« 英会話 | トップページ | 予感 »

2015年10月10日 (土)

不思議だな〜〜〜と思うことが。
変わりたくて、変わらずとも良くなりたくて、良くならなくとも知識は増やしたくて。
何か行動を起こす。

やってみてから、大間違い!!と気づいたことは一回ある。
時間をお金を返せ!!(少し大げさ??)
大間違いを気づかせてくれた先生には、今は感謝(皮肉ではなく)

習ったからにはやらないと。とりあえずは。

「????」

自分よりはるかに、はるかに好条件。
トラック競技で10周ぐらい差をつけてる。

「どうして、しないの?????」

他人事ながら、もったいないと最初は思ってたけど。
そろそろ、2年を迎えると、、、

「業」かな?と思い始める。

業(ごう)とは、仏教の基本的概念で、サンスクリットのकर्मन् (karman) を意訳したもの。
サンスクリットの動詞の「クリ」(kR)の現在分詞である「カルマット」(karmat)より転じカルマンとなった名詞で、「行為」を意味する。業そのものは、善悪に応じて果報を生じ、死によっても失われず、輪廻転生に伴って、アートマンに代々伝えられると考えられた。アートマンを認めない無我の立場をとる思想では、心の流れ(心相続)に付随するものとされた。中国、日本の思想にも影響を与える。「ウパニシャッド」にもその思想は現れ、のちに一種の運命論となった。
今日、一般的にこの語を使う場合は、(因縁・因果による)行為で生じる罪悪を意味したり(例えば「業が深い」)、不合理だと思ってもやってしまう宿命的な行為という意味で使ったりすることが多い。

自分の場合、気持ちは「野良犬」「野良猫」なので「業」はない(多分ね)

今しかない。寝て目が覚めたら、毎日新鮮!!!(愚か者だよ)

だから、毎日フレッシュに困ってる。

« 英会話 | トップページ | 予感 »