« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

新幹線

日曜日は夫婦で福岡へ。

自分は勉強会なので、朝一6時7分の新幹線でないと間に合わない。何を思ったのか?今回は奥さんも同行。気分転換かな〜と。

周りの先生方も「奥さん同行」で来られているケースが最近は良くある。

そんな習慣は全然なかったので

福岡のスターバックスで、女性連れのH先生を見かけた時は、少しドキドキしたが、えらい自然体なので側に行くと

「奥さんだった」

もう一人の若い方は、子供さんだった。

妄想癖の修正が必要。

新幹線で1時間半で福岡へ行けるのことと、なんか割引カードを持っているのがケチンボの奥さんの行動を変えたらしい。

「グリーンを取れば?」

「いくら?」

「1500円かな?」

「高い!!」

新しい新幹線のグリーン車に乗ってみたかったのだけど、却下。

2011年8月30日 (火)

管理

まあ笑う位に苦手。

大昔からパソコンのパスワードは、ひとつに統一している。自分に出来る「管理」のレベルの限界。

「**n*****」を入力すると、全てにアクセス出来る。

他人から指定された「パスワード」は1000%、ある期間が経つと忘れてしまう。メモリーが極端に少ないのか?頭の中にウィルスがいるのかな?

覚えた気には、全然なれない(全てそうなんだけど)

知識の管理もグジャグジャ。何度も同じ過ちを繰り返す。

ばかだな〜

人の管理はレベルが上がる。

管理と書くと「?」な響きもあるが、院長として苦手だな〜では心もとない。

最近やっと気づく。

自分の管理から、先ずは行う。

管理不能な院長に管理される方は、大変だと思う。苦手をまずは言い訳にしない。

2011年8月29日 (月)

模型分析 ん〜

スタッフの子供さんに矯正装置をセット

がんばれS君!!

治療内容は大まかに理解をしている。経験値もかなり上がっていると思う。レントゲン資料、顔写真の分析も、慣れてきた。あとは、、

模型分析の重い腰を上げる。

子供さんの矯正は、かなりの確率で顎を拡大する。床矯正は、100%絶対にしない(ムーは除く ムーも初期の拡大装置として考えている)

固定式の装置で拡大を行う。トラブルは全てこっち持ちにしている。

拡大するので、模型分析を少しさぼり気味だった。

ちょうど良い機会だったので、S君の模型をスキャナーで取り込み、PCで分析を行う。

「ん〜2期治療はいらんのとちゃうかな?」

Y先生のアドバイス。

インプラントや咬合や顎関節症や総入れ歯や、難症例をこの人は上手かな〜?と思う人に聞く時に参考にするのが

「ん〜」の響き。

めんどくさい模型分析をこなして、良い「ん〜」を目指す。

2011年8月28日 (日)

お筆先

3時に医院に入る。

30分位してから「SECOM」から毎回電話が入る。警報解除してから入ってるから、この確認方法で良いとは思うが、、

一度解除せずに入ってみようかなと思うが、、、、

久しぶりのまとめ書き。今は水曜日の早朝。

FMからは、昔懐かしい(と思う)洋楽が流れている

まとめ書きの時は、この状態が多い。頭を空っぽにできる。一個書ければ、あとは惰性でのんびりと書ける。

書けない時の状態を考える。

頭の余裕が無いか、真面目な事を書こうとすると行き詰まる。批判的なこともかな?

ぼんやりと「お筆先」の状態が一番楽。

誤字脱字が多い時は大概「お筆先」の時。見直せよと思うが、まあ良いかとも思う。

2011年8月27日 (土)

小さな事

朝の散歩コースの途中に患者さんのお家がある。早朝、挨拶を交わす事がまれにある。

四つ角に危険物の集積所コーナーがある。

「メチャクチャな出し方をする」

目につくので、困っていらっしゃてたそう。

何でも散らかってると、きにかかる性分なそう。

奥さんに「そんな事せんでも良いのに」「誰が散らかしてるのかも分からんのに」と言われながらも、整理をされていたそうな。

「きちんと奥から順番に積み上げる」

しばらく続けておられたら、、、、

「最近、きちんとゴミが奥から並べられるようになりました」

ニコニコされながら言われた。

「もうちょっとだけどね」

2月くらいから、小さな事をちゃんとしようと、少しネジを巻き直した。小さな事なので、難しくはない。

そして、、

小さな事のなで、「手を抜く」のも難しくはない。

そして、、、

手を抜くからといって、悪い人ではない。

2011年8月26日 (金)

