« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

英文

矯正臨床ジャーナル(Jop)に連載されてたやつの原文をプリントアウト。
老眼でなくて良かった〜と思うサイズ。

受付さんに「赤線の部分を調べといて」とお願い。

S2120140427_1548

頼まなきゃ良かったと少し後悔。

何となく、頭が変わりそうな気はするが。


2014年4月29日 (火)

試合

土曜日は先発。概ね良く投げられる。
頑丈な身体に感謝。

試合後は鹿児島県チームが設定して下さった熊襲亭で食事会。
ガバガバ、飲む。羽目を少し外してみる。

久しぶりにこの手の宴会に参加した。すこぶる楽しい。
回りを見渡しても、みんな楽しそう。

ご批判覚悟で書くが、飲み会自体は嫌いでないみたい。

2次会には出ずにホテルへ向かう。
身体をいたわるために和室で温泉のあるホテルを選ぶ。

S21img_0391

パソコン持って来てたら連泊してたよな〜と後で反省。


2014年4月28日 (月)

必死

初めての、外人との会話。家族構成を聞かれる(多分)

あいあむ、まりっじ。あいはぶ ドーターあんどサン。

ドーターは歯科大にと言ったら、何か良かったねという風に言われたようなようなような気がして。

大きな声で「産休」もとい「三級」もといThanku you

小さな隕石が後んで来て、全世界に電波障害が起こればよいのにと思う。

ばかだ

さてと

必死で聞こう聞こうと努力すると、
終わりかけには何となく聞こえて来たような気もする。

その昔、上顎前歯でインプラント、小さな動脈をやったらしく。
水芸のように真上にピューと、、、

以来の必死さを出した。

でも楽しくて、少し笑う。

2014年4月27日 (日)

土日は野球

土日は、野球。

今は金曜日のお昼。FAXが流れて来る。
「2試合ともでるの?」人数が少ないので、土日ともに全員参加。

多分来週は身体が壊れてるはず。

今は心が別な所に向いてるので、つい身体を疎かにしていた。
先週の野球の痛みが抜けにくかったのも原因だけど、、、

素のままの55歳で、土日の野球。

少し無謀かな?

今日はとりあえず、良いもの食べてぐっすり寝る予定。

雨が降らんかな〜〜〜

2014年4月26日 (土)

snagit

研修会で準備されるように言われたソフト。

何のために使うのか?良く分からないので今ひとつ。

Mac版は英語しか無いとの事で、、Windowsを買うのかな?

以前も書いたが、パソコンは便利だけど仕事は増える。
仕事を楽にこなすために、パソコンがあるのだろうけど。
パソコンを触らない日は無い。

症例スライドを一枚一枚、ボーと見てた頃が懐かしい。

snagitはこちら。

http://www.techsmith.co.jp/snagit.html

2014年4月25日 (金)

ワンダフル

wonderful !!

水曜日の朝、今度の矯正の講師の先生とWeb上会議。
一回目なので軽く挨拶程度かと思ったら、結構な量。

頭に残ったのが、、、ワンダフル!!だけ?

ばかだな〜と

他の参加者の方は、上手に会話に参加できてる。

ただでさえ、こんなケースでは無口なのに、さらに拍車がかかる。
(英語がしゃべれない聞き取れないのを無口と言えるかどうかは、置いといて)

想定してアンチョコ(死語か?)を用意しとくべきだったと反省。
時候の挨拶、謝辞、シチュエーションにあわせて、

日米友好を考えれば、、、

あとは、先生の音声を録音しとくべきだったかなと反省。

ワンダフルで思い出す曲。

刑事ジョンブックで、カーラジオから流れて来る曲にあわせて、
主人公がアーミッシュの女性と納屋でダンスを踊る。

Wonderful World.

https://www.youtube.com/watch?v=ka2qIgoOQX8

もの凄く楽しそう。

2014年4月24日 (木)

世の中

千年灸で身体をあぶる。
明日は院長室が少しお灸臭いかな?

S2120140420_2206

昔は、身体のつぼマップみたいな紙が入っていた。
効能と一緒にあちこちのツボが書いてあった。
ニヤニヤしながら余分なとこにも、千年灸をと(ばかだ)

最近はその紙が入ってない。

ネットでは、載っているんだけど。過激な効能書きは消えている。

無粋なクレームが入ったのかな?


