« お腹が空かない | トップページ | 今日から »

2017年2月 3日 (金)

節分

豆まきが好き。
心の底から「福はうち」何は無くとも「福はうち」

恵方巻きは、以下が由来とのこと

「恵方巻き」セブンイレブンが名付け親

全国展開させたのが
コンビニのセブンイレブンでした。

昭和64年(1989)広島県内のセブン-イレブン一部店舗で、
丸かぶりする「巻寿司」が縁起の良い節分の風習として紹介されました。

加盟店のオーナーが大阪出身で、
「大阪では節分に巻きずしを丸かぶりして幸運を祈る風習がある」
とエリアマネージャーに話したのがきっかけで
このプロモーションがうまれました。

「恵方巻」の商品名で全国的に売られ始めたのもこれが始まりです。
コンビニやスーパーで売られている「恵方巻き」の直接のルーツは
セブンイレブンだったというわけです。
その昔
売れないウナギ屋さんのために
「土用丑の日」を考案した平賀源内のように、
このセブンイレブンの名前も後世に残っていくのでしょう。


« お腹が空かない | トップページ | 今日から »