とうふ

晩ご飯に、丸ごとたべる。

大きめの豆腐を買ってきて、皿にごん!と載せるだけ。大きくて固いので高くなるように載せる。安定はよい。

ビルの解体を思いながら食べる。

最初のうちは楽しいが、嫌になる位の大きさ。途中から敗戦処理の気分。

敗戦処理の気分を引きづって、布団に入る。少食を目指してるんだけど、少し間違ってる気もする。だけど、、

次の日の目覚めは良い。

目が覚める時は夢の中から毎回起きる。考え込む夢の時は、朝っぱらから頭を回しだす。面白い夢の時は、、

続きを見ようと、目を閉じる。

100%で速攻で二度寝が出来る。

2011年8月25日 (木)

方向音痴

日曜日の午後、矯正の研修会を終えて鹿児島に帰るかどうかを迷っていた。

子供達は、塾で遅くなるとの事。自分の疲れもたまってるし。

「山道を使って鹿児島に帰れたらよしとしよう」

高速を使って、いつも鹿児島に向かうのだけど、大体こっちの方かなと思う山道に車を突っ込む。

走って10分で不安が募る。

田舎の山道なので、交差点?ごとに毎回小さな立て看板があるが、どれもこれも集落の名前しか書かれていない。

「鹿児島」「空港」などの表示は無い。

何て読むのかも?分からない地名しか書かれてない。地元の人には便利なんだろうが、地元の人はそもそも表示は要らないと思うが。

太陽の向きを指針に車を走らせるが、段々日は傾きだす。

不安の勝ち

何となく見知った地名の書いてある方にハンドルを切る。

「へー」と思う道路に横から登場。

負けっぱなし(誰に?)はしゃくだったので、帰りの途中にあった「ニトリ」で衣装箱と洋服を効率よく吊るすやつを買う。

方向音痴のつじつまを合わせた気分。

2011年8月24日 (水)

カウンセリング

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩み等に対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(counselor)、相談員と呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、来談者と呼ぶ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/カウンセリング

以前も書いたが、矯正のお話に関しては、自分が患者さんがはけてから夜に行う。

他の治療は、落としどころも沢山あるし、変更もある。先ずはベテランのスタッフに任せる事にしている。

矯正は落としどころは、少し誤差は出るが、より高みを目指す方針に変わりはない。「変更」もアクシデント以外は、想定内の範囲に終わらせる。

資料を、コツコツ。

最近人手が足りず。資料取りを二回に分ける事が多い。お概ね後悔する事になる。ぐっと我慢して、きちんと一回で終わらせる方が良い。

心の狭い自分はつい易きに流される。殆どの人はそうだと思うが、、、

Uさんは、心はのんびりと仕事はテキパキとこなす。後回しにしない。

反省と感謝

2011年8月23日 (火)

ナンバーディスプレー

月額300円要る。

かかってきた相手の電話番号を表示するもの。医院の電話には必要ないだろうと。そもそも、携帯では当たり前の機能が、「なんで?300円」とケチンボ精神も働いていた。


「院長電話を代わって下さい」

お昼休みにスタッフから。

暑い時期になると?変な輩が出てくる。

趣味嗜好は人それぞれだな〜と感心してる場合ではないので、、

ナンバーディスプレーを。

非通知表時でかかってくるはずなので、対策にはならないんだけど

受付のMさんに尋ねると、ちょくちょくはかかってきてるとの事。

犯人が、このブログを見てるとは思っていないけど、もし見てたら。

「やめて下さい」


2011年8月22日 (月)