2014年4月23日 (水)

技工士さん

患者さんから頂き物をする。

S2120140420_2132_2


スタッフにも人数分の湯のみを頂く。感謝。

少し(かなり)難症例。上手く行ったとは思うが、、、、

ご批判覚悟で書くと、、、、8割は外注してる技工士のIさんのおかげかな?

部分入れ歯

セットに関しては無調整。
咬合は少し調整するが、自分の趣味の範囲で行うぐらい。


2014年4月22日 (火)

英会話

6月の2、3、4日に矯正の研修会を受ける。月火水と医院をお休みにして。

もの凄く楽しみなんだが、、、講師がアメリカ人。

もちろん、日本語のサポートもあるけど。
何となく、、、簡単な事でも良いので、しゃべってみたいな〜と。
一ヶ月弱にして、お尻に火をつけるかどうか迷っている。

迷いの原因は、、、火のつけ方が良く分からない。

お尻にやけどは、したくないし。

もう一つ火をつける事がある。

野球の投球フォームを変えようと。
55歳では、肉体的に無理が出て来ている。

無理って何???

投げた後に身体が痛くならないのが、何か嫌。
身体が無理をしないように勝手に振る舞ってると。
身体が自分を気遣ってくれてるんだろうが、、少し悲しい。

身体に無理をさせるために、フォームを変える。

何考えてるんだかな〜と思わないでも無いが、、、このニュース

http://www.afpbb.com/articles/-/3013078

2014年4月21日 (月)

床上手

矯正のカウンセリング。

あれこれ、支離滅裂にならないように努める。

一段落ついて、、、「お姉ちゃんも矯正をしました」との事。

「親子共々、大変で大変で、、、、」話を聞いてみると、、、

前医の批判は厳に慎む。
前医の批判はそれを選択した患者さんのココロの不利益になる。

頭が、ボーとしてたみたい、、、反省。

責任を歯科医側が多く持つシステムが良いなと再確認。

大昔、10年以上前にある矯正方法の全国大会を見てみた。
あまり矯正の知識が無かった頃。

「どうなんだろう?話を聞いてみたいな〜〜」

普段であれば、興味が湧いたら、、、、「即、口に入れてしまう」
珍しく、下調べをしようかなと、軽い気持ちで参加。

大会半ばで、、、

「これは食べてはいけない」と知識経験の乏しい脳みそがアラームを出す。

午前で切り上げて、お昼のお弁当も食べずに空港へ。

大会会場の入り口で売ってた分厚い本を熱燗を飲みながら読んでみる。

「熱燗はお一人、3合まで」 の注意書き(泥酔で飛行機に乗られないように?)
店を変えて、、また熱燗そして、読んでみる。

床上手は、いなかった。床上手って?

2014年4月19日 (土)

ココロのバランスボード

奥さんに持ってかれたので、2台目を購入。

18000円、少し高いかな〜と思うが、一見何の変哲も無い。

今回の説明書も、、こんだけのミニ栞(当たり前か)

S2120140417_1529

ココロのバランスボード

今年は無理をしない。本当に。

2014年4月18日 (金)

フロッピー

シロナソ(顎運動を調べる器械)をやっぱり修理に出す事に。

前回お願いした所では、「何者かに断線させられてます」
写真を見ると確かにそうなんだけど。

殆ど考えにくい。
電話を聞きながら、、、もういいかなと。潮時かなと。

2ヶ月経った、、、やっぱり修理に出そうと気が変わる。

シロナソのデーターって、クリティカルからは、ずいぶん離れる。

1997年5月7日からの付き合い。もうすぐ19年経つ。腐れ縁かな。

問題は、、記録媒体がフロッピーディスク。

フロッピーって何??

Unknown

さすがに、フロッピーが無くなったらおしまい。

2014年4月17日 (木)

クリティカル

イヤーブックが10分前に完成。締め切りは明日。速攻で送る

K先生すいません。

自分の症例を振り返るのに、最強の仕事が文章にまとめる。
今回自分なりにを排除しようと、H先生の構成をそのままパクる。
かぎ括弧の色まで真似た。

すると、、、別の気づきがぽつぽつと。何でだろう?

