« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

散歩

休日の朝。太陽が昇ったので,散歩に出かける。

今から出かけると、鉄橋を渡る列車を見る事が出来る。

少し作戦が遅れるな〜と思いながら今日は歩き出す予定。歩きかえった頃には、リセットできてる。ホントに単純。

患者さんにも,少しだけ歩く事をお勧めしている。上手く表現できないけど、姿勢や顔の写真を撮っていると,説明に少し便利。

以前は,説明にあんまり利用していなかった。趣味の範囲で撮影していたようなとこがある。最近はスタッフも説明が出来るように,少しずつお話をしている。

来月の今頃は,CTも来てる。30日は午後をつぶして,スタッフに慣れてもらう。変わったソフトを入れるので,少し慣れが必要。

矯正用のソフトも入れる。こちらも慣れが必要。

説明する事が沢山になりすぎてる気もする。「ん〜」スタッフお願い。

2011年4月29日 (金)

神様

早起きして医院へ。

ある集まりのメンバーが変わったのでメーリングリストの変更を行う。パスワードを院内メーリングリストと同じに設定している。

「ん〜」何か不安だけど、上手くいったので良しとする。

i-Padが発売になる。早起きしたのは今日からネットでも購入できるとの事から。

欲しいのだけど,多分便利さを享受するには「知識」がゼロ。院内でインターネットの無線LANを組んでいるが、、、

「パスワード」を失念。

院長室のi-Macはネットにつなげない状態。このままではi-Padも。

この手のものを買うと、必ず神様が意地悪をする。苦手な分野で起きる事は,神様の意地悪と考える事にしている。相手が神様なので,逆らわない。

黙々とジタバタする。

仕事をしてると思う。「なぜこんなトラブルが??」

慣れてない、不案内な分野では,思いもよらないトラブルがやってくる。

神様が仕掛けてるとしか思えない。

仕掛けられないようにするには、、、上手になるしかない。上手になると「変なトラブル」は消える。そして神様は新しい変なトラブル(課題?)を準備してくれる。

迷惑なような、ありがたいような。

2011年4月28日 (木)

腰痛

腰が痛いな〜と思っていたら、本格的に痛い。

久しぶりに腰痛。

学生の頃「歯科医になれるかな?」と思うくらいの腰痛持ちだった。体のあちこちがおかしかった。胸も腕も肩も背中も首も足も。

多分,頭のバランスも。

爺さんの整体師?らしき人に、一瞬で治してもらってから、かなり経つ。

感謝

体と噛み合わせの関係を素直に取り入れられた理由は、自分がおかしかったから。霧が晴れたように治った?から。

大昔、体をメインにした歯科治療の研修会に神戸に通った。新幹線で新神戸駅に降りる。徒歩で10分位の所。

「どんな人が研修に来てるんだろう?」と周りの人に受講した理由を聞いてみると、、

ほとんどが、「自分がおかしい」の人だった。健康な?受講生は自分を含めて2名だけ。本人もさることながら,身内に凄い人がいる人もいた。

相互実習を行う。「自分が悪かった」ので物凄く教え方が熱心で丁寧。お人柄がその人が良かったからかも知れないけど。東京のコースに行った時も

「良い人ばかり」

何となく,何となく,今でも後ろ髪を少し引かれる。

あと10年経って、目が弱くなったらもう一度受講してみたいな〜と

それまでその研修会が続いてるかどうかが問題。

2011年4月27日 (水)

バスケット

長男の練習試合を見に行く。

「見に来ないと,もうすぐ終わるよ」とのこと

上手になると見に来て欲しいみたい。日曜日に見に行くと、、

膝をいわしていて,ベンチ。まったくと、、、

コート脇に置かれた椅子で観戦。みんな、本当に一生懸命に走り回っている。躍動感が伝わってくる。ライブで見ると頭の中に入る所が全然違う。

頭の中でこねくり回す事を恥ずかしくさえ思う。

ミニバス経験者がゼロだった今の3年生。ほんの数ヶ月前の試合はグダグダだったけど、練習の成果、コーチの指導、チームとしてのやる気、個人の努力、色んな事を全部やったおかげで、強くなっている。

