご批判覚悟で書くが、、

「ここは長く保たないと思います」な仕上げもある。

それでも、結構保つんだが。いざ本当に壊れてくると少ししょんぼり。

でも、来院してくれるということは、、、

壊れた後の次の手も言ってあるからかな?

さて、

面白そうな(引き出しが増える)ケースが、やってくる。

方針は決まっているが、落とし所は人それぞれ。

ワンパターンではない。

だから楽しい。

詳しい説明はチーフに任せる(本当に君は何もしない)

 

 

2020年10月28日 (水)

幸せ スキャナー2

夕方の終わりかけ。患者さんのお口の中をスキャンする。

3人目はNさん。

簡単に先に行ったkさんから習う。

Sの方から、本当に簡単に習う。

スキャン開始。

カタログに書いてある数値のスピードで終了。

「本当に、信じられません。3人全員がノーミスで一回で!!!」

「しかもこの速さ」

お褒めの言葉をいただく。

本当に幸せを噛み締める。

結論から言うと、慣れればほとんどの人が出来る作業。

それほど、今のスキャナーの進歩は著しい。

「このスキャナーが、機械的な能力としては最終形だと思います」

Sさんの言葉。

「それにしても、何台もスキャナーを販売しましたが、、、、」

さて、

偶然最初のスキャンの時に、患者さんで写真に詳しい方が治療に来てた。

「Yさん見ててもいいですよ」

興味深そうにあれこれ見られる。感想でへ〜と思ったのが。

「あのパソコンはすごいですよ」

「エイリアン(商品名の略称)の最高機種の現物を見たのは初めてです」

「多分スペックも最高にしてあると思います」

「アダプターの大きさを見ました?信じられないくらいでかいですよね」

経験、知識があると見るとこが違う。

歯科も同じかな。

偏らないように気をつける。

 

 

 

 

 

 

2020年10月27日 (火)

口腔内スキャナー

有給中のチーフに、1時間だけ来てもらう。

S社の方が来て説明。模型上で撮影のデモを一回見る。

いきなり患者さんのスキャンを行う。

1発で、バカみたいに早く上手に撮れる。

「ん〜〜信じられません」とS社の方(お世辞かもしれないが。多分本音と思う)

自分もした事がある(模型でね)
何度かしてるうちにコツをつかんで来た。

さて、二人目が別な患者さん行ってる。

これがまた、早い、うまい。

「ん〜〜信じられません。二人目も上手く行き過ぎです」

多分3人目も4人目も同じと思う。

本当に、幸せ。

 

 

 

 

 

2020年10月26日 (月)

Tくん

日曜日の朝、Y先生の講義に向かう途中でコンビニによる。

野球部のY先生と会う。

彼はキャプテン(60過ぎが口にする言葉ではない?)

「野球に来てくださいね」と。

昔は、同じおっさんと思っていたが。
久しぶりに見ると若々しい。

禁煙も成功して、体つくりも怠らない。

継続は力なり(自分には死語)の鏡。

極論すると野球は運動量はない。
だからこそ、体を整えておかないと怪我をする。能力が維持できない。

「あれ?」と感覚のズレが起きる。
衰えによる感覚のズレは、練習やテクニックでは解消できない。

「あれ?」を感じれるうちはまだマシ。

野球から離れて、9ヶ月。

 

 

 

 

2020年10月25日 (日)

落合整骨院で体を整えてもらう。

最後の患者さんだったので、終わってから世間話に絡ませた体の話。

最近使い始めたお気に入りのリングベルの話をする。

「ん〜〜そいう使い方は、体にどうかな?」

イチロー選手仕様のワコールのインナーの話をする。

「ん〜〜〜、こういう使い方なら体に良いと思います」

最近来られた今まで見た事がない難症例の話をする。

「ん〜〜そうですね」から話が膨らむ。

いけいけドンドンな自分なんだが、意識的にアクセルを緩める事がある。
ブレーキを踏む、なんならエンジンを止める。

「嫌な予感」

大概は初見で、湧いてくる。
無視してえらい目にあったのは2ケース。
今ならなんとかなったかな?と思うが。

体ね〜〜。

話を盛るタイプの方ではない。

効果は、家族全員で実証済み。

さてと、、

 

