« つばめ | トップページ | コーヒー »

2011年4月19日 (火)

ニューロマスキラー 浮気

5月22日に鹿児島で「ニューロマスキラー」咬合理論の先生方のグループとジョイント講演会が行われる。当方はシロナソを使った「機能咬合論」

末席で発表。

日曜日に早起きして症例をまとめ中。少しでも早くしておかないと、鉄板で冷や汗をかく事になる。今回は,少し「おおやけ感」が強い。いつもの雰囲気を封印しないと皆に迷惑がかかる。

早朝の冴えた?頭でまとめに入るが、、、、

過去にまとめた症例集が見つからない。バラバラの資料は残してあるはずだけど、何処にあるのか探す気にもなれない。症例集として発表できる形でまとめたものを、どこにやったのか?

マックの検索機能に本当に助けられる。

「こんなとこにいたんだね〜」とマックと会話が始まる。

ニューロマスキラーはK−7と言う器械で顎位を決定する。福岡のI先生が主催を努められているKKC(九州筋肉倶楽部)の先生方との合同発表会。

目指す方向が同じなので実現できた発表会かなと思う。顎位はほんに、まとまりにくい。

大昔、K−7に浮気心が湧いた時もあった。

「これさえあれば」の思い。

今は「これさえあれば」が「これがあれば」に変わってきている。

もう少しお金を稼いだら色んな「これ」を買いたいな〜と夢見がちになる。

浮気心は生来のもの。

« つばめ | トップページ | コーヒー »