一時期トイレに置いてあった「クリティカルシンキングのすすめ」

07161451_4a5ebfc72345d

クリティカルシンキング

批判的思考(ひはんてきしこう)またクリティカル・シンキング(英: Critical thinking[1])とは文字通りには批判的に考えることであり、「批判」の定義については論者によって異なるものの、証拠、正確さ、論理、合理性、公平性にもとづいて概念化したり分析したり総合判断することを指し、議論の基礎とされる[2]。議論のなかで間違った推論、誤謬、虚偽、詭弁を見分けることも含まれる[2]。批判的思考は重要な学力としてアメリカなどの教育で重視され、近年は日本でも導入が検討されている[誰によって?][3]。

批判的思考のガイドライン[編集]
Wadeは批判的思考のガイドラインを次のようにまとめた[3]。
問いをたてる。
問題を定義する。
根拠を検討する。
バイアスや前提を分析する
感情的な推論(「私がそう感じるから真実である」)を避ける。
過度の単純化はしない。
他の解釈を考慮する。
不確実さに堪える。

またLeftonは次のようにまとめている[3]。
利用可能なもの、最初の思いついた答えに固執しない。
あまりに早く一般化しない。
楽な解決に固執しない。
最初の答えに合致するような決定に固執しない。
一部の利用可能なアイデアや前提の検討だけに終始しない。
感情的にならない。
もともともっている考えに固執せずに、オープ
ンになること。

あ〜〜足りない。
オプティミスティック  シンキング

2014年4月15日 (火)

はかどる

どんよりとした気分の方が仕事がはかどるが

もう一つ。

もの凄く上手くいくと、やっぱりはかどる。

ワードで症例をまとめているのだが、何度やってもしっちゃかめっちゃか。

元々、写真などを組み込んで型にはまった編集作業には向かない(そうな)
ソフトの基礎的な事を何も知らない(知ろうとしない)事が拍車をかける。

も〜〜〜と思っていたら、、、神が降りて来た。

あちこち、いじっていたら便利な物を沢山見つける。
「業者の方に任せれば良いや」と思っていた細かい所が、、

解決。

そして、すぐ忘れるんだろうな〜

2014年4月14日 (月)

書き損じ

入会書がFAXで送られて来る。

メールの調子がおかしいらしい、不達メールが戻って来るとの事。
届いてるんだけどね〜???

M先生からも「メール読んでませんね」と電話。
届いていないだけどね?????。

なんだろう??

「まあいいや」といつものように数秒悩む。

もう、あんまり、多分、新しい勉強に手をつけない予定。
これが、最後になると良いな〜
(ゴールはおろか、スタートラインさえ理解してないんだが)

送られて来た入会書を、気合いを入れて、、、

いきなり書き損じる。  姓と名を分けて書くようになってた。

「まあいいや」と数秒悲しむ。


S2120140410_1056_2


2014年4月13日 (日)

雨降り

少しテンションが下がり気味

こんな時こそ、資料整理がはかどる。元気がよいと他の事に目移り。
本読んだり、新聞読んだり、スクワットしたり、素振りしたり、YouTube見たり、千年灸したり、

落ち着きが無い。

良い具合のどんより気分で黙々と。

外が明るくなって来たのでカーテンを空けると、気分そのままの雨。
増々仕事がはかどる。

昨日は、技工士さんと新人さんと3人で矯正の勉強会。

今日は3時間後に、新人さんと産休明けさんと3人で歯科衛生士さんのコース。
9時に迎えに行って宮崎へ。二人を会場で降ろして、自分は別会場の矯正に向かう。

お昼過ぎに衛生士さんの方に途中参加。

テンション上がらない方が、上手く行きそうな一日。

2014年4月12日 (土)

準備

新人さんが二人、慣れないような慣れて来たような。

立て込んでる時には、準備に手間取る。
準備はベテランさんに任せて、、、

「お片づけ」を一緒に行う。

準備は気が急く。お片づけ時は、少し余裕がある。

何より、準備するには「お片づけ」がきちんとしてないと。

2014年4月11日 (金)

五十市駅

鹿児島中央始発に乗ると五十市駅に7時に着く。

乗り込んで来る人達の顔ががらりと変わってる。
車で送って来た親御さんが、電車が出るまでホームにいたりする。

4月になったんだな〜と。

ジタバタと自分も4月モードになる。

2014年4月10日 (木)

指示

先週の土曜日は野球の試合。自分は研修会でお休み。

M先生からみんなへファックスが届く。

具体的な指示をコンパクトに書いてある。
ヘーと思う豆知識も。
最期もさらりと締めてある。

知識と経験があるとこう出来ると言う見本みたい。

2014年4月 9日 (水)