 

2020年10月24日 (土)

顔写真4

窓を遮光する。

今まで単に黒い布をガムテープで張っていた。

まあ、笑うくらいに途中で剥がれる。次は虫ピンで抑える。若干光が漏れる。

黒い布なので、遮光も中途半端。

ネットでであれこれ検索。

「行動したら次の現実」

明日は、Y先生のWebinarが宮崎である(一昨日知る)

家人サービスを兼ねて会場に行く事に。

直で話を聞くと、なんか違う。
その後の世間話も世の中狭くしてる自分には貴重。

さて、

今日は、仕事を早く切り上げて「落合整骨院」へ。

体調はすこぶる良いんだけど、仕上げに整えてもらう。

11月からは、野球に行くため。

野球に参加したら、また足りない部分が明白になる。

成りたい体が、はっきりしてくる。

幸せの土台は健康。

健康の土台は野球。

 

2020年10月23日 (金)

顔写真3

自分が撮るわけではないんだが、だんだん良くなっていくのが楽しい。

「診療室との扉の隙間(5mmあるかな?)から漏れてくる光が邪魔です」

本当に、自分に向いてない作業。心から感謝。

さて、、

「今日は、天井からスクリーンを吊るそう!!!」

取り付け金具が見当たらない。

一個は確実に箱から取り出した。
失くさないように大事にどこかへ隠した(リスか?)

20201023-100422

そこを思い出せない.

Uさんが、、「このテーブルの上で見かけましたよ」

散らかった書類を片付けると、下から出てきた。

もう一個は、、、、箱ごと捨てた記憶がある。

これも、、、お掃除のMさんが。

「これ捨てて良いのかな?」と箱から出してとっておいてくれてた。

よし!!!これで2個揃った(どの口が、よしと叫べる?)

Img_1478

今日は、1時から衛生士学校の授業。スタッフのお昼休みが3時間。

そこで、

YさんとUさんにスクリーンを天井に取り付けてもらう(二人とも170センチ)

感謝。

本当に、僕は何もしない。

言い訳をします。


「しない」ではない。「できない」んです。

スクリーンは、ものすごく綺麗に正確に取り付けられるはず。

スクリーンもその方が嬉しいはず(お気はたしか?)

2020年10月22日 (木)

顔写真2

院長室をなんちゃって暗室にして写真を撮る。

以前とは格段の出来栄え。

だからこそ。

微妙な違いに目がいって、試行錯誤をもう少し。

楽しい。

顎の下のわずかな影と、微妙に左右で明るさが違うのを調整。

構図のズレは、訓練かな?

指導してくれるYさんに本当に感謝。

次の来院で仕上がるかな?

以前書いた拡大ルーペが届く。40万円はお高いな〜と思うが。

「綺麗に見える」に期待。

スタッフ用に廉価版(それでも10万円を超える)を買うと思う。

夜は、Webinar.

ニュートラルで臨む(子供用に、はしゃがない)

マウスピース矯正を知って5年くらい経つ。

最初に見た発表が、破壊的に凄かったので逆に引いてしまう。

少しづつ手を染めて、破壊的は今は無理と確信。

ケースを絞ることを決めたら、今回のWebinar関連に当たる。

R先生に本当に感謝。

リングベルの、なんちゃって運動は順調に。

Img_1472_20201022080001

筋肉痛が心地よい。

歯科医師会が今後の歯科の未来を予測した報告を上げる。

へ〜と思いながら読む。

 

 

 

 

2020年10月21日 (水)

顔写真

さて、患者さんの横に白いスクリーンを下ろす。

後ろにライトを置く、下から光量を絞って当てる。

1.5m離れたところ、斜め上から光をあてる(試行錯誤してこの位置)

20201020-155002

レフ板代わりの白い紙を膝に抱えてもらう。

撮影しながら、好みの色目、明るさになるまで数値を調整する。

窓を遮光カーテンで塞ぐ。椅子、ライト、カメラの位置を床に目張りする。

顔色、髪、洋服で微妙に変わる変化は、その都度微調整のやり方を大雑把に習う。

簡易の撮影スタジオになった院長室は、散らかり放題になる。

楽しい。

微調整で毎回変わる写真に、みんな声を上げる。

慣れてしまえば、、、と思わんでもないが。

最後に、、

「真っ黒の背景での顔写真撮影は、素人には不向きですよ」

 

