« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

受け売り

受け売りをのせます。


 300年ぶりの大変革の今

 大切になってくる3つの働き方と生き方とは?

小田真嘉です。

2011年も、あと2ヶ月ですね。


今年の後半戦から

特に、リーダーや企業様から

「これからの日本はどうなるのか?」

という相談をたくさん受けるようになりました。


私なりに

経営者のみなさんや現場のスタッフ
ユーザーさんたちとの対話を通じて感じていること

そして、師匠・北極老人から教えていただいことを含めて
今後の未来予想などをお話させていただいます。


2011年は

日本は地震、原発、食糧問題…

世界では経済不安、大規模デモ…


などなど、大きな変化が起きたり

根本的な問題が表面化しました。


しかし

2012年からは
もっともっと大きな変化が起きるでしょう。


自然災害や食料問題が悪化したり

企業や政府の不都合な数々の真実が暴露されたり

経済至上主義の限界が訪れたりするでしょう。


「経営の父」や「未来学者(フューチャリスト)」とも呼ばれた

ピーター・ドラッカーは

29歳(1939年)のときに

処女作「経済人の終わり」を出版しました。

テーマは、「経済至上主義の終わり」


経済人( economic man )とは

経済至上主義に生きる人であり

経済(money)のために生き、

経済(money)のために死ぬ人(企業、社会、国)です。


ドラッカーは

「経済至上主義は、人を幸せにしない。本当の幸せをもたらさない。」

とも言っています。


これは実に、重要な視点であり


これから経済至上主義の問題と弊害が

次々に表面化してきています。


実際、

経済至上主義の最大の波が

今、日本を飲み込もうとしています。


それが

「TPP(Trans-Pacific Partnership:環太平洋戦略的経済連携協定)」です。


これが実現すれば

事実上

日本国2600年の歴史の中で最大規模の

経済的侵略(支配)を受けることになります。


「TPP」については

中野剛志さんの2つの動画を見ていただければ
だいたい分かると思います。

1.どうなるTPP交渉参加?メリットとデメリットは(16:21)
http://youtu.be/G9aWJ8Orl10

2.中野剛志先生のよくわかるTPP解説(12:34)
http://youtu.be/RlyluxDfjMo

TPPが実現すれば

「国家(国民の生命財産)の繁栄」よりも
「経済(企業の損得利益)の支配」が上位にくる

経済至上主義の果ての世界が訪れます。

そうなれば日本には
様々な問題が起きることは間違いないでしょう。


2012年以降

今まで以上にグローバリズムや
経済至上主義は加速し


会社も個人も
強制的に変化(イノベート)することを迫られるでしょう。


ドラッカーは

2005年11月
この世を去る直前に


・今は、三世紀(300年)ぶりの大変化のとき

・歴史がまだ見たことのない未来がやって来る

・2020年頃までにその変化が起きる

・世界の未来は、日本にかかっている

と述べています。

では、私たちはどうすればいいのか?