プチ断食

あんまり疲れてるので、、、

一日食を抜く。

固形物を口にしない。お水は沢山飲む。

日曜日は矯正の研修会なので家に帰れない。タイミングや良し。土曜日のお昼を喫茶店で食べてスタート。

日曜日は朝早く起きて、ウォーキングをして、資料をまとめて、研修会を受けて、夕方に、食べる。

復食を、きちんとすれば(玄米粥やすまし汁など)もっと効果的なんだろうけど。月曜日の朝は、少し疲れがとれてる気がする。

昔は、浴びるように「栄養ドリンク」を飲んでいた。疲れてなくても飲んでたような気がする。

あまりな不摂生を埋めるために、飲んでいた。

本格的な食のコントロールに参考にする本が、これ

416mjvmm3el_bo2204203200_pisitbstic


2011年8月21日 (日)

日曜の朝

FMで、二つ宗教団体がスポンサーの番組がある。

ぼんやりと聞きながら、今日の症例相談をまとめる。

良い話を聞きながら、症例をまとめる。良い話を聞いてるからと言って、症例にあんまり効果はでない(当たり前か?)

まれに、説明後物凄くお褒めの言葉を戴く場合がある。

「知りませんでした〜」
「よく解りました〜」
「頑張って治療をします」

ご批判覚悟で書くが、高確率で来院されない。「良い話」は上手く伝わらなかったみたい。最近は少し見分けがつくようになった。ご本人に悪気はないのも。

ラジオでは「良い話」が熱のこもった調子で流れている。

一般向きには作ってないんだな〜と。

土岐朝子さんに、音楽を変える。


2011年8月20日 (土)

トイレ

朝4時に医院に。

裏口から入ると、待ち合い室がほんのり明るい。

トイレのデンキを消し忘れ。

水曜日と金曜日は、早く終わる。今の時期結構明るいのでつい消し忘れ。誰が?

最後に帰ったのは自分でした。

土曜日の早朝は5時からオンザウェイジャーナルをFMで聞く。

パソコンしながらの、ながら聞き。

結構面白いので、つい手が停まる。効率悪し。

受験生の長男もラジオにはまってる。真面目にしろよ!と思うが自分も昔はそうだったので強く言えない。

深夜放送のある番組を、リアルタイムで聞いて、録音したものを1週間聞き続けていた。

録音するなら、早く寝ろよと思うが、電波状態が悪い上に、おんぼろラジカセだったので、起きてアンテナを微調整し続けないと行けなかった。

金曜日の授業は捨てていた。

修学旅行で東京に行った時に、ラジカセも持って行った。

ぼろい旅館のロビーで物凄く綺麗な放送に異常に嬉しかった(当たり前か)

大学は、東京(TBS)か福岡(FBS)以外は考えなくなった。

2011年8月19日 (金)

前歯

少しずつ、前歯の位置が変わってくる。

初診時の大昔のスライドを引っ張りだす。入れ歯の裏打ちは繰り返しは行ったけど、使用出来ているし、新しく傷んだ歯も無い。

定期的にお掃除に来られていたけど、数年来院が途絶えていた。右の顎の痛みで来院された。ジタバタしてたら、何となく顎は良くなってきた。

「?」と思ったら、前歯の位置が少しずつ変わってきている。何となく告げるとご本人も気づかれていたみたいで(当たり前か?)

「前歯なんか抜けてしまえば良い」と言われる、

そうも行かないので、治療計画を立てて、説明する事になる。

高額な治療も含まれる事になる。

ご批判覚悟で書くが、「しんどいけど、楽しそう」

2011年8月18日 (木)

味覚

大掛かりの治療を終えた患者さんが、定期検診に来られる。

噛み合わせも何となく上手くいっている。

嬉しい。

何か変わった事は無いですか?と自信満々でお尋ねする。

「味覚が戻りました」

またひとつ、当たり前の事に気づかされる。口や顎関節が来院されてるわけではない。人間が来ている。

「食べ物が美味しくなかったのが、一番嫌でした」

初診の時点では聞きとれなかった。

反省

つい、歯科医目線で資料を集める。診断する。評価する。

「歯磨き頑張ります、歯肉を切るのは待ってもらえませんか?」

夕方の患者さん。仕上がりばかりに目が行っていた事を反省。必要な処置とは今も思っているけど、

「2週間頑張ってみてね」とお答えする。

2011年8月17日 (水)

