« ガミースマイル | トップページ | あと50分 »

2019年12月30日 (月)

駄文

長女と長男が帰ってくる。

学校のことを楽しそうに話す。中には、困った案件もあるんだが。
それでも、楽しそうに話す。悩んでるのも楽しそう(他人事か?)

じっと手を見る。

何にもない自分。自分の学生生活は、、

お昼過ぎに起きる。雀荘に行く。お店が閉まるまで。

雀荘を出て、部室で学食が開くまで麻雀。

これから授業だろう真面目な学生さんに混ざって、朝定食に違法な方法でありつく。

家に帰る、寝る。

一回目の留年から専門にあがる。

「よし!!、真面目になる!!」

初日、朝早く起きて学校へ歩いていく。

途中で、、鼻血が出る。ティッシュとか持ってない。
吹き出る鼻血を手で押さえながら、たどり着く。

次の日も、鼻血が出る。

諦める。

何してんだろうな〜

最初に入った大学で、陸上部に。
お昼過ぎに起きてハードに部活をして、酒屋の道端で箱に座りながらあり得ない量を飲酒。
半年ぐらい続いた。

その後、

以前書いた予備校の寮に住んでた人たちが、異常な人たちばかり。

壊れ方に拍車がかかった。

まさか合格するとは思わず。
荷物置きっぱなしで寮の部屋をキープしたまんま。

おばちゃんが、「土持さん、いい部屋に移しといたからね」

「合格しました」

「え?なんで?良かったね〜」「今年は、みんな合格したね〜寂しいわ」

多浪生がゴロゴロで有名な寮だった。

本当に偶然、その日4人集まる。麻雀が始まる。
誰もまだ新入生(?)が入居してない寮で大声で馬鹿話をしながら。
(馬鹿話しかないんだが)

4人のうちの一人、AくんがS大に仮面入学しながら次のチャンスにかけることに。

S大は、入学式に出ないと合格を取り消される。
「太陽にほえろ」の小野寺昭さんを100%意識して新調したスーツ。
ブルーのゴミ袋にそのスーツを入れて廊下に置いていた。

着てるのは、パジャマ8割、ジャージ1割、不審者1割をブレンドした高校の時の運動着。

朝が来て麻雀が終わって、、、

「じゃあ入学式に行ってくる」とAくん

廊下に出ると、ブルーのゴミ袋(スーツ一式)がない。

おばちゃんが、、

「ゴミだと思って、今朝出した」

呆然としながら、髪をビッシと整えるAくん。

玄関に置いてあったおかげで、難を逃れたピカピカの革靴を履く。

どう見ても、不審者10割。

「じゃあ、行ってくる。みんな元気でね」

こんな時でも、優しいAくん(翌年志望校に合格)

、、、、

今日は4時に起きた。家では家族が寝てる。

散らかった医院に来て、仕事を開始。
取りこぼしを見つけて嬉しい。朝は仕事がはかどる。

のんびり休憩中に、駄文を書いた。

 

 

 

 

 

« ガミースマイル | トップページ | あと50分 »