それは


マクロな大きな規模での解決策ではなく

ミクロのひとりひとりの働き方と生き方がカギとなるでしょう。

2012年以降に大切になってくる

働き方と生き方が3つあると思っています。


ひとりひとりが

1)共感する仲間と手を取り合うこと

2)自分の強み(長所、武器)を発揮して
 仲間の弱み(短所、欠点)を補うこと

3)与えられた持ち場(役割)を守ること


この3つを愚直に行うことで

今いる、自分の周りを
明るく照らすことだと思います。

神話学者ジョーゼフ・キャンベルは

NHKの「神話の力」という番組の中で

こんなことを話していました。

===============

ドイツの哲学者ショーペン・ハウエルは
60歳ぐらいのとき、こういっています。


『ある程度歳をとり人生を振り返ってみると
そこにはひとつの秩序があるように見える。

まるで誰かの手で構成されたかのようだ。

ただ偶然に起きたように見えた出来事も
実は次の展開のために重要な要素だったことが
あとになって分かる。

この筋書きは一体誰が作ったのだろうか。

夢が自分では意識できない
自分自身の何かによって作られるように

人生も全て自分の内なる意思によって作られるのだ。

偶然出会った人々が

自分の人生の重要な要素になるとすれば
自分も他人の人生の重要な要素になるはずだ。

全ては一大シンフォニーのように響き合っている。


あらゆるものが他の全てのものに影響を与えているのだ。


我々の人生はどれも同じ一人の人が見る夢のようなものだ。

見えないひとつの意思から生まれている。


それゆえ

我々の人生は他の人々の人生とつながりあい
全ては互いにつながりあっているのだ。』


素晴らしい思想です。

これはインドに起源をもつ思想で
“宝石の網”と言われるイメージです。

宝石の網の中では
全ての宝石が他の宝石を反射して輝きます。

あらゆるものは

他のあらゆるものとの相互の関係で成り立っていて
全ては影響しあっています。

ですから

なにがあっても誰も責めることができないのです。

そのひと本人の意思で起きたわけではありません。
誰一人として自分の意図したとおりの人生を生きる人はいないのです。

===============

天台宗を開いた仏教大師・最澄は
理想的人間像をこのように言っています。

 「国宝とは何ものぞ。
 宝とは道心なり。

 道心ある人を名づけて、国宝となす。

 ゆえに古人いわく

 径寸十枚、これ国宝にあらず。

 一隅を照らす、これ即ち国宝なり」と。


これは

今自分がいる場所や置かれている立場で

求道心(ぐどうしん)を持ち

自分が切りひらいていくという気概で精一杯努力し
その場所を明るくすることのできる人になること。

そのような人こそが
何ものにも代えがたい国の宝である。

ということです。


もっとカンタンに言えば


自分が輝けば、周りも輝く。

周りが輝けば、世界も輝く。


まさに“宝石の網”のように

まず自分が光り輝くことで
触れる全ての人たちも光を放つ。


世界を変えるには

各人が、与えられた持ち場を守り
与えられた役割を全うしていくことです。


大きな波がやってくる今こそが

目の前の小さいなことを
大きな心で取り組むこと

それが、これからの時代
ますます大切になってくる働き方と生き方だと思うのです。


そう生きると決めた瞬間から
その人は輝きを放ち

その光の波が広がり
やがて世界の果てまで届きます。


あなたが発する光によって

未来がひらかれることを
心から祈っています。

小田真嘉

2011年10月28日 (金)

NHKオンデマンド

待合室にテレビがあるが、自分で作ったパワーポイントの資料を流していた。飽きもきていたし、更新が大変だった。ちょうど良いタイミングでパソコンが壊れた。

マックに繋ぎ替えて「NHKオンデマンド」を流す。

ためしてガッテンを延々と流す。受付さんに聴くと好評らしい。

最後まで見てから帰る人が増える。

少し困るが、患者さんの年齢層を考えると仕方が無いと。

朝早くに大昔放送の「謎の転校生(眉村卓原作)」の一回目を見る。

2011年10月26日 (水)

矢沢

「オレはいいけど、矢沢はどうかな?」

ある仕事の打ち合わせの時に,矢沢永吉さんが言われたセリフ(本からの受け売り)

だらしない自分に耳が痛い。

「私自身はこのセリフの面白さが解るけど、松田聖子は言わないと思う」

これも受け売り。

ここまで、高められないけどフェイクで乗り切る。

HP改正

6年前に作ったHPを大改正する。

今夜打ち合わせ。

気合い一本で作ったHP。改めて読み返してみる。気合いの部分は変わっていないけど、診療内容が大幅に変わってる。

知らないうちに「変わってるんだ〜」

簡単に変われるんだ〜と再確認。

気合いの部分も、少し方向性を変えようと考える。

伝わらないとHPとしては失格。読んでもらうには、やはりテクニックと、、「手間」が必要。

上手く頭の中で熟れてないので、早朝に見返す事にする。

朝一の頭は少しはクリアー。

2011年10月25日 (火)

大逆転

買ったばかりの、マックを無くしてしょんぼりしていたら、、、

宮崎駅から電話。

「袋が見つかりました」

「いつでも取りに来て下さい」

大喜び。11万円。

自分のだらしなさに,辟易していた。絶対に酒を飲まないと心に誓っていたが、、

嬉しさのあまり祝杯をあげる(ばかだ)

鹿児島中央駅を列車が出てから,すぐに爆睡してしまう(たぶん)家族と食事をした時に生ビールを一杯半飲んだだけなのに。

目が覚めると、、

「次は終点宮崎です」
「お忘れ物無い様に」

のアナウンスと大淀川の夜景。

慌ててホームに出て反対方向の都城行きにダッシュで乗り込む。一安心していたら。

南宮崎で「パソコンが無い」気付き慌てて降りて駅舎に尋ねる。

その時点では不明だった。

トボトボと日付の変わった真っ暗な道を歩く。後ろで駅舎をしめる閉めるシャッターの音。

ホテルに入るが,眠れない。3時にチェックアウトしてタクシーで帰る。

車中で「お客さん眠たくないんですか?」と尋ねられる。

「全然」

2011年10月24日 (月)

お酒

ホントウに弱くなった。

記憶がスパスパ途切れる。

日曜日も奥さんに駅に送ってもらった事も良く覚えてない。送ってくれた事を考えると、大事なパソコンの袋を渡されたことを考えると、あんまり酔った風では無かったはず。

ところが、、

1ミリも覚えてない。

列車に乗り込んだ時の前の席に女の子の顔が一枚、頭の中にあるだけで。

あとは白紙。

公の場では、お酒に慎重にならざる負えない。

知らない土地では、アルコールを飲まない。

良い機会。公の飲み会では「お酒」を飲みません。ていうか,出ません。

大失敗

鹿児島中央駅から都城に帰る。

21時4分発

目が覚めたら、、、

宮崎だった。

おまけに、買ったばかりの、、、

華々しく大失敗で始まる今週。

今日はお昼からインプラント。

身を清める。

2011年10月22日 (土)

脳ドック

11月のスタッフ旅行の間に「脳ドック」を受ける。

奥さんが知り合いの病院に電話。

「9時40分までに受付を済ませてね」とメールが来る。その後「噂の整骨院」そして夕方には、行きつけの整骨院。

人間する事がなくなると、「病院巡りをするもんだな」と、少し反省。

検査結果はどうなんだろう?と少しワクワク。行ってきた患者さんに伺うと「すぐに教えてくれるよ」

前から行きたかった「脳ドック」

知り合いの脳神経外科が近所にいる間に、行っとけば良かったんだろうけど。

左手はいつもしびれてる。

2011年10月20日 (木)

野球

残念ながら一回戦負け。

投手のM先生は絶好調だったのにとチーム状態も良かったのにと、流れを変えられるプレーも沢山あったのにと、考えてもしょうがない事を考える。

ウォーミングアップの準備体操とランニング軽いキャッチボールで、、、

立ち方が,変わる。重心が変わる。

「どうした???骨盤」と声をかける。

今年中に腰を治そうと決める。先ずは養生から。謎の整体院にも行ってみる。やる事やってから考える。

野球は楽しいな〜と再確認したから。

最後のバッターは今年2回の肉離れを起こしたO先生が代打。同点のチャンス。

自称「持ってない男」らしい結果に終わる。

その後,もうすぐ出るらしい本の編集会議とかであたふたと東京に向かう。

「まさか?」という事はない。

2011年10月19日 (水)

おひれ

長崎で卓袱料理をいただく。

デジカメも携帯も持って行ってなかったので、宮崎のk先生にメールで送っていただいた写真を載せます。

乾杯の前に「おひれ」と言う椀ものを頂くしきたり。

餅や切り身が入っている、結構な大きさのお椀。お腹がストンと落ち着く気がする。

悪酔いはしないな〜と、良い習慣と思う。


201110151913000


2011年10月18日 (火)