くじ運は相変わらず少し微妙に弱いらしいが。

「大人は、もっとしっかりしないといかん」

「偉そうな事は言えないな」

モチベーションが揚がる。

感謝。

試合が終わって、外に出ると「アホな中学生」にすぐに戻る。

それもありかな

2011年4月26日 (火)

タイプ分け

CHPのタイプ分けを、歯科業者のKさんとOさんにしてもらう。

物凄く数値が近似してる。タイプが似てるとか言う段階ではない。何となく「へー」2人が良いコンビなのが何となく頷ける。

どうしてこういう結果だと思いますか?と聞くと

「一応、社会人でもまれてますから」との答え。「バランスを考えて行動してますから」とも

異常に偏った結果の自分に少し反省。世の中生きてくのに障害が多いだろうな〜と予測がつく結果。何か大人としてダメだな〜。

ミーティングで久しぶりに使った、タイプ分けテスト。過去の時とスタッフ皆少しずつ変化してるそうな。タイプは不変ではないみたい。若干の揺らぎはある。

自分も過去と比べてみると、、、

増々,尖ってきている。

なにがなんだか


2011年4月25日 (月)

月1ミーティング

MさんにいつものCHPの話をしてもらう。テーマは、、、

「ささやき」

特に代わったテクニックでもないが、効果は抜群!というかこれしかない。

「やせろ」と言われてやせれるなら,そもそも太っていない。患者さんの中には長期間になるな〜と診断がつく人がいる。

上手な説明も必要だけど、最初に「ささやく」

患者さんの頭の中に「?」が灯ってから「説明」に入る。そのささやきも,タイプやタイミングを考えて,言葉を選んで。

短い時間の中で、説明してくれるMさんに感謝。

説明してくれる一番の理由は、、、

「ささやき」を実践してるから。効果を知っているから。

後半は,新しい総入れ歯の印象の取り方。モデルはお掃除に来てくれてる、Kさん。80歳。フルデンチャー。車は当然紅葉マークだけど、、、

ギアはミッション。

受付のMさんに印象を採ってもらう。

どうして?何でも上手にこなせるんだろうMさんは。取れた印象をみて、皆が驚く。

2011年4月24日 (日)

CT決まる

悩み?続けてようやく決まる。

最後の最後の提案(水曜日)に即決で乗る。

「待てば海路の日吉ミミ」

あんだけ悩んで,決めるのは一瞬。

セファロもパノラマもバージョンアップ。過去のデーターも全部移行できる。

チェアーごとのパソコン,メインのパソコン、サーバーも全部新品になる。レセコンとのリンクもオッケー。

被爆量も思っていたようなコントロールが出来る(ホントに嬉しい)

なにより、、、

チェアーサイドでもCT画像が見れる。

化け物3D画像も見れる。

撮影範囲も若干だけど広がる。

お金(借金)を余らして借金返済(?)と思ったのだけど、いつもの「まあいいか」で乗り切る。

あとは自分の頭の中のソフトをバージョンアップする。

色んな面でね

2011年4月23日 (土)

反省

コミュニケーション不足を反省

後手に回る傾向を反省

反省しても同じ事を繰り返す事を反省

頭で分かっていても、ブログには知ったかぶりな事をかいても、振り返ると上手く行動できてない。

昨日は会の集まり。夜道をトボトボ歩いて帰りながら、、、

反省

歩きながら、知恵を絞る。

良い案が浮かぶ。

絶対に続けます。

2011年4月22日 (金)

未来ちゃん

待ち合い室用に買った写真集。

「未来ちゃん」川島小鳥

写真集も良いもんだな〜と再確認。


47_3

女性の受けが良い。

写真集なので、どこから読んでも?良いし、目が少々悪くても見れる。

何で知ったのかは忘れたけど、眺めてるだけで、のんびりする。元気も出る。
写真をクリックして下さい 画像が大きくなります。


178400x267


2011年4月21日 (木)