 

 

2020年10月20日 (火)

リングベル

購入。

Img_1472_20201020072601

色で選んだ。オレンジが好き。

重さは12キロ。本を読むと偶然にも、、

「50歳過ぎの未経験者が始める重さ」と書いてある。

先日T先生と話して、本当に野球がしたくなる。

なんちゃってで良いので医院で振り回す。

野球が出来たら、「運動しなくっちゃ」のスィッチは自然にオンになる。

楽しみ。

 

2020年10月19日 (月)

手の荒れ

土曜日の講演会の後。T先生と立ち話/

「先生、野球出てこんの?」「手足の荒れがが引かないの?」

話を聞くと、T先生も同じ症状で悩んだとの事。

「@@@したら、1ヶ月かけてゆっくり治ったよ」

ん〜〜〜思い当たらん節もないではないが。

体質が変わった(弱った?)のかな。

さて

ある住宅のあるシリーズに入ると、、、「速攻で気分が悪くなる」

何かの間違いかな?

住んでる人が日本中にいる事だし、ネットの評価も高いし、技術革新も怠らないし。

最後のチャレンジで、、、「自分が変わってる」を確信。

T先生との会話の続き。

「本当に、@@@って大事だね〜〜」

「今は絶好調なんですか?」

「うん!ただね先週####になってね」

「え〜〜〜〜!大変じゃん」

ニコニコされながら、T先生が

「でも、今は大丈夫だよ。軽かったしね」

良い人に会うと、気が楽になる。

さて、振り出しに戻る(何が?)

 

 

2020年10月18日 (日)

講演会

歯科医師会主催の講演会。

普段は出ないんだけど、内容のタイミングが良かったので出席。

演者に感謝。

内容は「骨粗鬆症」

疑問が消える。早速に使える。

「仕事がしっかりしてると、いいな〜」

あちこち挟んである笑いのスライドも、趣味が良くて楽しそう。

一般の方にも定期的に講演されるとの事。
興味を引くための工夫。

そして、、、

「数字でデーターを出せる」の事の強みを痛感。
薬の効果なので、確実に伝わる。

ご批判覚悟で書くが、歯科治療は技術の結果を発表が多い。
数字で表現できる部分が少ない。

技術力、経験値、思いの強さ、視野の狭さ、でまとめられてる事が多い
(自戒を込めてます。言い過ぎ?)

つるかめ、つるかめ。

さて、その足でカメラ屋さんへ。

以前お願いした顔写真の取り方を、、

「映像でまとめてくれませんか?」

「英語でね」

R先生から依頼。ハードル上げたお願いをしに行く。

「良いですよ、頑張ります」との返事をいただく。

感謝。

「新しいカメラを今日買いました」とニコニコされながら現物と領収書を見せてくれる。

44万円!!!!!!

他のカメラと何が違うんですか????

「光を取り込む能力が違います」

「星が信じられないくらいに綺麗に取れます」

「暗視カメラとほぼ同じです」

「盗撮もバッチリです。(冗談めかしてね)」

自分の弱い意志を、他人の力を借りて修正する。

楽しい土曜の午後。

 

2020年10月17日 (土)

二日あいた

ブログの更新が二日空いた。

ほぼない事。

朝早く起きて、医院に行くとこまでは変わってない。
朝の散歩の距離が延びた。

散歩のおかげで、頭がすっきりするので
簡単にあれこれに夢中になれる。

ブログの事忘れて始業時間が来る。

忙しい1日を終えて。

お湯割飲みながら夜ぼんやりと更新する事もある。

ところが、、

水曜日の夜から晩酌がこれになる。

Img_1468

患者さんから戴いた。嬉しい。

ストレートでチビチビやりながらYouTubeを見てると
気持ちよくぼんやりして、YouTubeに夢中になる(草野球の試合)

更新をすっかり忘れる。

朝の散歩と、夜のお酒が変わったのが原因かな(嘘だと思う)

さて、

日曜日は、家人サービスに当てる。

今までは優先順位が低かった。
続けてみたら良いリズムが整う。

久しぶりに書くので、取り止めがない文章。

 

 

 

2020年10月14日 (水)

言われた通りに

医院のシステム上、矯正治療でスタッフの力に頼る事が多い。

大変に助かる。

今まで見た人間の中でも物凄い器用なレベルが、揃ってる。

「真面目にしなくっちゃ」とプレッシャーを受けるレベル。

楽しい。

さて、昨日のR先生のWebinarを見返して、まとめてる最中。

以前R先生の症例をチラリと見た。

「こんなん絶対無理やん!!」「理屈はわかるが、意味がわからん」

大昔あったTVチャンピョン「手先が器用選手権」みたい。

20201014-64604

そして、、、

基本が解って、よ〜〜く考えれば、誰でも(言い過ぎかな?)できるシステムに。
高みに行き着くには、まだまだまだまだ先だけど。

重宝するのは、時間をかければ患者さんにも正しく伝わる(たぶんね)

お昼には、当該の患者さんが来られる。

ウォーキングして、頭をリセットして。

続きを。

 

2020年10月13日 (火)

カメラ

患者さんがこられれる。定期検診が終わって、、、、

「顔写真撮影」のレクチャーをお願いする。

「餅は餅屋」を痛感する。

光量を測る装置で室内の現状を知る、合わせてカメラの設定を細かく調整。

できた写真が、、、、

まるで別物。カメラが生まれ変わる。

「あと2時間もしたら、また出来上がりは変わります」

「今のカメラは、AIが細かく自動に頑張ってくれます。」

「AIに左右されないためにも室内の状況を一定にする事が大事です」

さて、具体的には、、

「患者さんのやや斜め後ろから光をあてる」

アマゾンで調べておいた光をあてる商品を見せる。

「ん〜〜これは厳密に言うと信用できない商品ですね」

「買ってもいいけど、博打の部分があると思います」

アマゾンのレヴューでは結構な高評価だった/

餅は餅屋。

さて、

夕方に、顔写真をとってみる。
言われたように、お昼とは別物な写真に。

来週もこられる(治療にね)

楽しみ。

 

 

 

 

2020年10月12日 (月)

日曜日

日曜日をやる事を全部すっ飛ばして、家人サービスに終日当てる。

結果、

PCに一切触れない1日を過ごす。
アルコールもコロナを一本飲んだだけ。
タバコも、ほぼ吸ってない。

20201012-54536

結果、

いつもより元気な朝を迎える(単純)
素直に、運動したい気分になっている。

以前も書いたが、意志の弱い人は「環境に頼る」

「場所、時間を変える」「周りの人に頼る」の二つで解決しましょう。

実践してみると、本当に楽。

増えた仕事のしわ寄せも、すっきりした頭と体には

「たいしたことではない」

さて、

壊されていた(?)ドロップボックスの機能が回復。

ぼんやり見てると、M先生の閲覧履歴が。

「よし、頑張ろう」

単純で、本当に助かる。

20201012-60357

 

 

 

 

 

 

2020年10月11日 (日)

顔写真

顔写真をきちんと撮るようにと。

カメラを変えて(前のカメラはストロボを折った)自分でも感じていた。

ところがね、

自分が撮るわけではないので、対処がわからない。

チーフのUさんに尋ねて、それを元にカメラのキタムラへ。

疑問の氷山が溶けて海に落ちていく。

20201011-54744

珍しく、超真面目に人の話を聞く。

記憶を定着させるために、ここに書いてる。

「2年間の顔写真を画角、画質を変えずに撮るのは大変です」

「機材にお金をかけるなら、それなりの金額をかけないとかえって無駄です」

「まずは代替え品で、いけると思います」

カメラ、ストロボの特性を習う。

撮影条件(患者さん含む)のお話を聞く。

そして、、、

「最後は、撮影者の腕です」

「許されるのであれば、ソフトで仕上げるのもありです」

持ち込んだ資料を元に、具体的に簡潔に説明を受ける。

土曜日の午後、重い腰をあげてお店に行ってよかった。

「ここ(カメラのキタムラ)で購入するものは、三脚だけですかね」

本当に感謝。

実は患者さん。来週に予約が入ってる。

カメラ、ストロボ、撮影条件、技術の詰めをUさんに聞いてもらう。

感謝。

 

2020年10月10日 (土)

手の荒れが、、

急に良くなる。

一進一退で、困ってたのに。お灸、アプリ、生活習慣。

総動員して、半年がすぎる。

後は、運動かな???