ケセラセラ

さてと、、

お金を振り込みましょう。1年悩んだ、悩むのに飽きた。
本当に珍しく、資料を下調べ。
日々の臨床でも「この場面で必要か?」と

最初の説明の時には、「要らんよな〜」だったんだけどね。

「お金どうしようかな〜」と思ってたら、奥さんが「今ならあるよ」

ケセラセラ夫婦なので、助かる。

2014年4月 8日 (火)

心のバランスボード

また変な物を買って!と言っていた奥さん。

ボードに立ってみる。

「自宅の分も注文して」

説明書に書いてあるのが、、「何も考えずにのってください」だけ

院長室の床に置いてある。何度も何も考えずに乗る。
健康な(たぶんね)自分はあんまりピンと来ない。

矯正予定の患者さんに試してみると、、、、、

「あ!」と言われる。

心のバランスボード

http://www.m-bbb.com/g/html/about.html

2014年4月 7日 (月)

終わりの始まり 矯正

1年間続いた研修会が終わる。
最期に修了証書を渡される。石で出来ててなんかオシャレ。
矯正の先生は概ねオシャレと言うか、こだわり屋さんがおおいな〜と。

S2120140407_721_2

実習はトラブルの連続。ホテルで朝早くからやり直し。
何で上手く行かんのかな???と思ってたら。

「あ!火であぶってなかった」

手元が不器用な上に、大ポカを本当によくする。
実習が本当に苦手。
3回ぐらいおさらいしないと、ターボがかからない(ブースト圧は無調整なのだけど)

あきらめて、前の手順に戻る。不思議と全然苦ではない。というか楽しい。
洗面所にお湯を溜めてタイポドント(実習用の咬合器)を入浴させる。

「あったかいね〜」「がんばってね〜」と独り言全開。

冷やさないといけないのだけど、バスタブのお湯の調整が水まで設定してない。

横を見ると、、、、

トイレの「大」をひねって、タイポドントに滝行をさせる。

「ごめんね〜」

2014年4月 5日 (土)

相変わらず

土日は、八女の矯正研修会が最終回。

慌てて、、、

S21img_0387


何を得たのかな〜と考える。

ちょっとやそっとでは、上手く行かないな〜を再確認。

朝日を浴びながら、宿題を大慌てで片付ける。


2014年4月 4日 (金)

やけど

矯正の説明が珍しくつづいたので、毎回資料を見直した。

「倒れている臼歯(奥の大きな歯)を意図的に起こして矯正に役立てる」
という流派がある。

かなりの割合で、その方法でオッケーらしい。

「奥に臼歯を押して行って矯正に役立てる」と言う流派もある。

どちらも、、、

説明読んだり、イラスト見たり、症例見ると、、、フムフムなるほど(横顔写真は別)

確かに逆は、大やけどをすると思う。

さてと、自分のを見直してみると、、、

総じて前述と同じような結果を得ているケースが多い。
噛み合わせも良い方向に回転している。

抜歯非抜歯の差はあると思うが。

2014年4月 3日 (木)

充電

iPhoneの充電が上手く行かない。

コネクターを変形させてしまったのか?微妙なコツがいる。
綱渡りで毎回充電。上手くできると少しニッコリ出来るので

まあしょうがないかな。

今朝iPadの充電も上手く行かない。

iPhoneも全然ラッキーに繋がらない。

「何か嫌だな〜」と朝っぱらから警戒モードに入る。

ひょいと見ると、、、、

おおもとのコンセントが、抜けてる。差し込むと当たり前だが両方とも充電開始。

2014年4月 2日 (水)

整理整頓

「整理」とは
「いるものといらないものを分け、いらないものを捨てる」という意味があります。

「整頓」とは、
「必要なものをいつでも誰でも取り出せるよう、秩序だてて配置すること」

S21img_0386


あ〜もう。

2014年4月 1日 (火)

引き寄せ

先週から大人の矯正相談が続く。不思議な事に、、、

全ケース拡大処置が必要。

拡大と言っても、大人のケースでは限界も問題もある。
頭の中にある選択肢は、5個。
一番効く(?)装置は違和感がひどい(子供は平気なんだけどね)

「拡大装置はどうですか?」

「地獄です」

是非に必要と思ったので行ったケースだけど、患者さんには苦労を強いる。
勝負を早めようと選択した装置だった(効果は抜群)

今日の説明ケースも、若干の拡大があった方がスムーズと思う。

にたようなケースが続く時には「引き寄せの法則」が働いてると善意に解釈。

「引き寄せ」を得るには、真面目にする事。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »