« 大雨 | トップページ | セカンドオピニオン »

2011年6月14日 (火)

県の集まり

仕事を早めに切り上げて、県の集まりへむかう。

5時半の特急に乗ると良さげな時間につける。そんな時に限って、、

香ばしい患者さんが詰まる。時間が迫る。

慌てない。

自分の治療の変化を見るのは、「ン〜」となる。そんな時、患者さんから「良く保った」とお褒めの言葉を戴くと安心する。

真面目に接していた患者さんからは、そう言ってもらえる事が多い。

真面目に接するしかないよな〜と頭の中で理解。理解を1週間無理矢理続けると少しだけ腑に落ちるそうな。

香ばしい患者さんが並んだチェアーを見て、頑張るしかないな〜と達観する。

« 大雨 | トップページ | セカンドオピニオン »