« 中止 | トップページ | やっと一個 »

2018年9月 9日 (日)

心の声

学生の頃、SF小説にはまった。

ベタだけど、筒井康隆、星新一、半村良、ほぼ読んだ。
他にもたくさん、つまみ読み。

「相手の心を読む能力」が題材の小説がたくさんあった。

ほぼショートストーリー仕立て。
なぜか、ちゃんと覚えているのが、、、

「相手の心の声が勝手に聞こえてくる。実際に発せられる言葉と同時に」
のお話。

小説の意味する点は理解できるんだけど。
その当時は、心の声とか使ったことがなかった(と思う)
小説の中では、極端なお話に仕上がってるのを差し引いても。

「心の声とか、こんなにみんな本当に使ってるのかな??」と思った。

この数年、「心の声を」接したりする自分がいる。

取り扱いに苦慮する。

前から、使ってればよかったのかな??と思わんでもない。

何を書いてるんだか??

野球はどうなるんだろう?
今は土曜日の朝。


« 中止 | トップページ | やっと一個 »