気づき

人間は95%を一ヶ月後には忘れるそうな。

残りの5%のうちの95%も何かしら工夫をしないと忘れる。心がけなど最たるもの、具体的にいうと、易きに流される。そもそも易いとか難いとかに左右される時点で間違ってるそうなんだけど。

習慣を変えるのは、「前と同じ」を変える事なので、長く続いた習慣程変えにくい。

色々変えたい習慣はあるのだけど、「前と同じ」はホントウに心地よい。

「ん〜」と中途半端に思い悩む振りが続いていたが。

「変えようかな?」と思う出来事が,長崎行きで二つあった。

そう言う年齢になったんだと。

バカ酒飲みもスーパー夜更かしも、人に言えないあれやこれやも,知らないうちに変わっていった。

変わってしまうと「前と同じ」より、今の方が心地よい。

2011年10月17日 (月)

お囃子

長崎で同窓会が開かれる。

17年前に佐賀で行われた同窓会に参加した。人数は6名県外者は自分一人,アットホームな焼肉屋さんで行われた。

月日は流れて。。。

卒業生も増えて,会場は「坂本屋」ネットで調べると格式がありそうな?何か良さげな感じ。

会場に向かう。早速迷子になる。地図が読めない男。

下足番のおじいさんに札を貰う。案内係の人に見せると「こちらです」と案内される。中に入ると、、

芸子さん?が数名三味線やお太鼓、お囃子に合わせて、踊りの真っ最中。

座ってる人たちは,年齢高めで全員背広。

鉄板で違う。

立ち去ろうとしてる,案内係の方に「間違ってると思います」

下足番のおじいさんが間違った札を渡したみたい。

案内係の人に少し注意される「おじいさん」それでも,私の格好を見たら「疑えよ」と思うが。

気が進まない同窓会参加だったけど,出ると何となく楽しい。料理もおいしい。雰囲気も良い。前日の飲み会とは雲泥の差。

二日連続だったので、途中で物凄く眠くなって,、、

早めに帰る。帰りながらも楽しい。

鹿児島大学歯学部の方へ,来年は熊本です。同窓会に参加すると、みんな楽しそうですよ。

2011年10月16日 (日)

ユニフォーム

野球に行く当日の朝に準備を始める。

「ユニフォームがない」

あちこちひっくり返して発見(文字通り発見)

一年間使ってなかったので、少しカビ臭い?バッグには去年の何やかやが、ゴロゴロ詰まっている。スパイクも去年の泥がついたまんま。

ベルトと帽子は見つかりませんでしたとさ。

このブログが公開される時は、長崎にいるはず。

帰りは、皆とバスではなくJRと新幹線で鹿児島に向かう予定。

野球が終わると少し冷え込みが始まる気がする。

よい機会。

2011年10月15日 (土)

宴会

昨日の宴会の席で、H先生に

「一度行ってみたら」

せっかく紹介していただいた整骨院の話。

時間がつかず、少しずつ良くなってきてたりする事もありまだ行ってなかった。本当にスイマセン。

11月4日に必ずいきます。

4日は、「脳ドック」にも行ってみるつもり。患者さんで直前に行かれた方がおられて、話を聞く。いこうかな?と思っていた病院でもあった。

これも御縁かな?と簡単前向き。

今年から少し身体を気にかけるようになった。なんやかんや飲んでみる。プラシーボに簡単に引っかかる性格なので、調子は良い。

自分を少し大事にしよう。

今日はバスで長崎に向かって、明日は野球。出番はないけど応援がてらに出かける。夜は大学の同窓会に出る。ちゃんと振る舞う。

これから先は、宴会は選んで出る。

2011年10月14日 (金)

実家

サッカーを見るために

無人の実家に泊まる。

たまに母と妹が来て掃除をしているらしく綺麗に片付いている。誰も住まないのに地デジ対応にもしてある。

感謝

よし見るぞ!!と気合いを入れてたのに、お布団から見たのがいけなかったのか?

