« HP | トップページ | 源喜 »

2012年7月31日 (火)

神の手

長男がバスケで足を痛める。

朝起きるとパンパンに足が張っていたそうな。
足が上手く上がらない。

「隼人に連れてって」
隼人に行きつけの整骨院がある。

施術が終わると、足が上がるようになる。
夕方には、腫れも引く。

「腰を調整しました」

神の手では、ない。

ある程度はセンス、経験にも左右されるだろうけど、
きちんと、毎回説明されてから、施術を行われる。

再発防止が、日常の管理だと言う事も念押しされる。

当院で、決めている「噛み合わせ」の考え方の
基本となる「構造医学」の整骨院。

ご批判沢山あるが、長男にはあってるみたい。

« HP | トップページ | 源喜 »