Img_1467

これを、ちゃんと飲むようにしたら。

あら不思議?で消えていく(単純かな?)

以前も買ったんだけど、その時は健康だったので飽きてやめてしましった。

今回は、焼酎のお湯割に入れることで習慣化に成功(半分、情けない)

リキュールみたいで、味も良くなる。

嬉しい。

2020年10月 9日 (金)

瞬睡

家に帰って、ご飯を食べて、ソファーに。

目が覚めると、朝。

パジャマに着替えようと努力した形跡はある。

途中で気を失ったかのような(?)着衣の乱れ。

少し笑う。

目が覚めた時に起きてるので、すこぶる快調。
台風が避けてくれて気持ちの良い朝。

授業の資料整理が終わって、今メールで送った。

今夜は習い事、準備がゼロ。

さてと、、

 

 

 

2020年10月 8日 (木)

引き

火曜日のWebinar.直前に滑り込みで資料を上げる。

見直し不十分ぐらいが、スリリングで良い(治せよ、その考え)

さて、

また「頑張らなくっちゃ」と素直に思う。

「来週13日、この時間に続きを行います」

「ちゃんとした治療計画を建てましょう」

R先生の提案は、ありがたく楽しみなんだが、、、

実は。

矯正をされるかどうか?保留の患者さんのケース。
真面目に説明をしたけど、手応えは半分ぐらい。

せっかくの連チャンWebinarを組んでもらった。

本当に本当に、、

来ないかな〜とぼんやり予約表をめくっていると。

予約が入ってる。しかも14日。

「よっしゃ〜〜〜。ストロボを注文しよう」

顔写真が新しいカメラではいま一つ二つ。

Webinar上で指摘される。自分もトホホと気づいていた。
前のストロボとカメラの方が綺麗。

問題は、色目が時々不安定。原因がわからない。

ん〜〜〜

「患者さんの@さんが、昔プロカメラさんですよ」とスタッフから聞く。

「世間話をして、聞きました」

よっしゃ〜〜〜〜。

えらいぞ!!世間話。というかスタッフ。

さてと、、

運が良いと思い込む(運が悪いことを、そもそも気づかない?)

まあ、どっちでも良い。

 

2020年10月 7日 (水)

家相

お昼最後の患者さんと世間話。

「先生、ここは@@で建てたんですか?」

「いいえ。どうしてですか?」

「本当に良い家相で建ててありますよ」

単純なので、瞬間に嬉しくなる。

「@@さんは、本当に家相を考えて建物を設計します」

「家相が悪いと、どんなに良い人でも無理です」

「家相が良いと、運が悪い人でもだんだん良くなってきます」

嬉しくて、たまらない。

さて

医院を建てる時に、母親が家相を見てもらってきた。

「玄関は、南西!!」

非現実的なので即却下。

そして、

地鎮祭の時に神主さんが最後に言われた言葉。

「全てをお祓いしました」

「これから起きる良いことも、悪いことも、すべてあなた次第です」

確かにね。

 

 

 

 

 

2020年10月 6日 (火)

早起き

4時半に目がさめる。

「レセプトチェックをしなくっちゃ」

日曜日は、予定外のドライブ三昧。

終わらせるはずの、レセチェックは中途半端。

勝手に早く目がさめる。目覚ましいらず。大人になったな。

R先生のwebinarの準備もゼロ。それに付随する大量の整理もゼロ。

月火はカウンセリング、木曜日もwebinar 。金曜日は講義。

ゼロが目白押し(ゼロは言い過ぎかも?)

不思議とお尻に火がついてる感覚は薄い。

慣れた?