几帳面

「苦手な分野」だからこそ上手くいくと、かえって物凄く嬉しい。

嫌な事をこなすのが一番だな〜と単純に思う。

3月を過ぎて4月になると結構問題が起きてくる。苦手な分野も多いけど、上手くいった時の事を考えて、少しネジを巻く。決してケツをまくらない。

土日の研修会を技工士さんに代わってもらった。入れ歯作りの技工部分の講義と実習のプログラムに入った事が理由かな。

前回自分が行った時は、場所も日時もお金も,何にも考えずに福岡に行った。福岡に着いてから、ハタと気づいてあちこち、ポケットをまさぐって,お金の確認をした。サウナのパソコンで場所を確認した。ホテルもそこで調べた。

技工士さんは、早め早めに準備をされる。

感謝

性格の違いは,行動も考えも違う。自分の尺度で計ってはいけないな〜と。

今回の技工士さんのホテルは早めに予約を入れてある。懇親会の会場のすぐ側のホテル。人の事だと,少しだけ几帳面になれる。

自分にも几帳面になれよ。


2011年4月20日 (水)

コーヒー

今も日曜の朝

考えをまとめる時には、布団の中より座位、座位より立位、立位より、、、、

歩く。

コナンくんもホームズも金田一くんも、ソクラテスもプラトンも(古い)うろうろ歩き回る事で頭を別な次元に活性化していた。

考えつくには、うろうろ歩くかな?

早く起きていつもの散歩を40分、ウォームアップは十分。資料をまとめながら,無理矢理狭い院内をうろうろ歩き回る。好調に考えがまとまるが、、、

コーヒーを2回こぼす。

考えつくには、もうひとつ。とりあえず手をつける。

手をつけないと始まらない。

あとは寝かす。

浅知恵なので、寝かすのも必要。

第3者に見せる。

2011年4月19日 (火)

ニューロマスキラー 浮気

5月22日に鹿児島で「ニューロマスキラー」咬合理論の先生方のグループとジョイント講演会が行われる。当方はシロナソを使った「機能咬合論」

末席で発表。

日曜日に早起きして症例をまとめ中。少しでも早くしておかないと、鉄板で冷や汗をかく事になる。今回は,少し「おおやけ感」が強い。いつもの雰囲気を封印しないと皆に迷惑がかかる。

早朝の冴えた?頭でまとめに入るが、、、、

過去にまとめた症例集が見つからない。バラバラの資料は残してあるはずだけど、何処にあるのか探す気にもなれない。症例集として発表できる形でまとめたものを、どこにやったのか?

マックの検索機能に本当に助けられる。

「こんなとこにいたんだね〜」とマックと会話が始まる。

ニューロマスキラーはK−7と言う器械で顎位を決定する。福岡のI先生が主催を努められているKKC(九州筋肉倶楽部)の先生方との合同発表会。

目指す方向が同じなので実現できた発表会かなと思う。顎位はほんに、まとまりにくい。

大昔、K−7に浮気心が湧いた時もあった。

「これさえあれば」の思い。

今は「これさえあれば」が「これがあれば」に変わってきている。

もう少しお金を稼いだら色んな「これ」を買いたいな〜と夢見がちになる。

浮気心は生来のもの。

2011年4月18日 (月)

つばめ

この時期になると書くネタ

つばめが着た。

本当に毎年巣を落下させて、やきもきさせてくれるツバメがやって来た。寿命がどのくらなのか?知らないけど,少なくとも開院当時のツバメではないと思う。

代々当院を目指して、南の海からはるばるやってくるつがいのツバメ。

感謝

玄関先をフンだらけにしてくれるが、来るなとも言えない、それよりも嬉しい。

1年だけ来ない時があった。何か忘れられたような気がして、

「巣が落ちる事を心配しなくてよかったね」と強がりを言っていた。

去年は落下防止に巣が出来上がってヒナが孵ってから、巣のすぐ下に箱を設置した。見ていると巣を作りにくそうなので、脚立を出して撤去を行う。

また大仕事をやった充実感。

この積み重ねが、不精を改善してくれる。


2011年4月17日 (日)