知らないうちに爆睡。

実家は畑の中の一軒家。

高校生の頃遊びにきた友達が夕日の中にぽつんとある、我が家を見て、、

「西部劇の家みたい」

今は矯正のカウンセリングが終わった所。上手にできました(少しカンニングしたけど)

HP上の矯正の所を大幅に変更しないと現状にそぐわない。考え方はもちろん方法が全然違う。

2011年10月13日 (木)

メロディアスライブラリー

日曜日の10時からFMで流れる。
http://www.tfm.co.jp/ml/

毎回、1冊の本の紹介を小川洋子さんがされる。先週の一冊は、、

「敗れざるものたち」沢木耕太郎 1976年

単行本と文庫本と持っている(なくしたと思って買った)

久しぶりに引っ張りだして、鹿児島からの帰りの列車の中で読む。読んでみると、、、

夜向きの本だな〜と。まずは、おばかな感想。

前に読んだ時と、少し響く所が違う。昔も好きだった榎本喜八、円谷幸吉さんのは、変わらなかったけどカシアス内藤のお話も何となく気に入る。

何度も読んだはずなのに。


28


2011年10月12日 (水)

今週末は長崎で野球大会(歯科医師の)

応援がてらに出かける。今年は腰の不調で一回も練習に出なかった。案の定「太る」足は驚くくらい「細くなる」しかも右だけ。

お爺さんの右足。

例年なら8月くらいから、ジムに通って身体を整える(鍛えるではない)

それだけでも、全然違った。ジムに行く時より、帰る時の方が元気が出る。何より日々の体調が違う。頭と一緒で身体も使わないと、ぼろになる。

解っているんだけど、、、

来年の春までに腰が治らなかったら、野球はおしまい。

空いた時間をどう使うかを考える。

妙案が色々浮かぶ。

2011年10月11日 (火)

授業

衛生士学校の授業が毎水曜日ある。

終わると、毎回ほとほと疲れて車に乗り込む。

大勢と接するのが苦手なんだな〜と痛感する。大きな声を出すのも苦手なのかな?

毎回少しずつ工夫を凝らそうとおもっている。工夫を上手く生かすためにも、声を出さないといけない。

性格診断で生徒さんをグループ分け、患者さん症例を配って、考えた事を発表させる。タイプ分けしているので対応は楽なんだけど。

しゃべりっぱなしなので疲れる。

性格別に分けていても、その中でまた傾向が出てくる。

「おもしろいな〜」と興味深い。

コアな部分が出るのかな?と次回の授業で確認をする。

コアに手をつけるのは無理だと悟るためにも。

2011年10月10日 (月)

おでん 身なり

コンビニへ

おでんを買う。セルフで容器に詰め終わってレジに出すと、店員さんが「はんぺんはお嫌いですか?」

売り込みかな?と思っていたら

「プカプカ浮いてるのは、オマケで良いですよ」

膨らんでメレンゲ状態のはんぺんが、おでん鍋にプカプカ浮かんでいる。

多分ニコニコしながら「ありがとう」と言ったのかな。

店員さんが更に、、

「ガンモも形が崩れてるので、オマケで良いですよ」

ほんのちょっとだけ形が崩れてる「がんも」が一個。

ニコニコしながら「ありがとう」とまた言ったような気がする。

買いすぎた(貰いすぎた?)おでんでお腹いっぱいになったあと、考える。

どんな人に見られてたんだろう?

朝早く起きて、同じコンビニ行ってみる。はんぺんがプカプカしてたら、少しへこむかも。

身なりはきちんとしよう。

2011年10月 9日 (日)

半日講演会

土曜日にS先生と講演会に。

半日講演会には殆ど出ない。今回は大物の先生だったので出てみる。結論は、、、

「出て良かったかな」段取りを立てて下さった方々に感謝。

今度自分で「半日講演会」を企画する。講師を受けてくれたK先生に感謝。何が何でも出てくれた人の役に立つようにとテーマを絞る。そして、、

次の日丸一日かけて、セミナーを開く。

実習が絡むので参加人数は限られるのだけど、せっかくの講演会少しでも役に立てればと。

早くも定員を満たす。

感謝

実は自分が受けてみたかった内容を選ぶ。

あと2回、講演会を企画しないといけない。

自分が聴きたいものにする予定。

2011年10月 8日 (土)

N先生

他人に影響されやすい?

じんわり刷り込まれて楽な道を選んだのは自分自身だけど、付き合う相手で左右された事を今更悔やんでもしょうがないけど、

今やっと思いつく。

ご批判覚悟で書くが、付き合う人を選ぶ。

上手に処理出来ない自分には必須項目。朱に交わると真っ赤か傾向を認識する。どうせ真っ赤になるなら。

N先生よりメール

「EAO学会(ギリシャ)にまともに着けるか、ひやひや・わくわくです」

歯科医はこうでなくっちゃと気合いが入る。

色んな事が吹っ切れる。

ジクジクしてた事を、大人の配慮だと勘違い。良い時間の使い方を心がける。


2011年10月 7日 (金)

男女差

お世話になっている業者のSの担当者の方がご結婚

おめでとうございます。

毎水曜日車に載せてもらって鹿児島に帰る。

「研修会で1週間くらい、来れません」と先週言われた。額面通りに受け取る。当院のスタッフは、、、

「1週間、いないなんておかしい」と皆でおしゃべりしてたそうな。

「先週何かあったんじゃない?」と昨日の夕方に問いつめられて、

「結婚式でした」と告白。

男女差はあるな〜と

久しぶりに、「話を聞かない男。地図が読めない女」を電車で読み返す。

514h7j5ne1l_bo2204203200_pisitbstic


2011年10月 6日 (木)

FM

土曜日の朝、電車に寝坊をする。

車で都城へ。

FMを点けると、「ユーミン」がメドレーで流れてくる。寝坊した事も忘れて、「ラッキー」とニコニコしながらハンドルを握る。

マックに寄って、ホットのMを買ってご機嫌にドライブ。

途中で気づく。「パーソナリティーが代わったんだ〜」

女性の声が「好きな声」前の人も良かったけど。ご機嫌度があがる。

苦手な声(話し方かな?)もある。

今は土曜日。

車でもうすぐ鹿児島に向かうが、この時間帯はFMはつけない。

声や話し方の方が、内容より遥かに大事だと再確認。

2011年10月 5日 (水)

困ってない

インプランターと言う器械を買う。

新品!!(当たり前か)

以前使っていたのは、知り合いのK先生から何でかよく解らないけど、譲っていただいたもの。ブリキの箱に、ちゃちなダイヤルがついてる。フットペダルはなく。回すたんびに、、、

「ハイ!!」と器械の側のスタッフにスィッチを入れてもらっていた。

切る時も「ハイ!!」

気合いが入って好きだけど、同業者には恥ずかしくて見せられない。

10年以上よく頑張った。壊れかけだしたので、ホントウに困る前に新品を購入。

困ってない

金曜日の研修会で考える。治療方針を決めるのに、実は「困る、困ってない」が大きく左右するな〜と。

気づいてないから、困ってないのか?

困らないようにしてるから、困ってないのか?

困ってると思わないのか?

困る事も受け入れる方針なので困ってないのか?

