« 出っ歯 Ⅱ級1類と言います。 | トップページ | 部分矯正 顎関節症とペアの症例です。 »

2012年4月 1日 (日)

矯正前に、噛み合わせの調整を行いました。

主訴は、顎関節症でした。お口が開きにくい。

患者さんが元より持っている噛み合わせが、顎関節症を
引き起こしやすい場合があります。

費用は約60万円。期間は2年です。

クリックすると画像が大きくなります。

S001

虫歯は少ない、お口の中です。
上の糸切り歯が、上手くかみ合っていません。


S002

初診の時の、横向きが遺骨です。よく見ると奥歯だけしか
当たっていないような気がします。

S003

噛み合わせの調整をするために、夜だけ上に
マウスピースを使用してもらいました。


S004

3月の頃よりは、全体の歯が当たるようになりました。


S005

矯正の最初は、ゴムを奥歯にはめる事から始まります。


S006


S007

矯正装置には、歯につけるだけでは、ないものもあります。


S008

矯正が終わりました。


S010

矯正治療と噛み合わせの治療を組み合わせる事で、
姿勢が大きく改善しました。

« 出っ歯 Ⅱ級1類と言います。 | トップページ | 部分矯正 顎関節症とペアの症例です。 »