電球

自宅で使っているスタンドは長女のお下がり。

あちこちシールが張ってある、なぜか?名前も書いてある(意味不明)

スタンドの首の部分が「グラグラ」重しを置いてないと倒れてくる。オンボロだけど使っている。電球が切れたので買いにいく。ついでに待合室の切れてる電球も。

順番が逆だろうと少し思う。

切れてた電球の交換は明かりが点いた瞬間、物凄く大きな仕事をやった気がする。精神的に良い。

あちこち電球が切れんかな〜とさえ思う。

2011年4月16日 (土)

DVD鑑賞

矯正研修会のDVDが宮崎のM先生から送られてきた。

感謝

受講生の人数分を毎回録画して送ってくださる。M先生が不在の時には、スタッフの方が録画に来られる。

感謝2

今回は前半部分で自分の症例発表があった。そこだけ,先ずは見てみる。

「ん〜」練習しようと

声がおかしいのは,仕方ないとしても、資料を作成したのがちょい前だったので、しゃべりと上手く連動していない。

事前にちゃんと見とけよと、反省。

客観的に見てみると、、良い症例だな〜と。

少し自画自賛。

2011年4月15日 (金)

迷った末に

CTがほぼ決まった。

元の鞘に納まった、第一印象の所に戻ったのかな?時間の無駄とは思わない。こんなに迷って買い物をした経験は貴重。

「すぐに決めない」という選択肢もあるんだと。

「迷ってもしょうがない」と短絡的に小さな脳みそですぐに結論を出していた。「考えてもしょうがない」に近かったかも。

面倒くさがり。

お金の工面を先に終わらせたので、余裕があったのも良かったかな?

「お金があればな〜」と無理な?仮定を前提に考えだすと、決まらない。お金を先に決めたので逆に慎重に具体的に考える事ができた。

日程を連休前と決めたのも,行動を起こすのに良い刺激になって良かった。

少し大人になった気分。

結局自分は「人から」買うんだと再認識。

患者さんもそうなはず。

2011年4月14日 (木)

藤田紘一郎先生

「お口の健康フェスティバル」が都城北諸歯科医師会の開催で6月4日にある。

学術理事の仕事は、、、

講演会の講師の先生を見つける事。

徒手空拳 何にも手がかりは無い。涙目になってパソコンをいじる。株式会社システムブレーン http://www.sbrain.co.jpというサイトに当る。

「藤田紘一郎先生」に講師依頼をお願いできる事になる。狐にほっぺをつままれながら,安堵する。

資料を送ったと案内メールが来るが,中々届かない。震災の影響か?もしくは,、、、普通のダイレクトメールだと思って。

いつもの様に捨ててしまったか?

整理整頓を意識して、何でもかんでもパッと見て捨てるようにしたら,最近加速して大事な物まで捨てることがある。見つからないと思って、ゴミ箱をあさるたんびに,ビックリする程大事な別な物が出てくる。

でも大丈夫なはず。

パンフやチラシ公共機関の広報誌、色々と締め切りが迫る。

早く届かないかな〜

講演会が本当に楽しみ。こんな気持ちになった事は初めて。絶対に会場を満杯にするぞと心に誓う。チラシに少し工夫を施す。

2011年4月13日 (水)

天使のウィンク

「よしスケールを買う」

起きしなに気合いを入れる。水と混ぜて使う物が歯科には多い。「擦り切り3杯」の表現が大好きなんだけど、そうも言ってられない状況に。ちゃんと計測して使う。

入れ歯を真面目に作る(どう?)