次回は自分とH先生の発表。どちらかと言うと「困ってないペアー」

ご批判覚悟で書くが、他の先生方が「あんまり困ってないな〜」に「困ってるな〜」を打ち出す傾向が強い。

上手く伝わるように、そこだけ集中。

2011年10月 4日 (火)

研修会

金曜日の夜、恒例の研修会。

隼人開業のM先生が、オブザーバーで来ていた。相変わらず前向きで、元気そうで、こちらも元気になる。

「明日はいくの?」とH先生から

「え?何だっけ」

福岡で噛み合わせの研修会だった。前クールは真面目に出席したが、「ふっ」と頭の中から消えていた。

本当に、本当に**だ。

ぐっと力を入れないと、出不精悪魔が頭をもたげだす。悪魔が最初にする事は

「忘れさす事」

「約束をたがわない癖」はほぼついたような気がする。悪魔が先回りして「約束」する前に、脳みそをいじって、、

「忘れさす」

忘れさせられないようにするには?と対策を考える。

金曜日の研修会は、お世話係になったので、真面目に通っている。

今週も「へー」と思う所が沢山あったのだけど、メモを取ろうとしても暗すぎてとれない。いつもの様に前の方に座れば、プロジェクターの明かりで、何とかなるのにと反省。

帰りの車の中で、ぶつぶつと言いながら頭に残す。

2011年10月 3日 (月)

ハリケーン

大雑把なので、逆に「効率」「単価」「付加価値」とか難しい言葉に引かれる。

「高嶺の花」と今まで遠目に見てたけど。

起き抜けのぼんやりとした頭でDVDの2巻目を見る。耳が痛い(逆に心地よい)内容。

耳が痛ければ、痛い程。改善の余地があるんだ!と単純に前向きになる。このテンションを夕方まで持たせる。1週間持たせて、モチベーションに何とか上げる。

10月の月1ミーティングで話します!(誰に向かって?)

いまこのDVDに出会ったのも、何かの縁と考える。土日の仕事が増えたけど、まあいいか。

立ち止まってはいけない生き物なんだな〜と再確認。

院内旅行に不参加を決定。技工士さんにも付き合ってもらう(すまん)

「台風が来れば良いのに」とスタッフに憎まれ口をたたくと。

「大昔、そうでしたよね」

全然覚えてないけど、旅行予定前に大型ハリケーンが施設を根こそぎにダメにして、ポシャったとの事。

「ホントに覚えてないんですか?」

もの凄く不思議な顔をされる。

自分がハリケーンを呼んだと思われてたのかな?

2011年10月 2日 (日)

健康志向

酢を飲んでいる。安いやつ(98円)アスコルビン酸を飲んでいる(2000円)甘草エキスを飲んでいる。

5700円(30ml!!)

ものは試しで買いますと言って、出してもらって、値段を聞いてビックリ。引っ込みがつかなくなって購入。

高いので、物凄く真面目にきちんと飲む(あさましい)

「白湯で飲まないと効果が減りますよ」

「はい!!」真面目に白湯で飲む。

患者さんがお口の中の違和感で来られる。

「何か飲んでません?」

沢山飲んでおられる。

前歯の裏が溶けている。表もかなりすり減っている。

「飲んでも良いですが、お水で中和してね」とお願い。

ナイトキャップ代わりに、飲むのだけは禁止にする。

スタッフルームの電子レンジの上に、酢とアスコルビン酸と甘草エキスが置いてある。アスコルビン酸の減りがなぜか?早い様な気がする。

ノンカフェインのインスタントコーヒーも、物凄いスピードで無くなった。

スタッフが健康なら良いかなと思うが。

甘草エキスは、ダメだと思う。

2011年10月 1日 (土)

大逆転

備えあれば憂い無し

ある案件が「大逆転」

良い経験を積んだと、前向きに考えられる。

依然と比べるとほんの少しだけ、色々と「備え癖」がついてる。きちんとした人から見ると「ざる状態」だろうけど。

今回の出来事で、「備え癖」がもうひとつ上がるように。

意見を出してくれた、先生方に感謝。

キングオブコントを土曜日、ホテルでご鑑賞(ばか)

練りに練り上げて、物凄く練習した「コント」に感動。

備えあればの更に上を行く。

日曜日、ユーチューブで過去の映像を見まくる。面白くて、笑って元気は出るのだけど、

全然仕事がはかどりませんでしたとさ。

憂い指数が上がる。

受験生の娘にもちゃんと見ろと言ってしまう(ばか)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »