« 橋 | トップページ | 同窓会 »

2018年11月 2日 (金)

残り2ヶ月

今まで、「来期いくら納税するのか?」を知るのは年末、もしくは年明けだった。

大した納税額でもないし。
この人は、、と勝手に思ってる人が

「不要なものに経費として使うくらいなら、税金を納めましょう」

意味が少しわかる。

今年は、11月中に「納税額」を知ろうと思う。
そもそも、必要な書類を揃えるのが年明け、もしくは直前という大雑把夫婦。

前々期から税理士さんが変わったので、ちょっと真面目に(普通に)してみよう。

不要なものに使う余裕も興味もないんだが。
ぽんこつ夫婦が「やってみたいね」と意見が一致。

勤務医の頃。
院長先生の友人が年末に長期のお休みを取って、遊びに来られた。

「これ以上働くと、税金がガンと上がる」
「計算すると利益は微増でしかない」
「それなら、休もう」

税制がかなり歪だった頃の話。

昭和60年当時の税率は、所得税が10.5%~70%までの15段階、住民税が4.5%~18%までの14段階になっていて、合計の最高税率は何と88%にもなっていたようです。

88%って。

今でも、半分は税金に取られるんだが。

« 橋 | トップページ | 同窓会 »