確実に自分を変えていく方法

お盆休みの間に、2回読む。

先ずは、ノンカフェインのコーヒーに替える。

ご批判覚悟で書くが、啓発本のほとんどは同じ事を書いてあると思う。切り口が少しずつ違うだけかなと思う。自分に合う切り口だったのだろう。

「?」と腑に落ちなかった部分が解消される。

41twp7ffdhl_sl500_aa300_

久しぶりの啓発本。

刺激が無いと、長続きしない。

しばらくは机の上に置く。

2011年8月16日 (火)

おやすみ

お盆の間更新をさぼる。

いつもなら、まとめ書きをしてお茶を濁すのだけど。

バッテリーがゼロ。なぜか?ネットに他の場所で繋がらないので、医院でないと更新出来ない。

お盆休みを利用して、バッテリー交換にお店に行く。

「インターネーットに繋がれていました?」

「はい、無線で」

有線のポートが壊れているとの事。バッテリーもすっからかんになって6ヶ月以上経っている。

「完璧にバッテリーがおかしいのですが?」

「はい!そう思います」

不便だなと思うと、不便を改善せずに慣れる方を選択してしまう。

結果として、更なる不便を引き寄せる。

仕事では、そうならないように踏ん張る。

今日はインプラント研修会の月例の日。朝は出る気満々なのだけど、、、

今日は出ます。出るぞ!

2011年8月12日 (金)

南蛮漬け

自宅に帰ると、まともな晩ご飯がわたる。

ご飯に、みそ汁に、南蛮漬けに、漬け物に、サラダに、テレビを見ながら、おしゃべりしながら食べる。気のせいかも知れないけど、、、

翌朝の目覚めが違う。エンジンのかかりが違う。

「ん〜」と

今年の予定が大幅に変更される予感。少しジタバタする。地味な事を見直してコツコツとジタバタする。

毎晩、自宅でご飯を食べる!

地味だけど、強力な目標。

「感情は自分ではない」

2011年8月11日 (木)

HP

スタッフ旅行を申し込む。

ホテルの選択をHPで行う。「ここが良いかな?」と軽く決めたところで、申し込みまで済ます(Mさんに感謝)

自分としては珍しくテキパキしてて偉いな〜

ガイドブックを買ってきて、おさらいをすると、、、

「速攻で変更を決める」

ある意味上手に作ってあるHPだったなと、逆に関心する。旅慣れしてる人には、リピーターには向いているだろうけど。

突貫スケジュールな上に、人間の限界を試すような「遊びっぷり」の当院のスタッフには向いていない。

熟考したつもりだったけど、慣れない熟考、自分なりの熟考。

仕事でも注意しないといけない。

2011年8月10日 (水)

10年前

小さなレントゲンでお口の中全体を10枚でとる。

結構重宝する。当院の小さなレントゲンは、昔ながらの現像方法。デジタル化はしていない。手間も管理も大変。

スタッフに感謝。

ご批判覚悟で書く。

予約の患者さんを優先する。フラリと来られた方には待ってもらう。痛みありとの事だけど、10年前のレントゲンと比べると虫歯ではない。

様子を見ましょうという事になる。

上手く伝わらなかったのか?受付でトラブルらしい雰囲気。

痛みがあると、判断力も上手く回らない。

と患者さんの所為にばかりはしてはいけない。

忙しかったりすると、こちらも上手く判断力が回らなかったと反省。

最近読んだ本に書いてあった。

「心の字幕を読みましょう」

字幕を読むには、、冷静と集中。

2011年8月 9日 (火)

のびた

8月7日は長男の誕生日。

のびたくんと同じ。

フィクションの中の人物とはいえ、のびたくん。

ケーキはスラムダンクの仙道の似顔絵が描いてある。結構似ていて、何かおかしい。

近所のケーキ屋さんに注文。ここのスタッフは、経営者らしき方を除いて、全員女性。テキパキとした仕事ぶりに、良い雰囲気。

美味しい。

食事の帰りに楽器屋さんに寄る。

ウクレレを買う。

ちぐはぐな8月が続く。

2011年8月 6日 (土)

