« 浅知恵 | トップページ | 大反省 »

2017年7月26日 (水)

自分の言葉で

自分の言葉で

言い回しや、上手な例えや、相手の細かい反応を観察ししてミラーリング、

確かに効果はある。慣れるとそれほど苦にならない。
これだけでは、不十分なのかな???とやっと思う。

少し苦手なんだが、、、

受け売りを書きます。

言葉とは、文字の並びである。


例えば、『おはよう』は、
「お・は・よ・う」という4つの文字が並ん
でいる。

そう、文字が4つ並んでいる。
それだけのこと。


しかし、その4つの文字にあなたの「伝えた
い感覚」を乗せた時、文字は「あなたの言
葉」となる。

『お・は・よ・う』


あなたは、この4つの文字を使って、どんな
感覚を伝えたいのか?


(今日も頑張ろう!)という感覚?
(気分がいいね♪)という感覚?
(昨日は、お疲れ様!)という感覚?


そして、

声で伝えるなら、
あなたの感覚を「音」に乗せること。


書いて伝えるなら、
あなたの感覚を「筆跡」に乗せること。


メールで伝えるなら、
あなたの伝えたい感覚を
「キーボード」に乗せること。
(これ重要)

あなたの感覚を文字に乗せているだろうか?

文字にあなたの感覚を乗せる。何を話すか?
ではない。あなたがどんな感覚を乗せるか?
だ。


相手は、「あなたの言葉」から、あなたの伝
えたかった感覚を受け取ることができる。

これが、自分の言葉で語るということ。

« 浅知恵 | トップページ | 大反省 »