« 効能 | トップページ | アララット »

2020年3月22日 (日)

岡目八目

岡目八目。

「岡目」は、脇から見る、第三者の立場で見ることを意味し、「傍目八目」とも書く。
他人の打っている囲碁を傍から見ている者は、対局者よりも八目も先の手が見えるという意から。
囲碁も将棋も打っている者同士は勝つことに必死だが、傍観者は局面の全体を見渡す余裕があるということから、当事者よりも局外にいて冷静に観察している人のほうが的確に判断できるということ。
その他、「八目」には、多くの数を表す「八」と「目」からなる「やつめ」が本来の形で、多くの目の意味とする説や、八目分得する手がわかるといった意味など諸説ある。

毎回、楽しみしていた更新が急になくなる。

少ししょんぼり。

自分の症例でしか、実力はつかない。

特に矯正は、そう思う。

ワンパターンで計画を立てるのを、R先生から矯正された。

原則だけを守って、そこへ行く道は患者さんごとに考える。

そうは言っても、コピー人間の自分には他人のケースを見ることは貴重。

自分のことを第3者で見る能力が欠如してるので、本当に助かる。
上から目線の「八目」では、決してない。

そもそも、八目の能力がない。

さてと、、

 

 

 

« 効能 | トップページ | アララット »