9月まで

終礼。「今日の良かった出来事」を皆でそれぞれ一個話す。

毎回「へー」と単純に思う。

思いのほか(自分だけ?)院内では色んなことが起きてるんだなと毎回再確認。

口が来院されてるのではない、人が来院されてる。

「**さんが9月末までの予約をされました」

長期にわたる治療内容をお話しした。いつものざっくりした話し方を少し押さえて、丁寧に話した。

上手く伝わって良かった。

朝礼や終礼は地味だけど、スタッフ(自分含む)にも良い事だと思う。

2011年8月 5日 (金)

矯正分析ソフト

スタッフのお子さんが、少し歯並びがおかしい。

素人(失礼な言い方かな?)であれば、様子見が第一選択肢だと思う。

撮影したセファロをスタッフが、さっさと分析ソフトで起こす。ご主人が少し歯並びが悪いとの事。お母さんはテキパキしている。

may be extcase(抜歯が必要) の表示。

「さてと、様子見をどう続けるか?」に関心が移る。

昨日は、大人の方に急速拡大装置をセット。夕方に様子見の電話。

つつがなく進む事を切に祈る。

2011年8月 4日 (木)

院内旅行

今年も11月に予定。

去年はギリギリで申し込んだのでホテル確保に四苦八苦した。

ソウル駅の側の少し不便なところに、やっとこさ全員分の部屋を確保。少し冷や汗が出た。

「今年はどこが良い?」と先ずは尋ねる事に。いつも勝手に場所も日程も決めていた。

「ディズニーシーが良いらしい」

他に無いかな?とあれこれ調べる。基本は大雑把なので、動きだしだけでも今年は良くしようと、オバカ院長。

11月3日出発予定。

日焼けして帰ってくる予感。

2011年8月 3日 (水)

天気雨

五十市駅に朝の7時に着く。

天気雨が降っている。少しはぬれるかな〜と言う程度。傘は無い。「ん〜」と思っていたら、、

振り返ると畑の向こうに、虹が出ている。

簡単に機嫌が良くなって、濡れながら医院に向かう。

2011年8月 2日 (火)

不自然さ

最近自分の不自然さによく気づく。

「サイン」が出るから。

不自然な行いをするとサインとして、、「医院が壊れる」

パソコンがへそを曲げたり、機械室のバキュームがふてくされたり。

普段起きない事が、必ず起きる。少し笑う。

へそを曲げたり、ふてくされたリなので、機械的な解決法はない(ホントか?)と思っている。

自分の不自然さを軌道修正。

悪かった、ごめんねとパソコンに話しかける。

動きだす。

神様に感謝。

不自然に傾かないようにするのが8月からの目標、今年一杯は続けてみる。幸い練習にはちょうど良い出来事を用意している。

2011年8月 1日 (月)

人徳

歯科衛生士学校オープンキャンパスの説明会を当院のMさんが行う。

資料が無くては困ろうと自分が作る。

プレゼンをしてきて出たご意見が「医院の写真や院内で働いてる写真」を追加との事。

最初に作る時「医院を消そう」と思った。

公なところでの発表なので、自院のアピールになるような部分を無くす。

一般論としての「歯科衛生士の仕事と可能性」をメインに作成した。

リアルに当院で働いている雰囲気が欲しいとの事。「結婚後も続けられる事もいれて欲しい」とのこと。

全然オッケー。

知り合いのN先生のスタッフは、院長より年上が3名。開業以来のスタッフが3名残っておられた。

院長の人徳が大きな部分を占めてるとは思うが、一番大きいのは、、

「開業当初からの医院の方向性がぶれてない」

医院の作りにはっきり出ている。技術や知識は変化しても、「方向性は変化無し」

ぶれないとこも、院長の人徳なんだけどね。

翻って当院は?

やっとこさ方針が固まりかけてるかな〜と。一番古いスタッフは受付のMさんとチーフのUさん2人とも17年位かな?

技術や知識(もどき)に振り回されて、コロコロ変わる院長の気まぐれ方針(宣言無しの)に寄り添っていただいて。

感謝

今日から8月。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »