« 朝っぱらから、 | トップページ | 野球中止 »

2019年9月21日 (土)

昨日の続き

英会話の先生。フライトの変更をお願いする。

まずは、日本の不便な乗り継ぎ(鹿児島→伊丹→羽田→成田)を解消にかかられる。

時間は夜の8時。

スカイプで、ロンドンのJALに電話。
予め調べた(鹿児島→伊丹→成田)の空きを確認。

「Jalの都合で、フライトを代えられたのだから都合をつけて欲しい」

元外資系のCAをされてた。航空会社の内情は熟知されてる。
成田→ダラスの別便を確保しておいて、

Just Flyに電話。当然に相手は外人。

押しに押してもらう(日本人の感覚かな?)

思ったのは、、、

1 交渉は、手の内を隠しておく。

2 外人は、NO!!と言われても、怒らないというか、平気。

3 相槌を頻繁に挟む。感謝の相槌は、心を込めて大きな声で

4 要求はストレートに

5 話をはっきり纏めるのが、お互いの利益と心がける。

6 お願いと正当な要求を区別する。

7 最後は、Thank you~で締めくくれるとこまで持っていく。諦めない。

交渉が終わって、、

「どうでした、聞き取れましたか?」

「いや、よく聞こえなかった」聞き取りとは別のレベル。

「電話での会話は、聞くのは難しいです。でもビジネスで良かったですね」

さてと、、

知らないことだらけ。楽しい。

 

 

« 朝っぱらから、 | トップページ | 野球中止 »