やることがあるだけ、いいかな?

 

 

 

2020年10月 5日 (月)

天気が良い

風も涼しい。何度も書くが、野球がしたい。

さてと、、

本を読む習慣をつける。本屋さんで手に取った本を。

都会の巨大本屋に比べると、、、と思わんでもないが。

地元の本屋さんぐらいの本棚の方が選びやすい。
最近はオススメの本にはポップが付いてたりする。

そして、小説を読む。

昔、自己啓発本、ビジネス書(金儲け?)スピリチャル系を沢山読んだ時期があった。

過去のブログに「小説を読むのをやめる!!」と宣言して上記の本を買い漁った。

アマゾンの買い物履歴を見てみる。

「どうかしてたんだな〜」と、、、じっと手を見る。

薀蓄だけが、頭の中に。

通ってた歯科医院経営セミナーで「読書感想文」の宿題があったのが火をつけたかな?
元々、読書は好きだったし、感想文を書くのも楽しかった。

でも、

途中で投げ出して本当に良かった。

そうは言っても、その手に似た本を読みたくもなる。

そこで、、

20201004-181055

https://www.youtube.com/channel/UCcdd3kS52T9Zyo-SWfj86bA/videos

ネットに感謝。BGM代わりに流してる。

 

2020年10月 4日 (日)

R先生

土曜日、たっぷりお昼寝をして医院に向かう。

日曜日のまとめをのんびり行う。

焼酎のお湯割に手を出して、4杯目。

気が抜けてる土曜日の夜。

火曜日のwebinarで取り上げてもらえる患者さんを、simulationソフトで開いてみる。

R先生が、3個simulationを作成してくれてる。

感謝。

お湯割4杯を後悔。

さてと、、

ネジを巻に巻く。

20201003-221908

意志の弱い自分。環境を整える。

「周りの人たち」

R先生に本当に感謝。

場所に関しては、、

https://www.youtube.com/watch?v=BWTtk4zcpd8&list=RDCMUC1WkFVOCTPdY782AJ1PZ-JQ&index=27

 

 

 

 

2020年10月 3日 (土)

ピンチ

昨日の夜は、福岡から士業の方が来られて説明を受ける。

少しピンチ。

腹は決まってるので、策を練る。

楽しい。

最近お金関連の事で、面倒くさがらずにあちこち当たる(奥さん任せなんだが)

ピンチを予測してたかのように連動してる。

さて、

早速Sの方に、連絡を入れる。お願いをきちんとする。

普段やりつけてない事。良い刺激になる。

「行動したら次の現実」

御念仏のように唱える。

 

 

 

2020年10月 2日 (金)

早起き

久しぶりの早起き(4時前)

「先送りしてるよ」と潜在意識の目覚ましが発動。

朧月夜で、少し明るい中を医院に向かう。

20201002-50643

「今夜の習い事」

「夕方の書士さんからの説明」

「日曜日の準備」

「火曜日の準備」

「8日と22日のWebinarの予習」

「レセプトのチェック」

細々したものに追いまくられてる気もするが。

始業前には片付けられる(レセプト除く)

そして、、

以前に比べると、少し先の事を考える余裕が出てきた。

確実なきっかけをくれたSさんに、本当に感謝。

面倒くさがらずに、人に会おう!!(会ってから選べばいい」

朧月を見上げながら、外でセブンスターをくゆらす。

20201002-52235

昨日から560円に値上げ。最初に吸った頃は、150円。

売上ランキングを維持するためにも、がんばって喫煙(バカ)

 

 

2020年10月 1日 (木)

電話をしてるふり

「電話をしてるふり」 バイク川崎バイク 著。

今23ページまで読んだ。すでにお腹(頭?)いっぱい。

是非に、ご購入をお勧めする。

20200930-1521-2

紹介してくれたKさんに、本当に感謝。

今日、患者さんに「少年と犬」を無理やり貸し出した。

多分、「電話をしてるふり」もそうなる。

「Bばなな K感心 Bびっくり!
彼はいつも少しだけ哀しい、別の世界を見ているんだね」——吉本ばなな

« 2020年9月 | トップページ