講師の先生は,「コスト」の事を言われる。良く聞くと対時間のコストの話。材料代をケチる訳ではない。手間を惜しむ訳ではない。

入れ歯に関しては、調整が一番コストパフォーマンスが悪い。

幸い上手くいって入るけど,まれに調整の患者さんが来ると、「ん〜」と

もう少し上手になろう。先ずはグラムを正確に量ろうかなと。

ハンズマンに向かう車の中でかかっているのは、「天使のウィンク」http://ja.wikipedia.org/wiki/テンションをフルにあげて6時ちょい過ぎに、駐車場に飛びこむ。

開店は7時からみたい。

2011年4月12日 (火)

黄色い紙

以前も書いたが,ノートをきちんと取るのをあきらめた。その代わり黄色い紙に殴り書きして,48時間以内に見返す事にしている。

覚えたかどうかは定かではないけど、飽きずに出来るので重宝する。

土曜日は、自分は研修会の梯子だった。

スタッフとともに3時から4時過ぎまで、途中で抜けて矯正の研修会へと向かう。

矯正講師のY先生のお元気な姿を見て安心。

症例相談をしてもらう。準備してくれたOさんに

感謝

準備してもらっているので,ちゃんと聞かないとと思う。少しベクトルは間違ってる気もするけど,自分のためにだけだと,つい手を抜く癖がある。

来年は海外で研修会を行うかもとの話。

こう言う事で単純にテンションが揚がる。

目の前の人参は美味しい物がいい。

2011年4月11日 (月)

鳥肌

土日,歯科衛生士さんと研修会。参加してくれて、、

感謝

当院の治療方針を理解してもらうための研修会。治療方針なので漠然として説明が上手く行かない。大上段に振りかぶっての説明は、自分には良く出来ない。

研修会の講師という立場であれば、言いにくい事も言ってもらえる。

感謝

講師の先生の所に勤務されてる歯科衛生士の方も講義をされた。

感想を帰りに車の中で聞くと

「物凄く良かったです」
「鳥肌が立ちました」

鳥肌は、辺縁系の脳に届かないと起きない。

感謝

治療方針なので、知識レベルだけだとやはりブレが出る。深い感情レベルまでしみ込まないと方針を変えるのはしんどい作業になる。

午後からの症例発表での講師の先生方のコメントを聞くとそう思う。

自分は感情が動かんな〜と再確認。

2011年4月 9日 (土)

インビボデンタル

CT画像のソフト。

日本の代理店は福井にある,「安永コンピューターシステム会社」

木曜日の夜来ていただいて、実物を見せてもらう。

圧巻

今まで,簡単に処理した画像は見ていたけど、HPで見ていたけど、実際に専門家がいじると全然違う。一緒に見ていた歯科関係のSの方もAの方も、Tの方も,

息をのむ。

淡々と説明されるのが、かえって凄さに拍車をかける。

「全国で何個出ているんですか?」

「20件位です」

「え〜」と思う。

大概のメーカーのCTにも対応可能との事(一部不可)

矯正診断ソフトも見せてもらう。計測点を次々に器械が言ってくる。従って記入していくと最後にパーと資料が出てくる。

なんで?計測点を打つだけで診断表が出るのか不思議だったけど、仕組みが分かった。付属のソフトも面白そう。

器械の指示の声は「英語」それだけで,お洒落気分になる。

2011年4月 8日 (金)

一難さって

また一難と

さてと、どうしたものかなと思う案件が。これも院長の仕事かなと。

院長の仕事は,歯科治療だけではない。歯科治療だけに専念できた勤務の頃は,毎日笑っていたような記憶がある。当時のスタッフに、、

「何でいつも先生達は笑ってるんですか?」と尋ねられた。

朝から晩までいつも笑っていたらしい。

勤務医仲間も良い人だったし,院長も良い人だった。

でも今思うと、良い院長にかなりな負担をかけていたはずと。自分が院長になってから10年位してから反省。以前も書いたが,医院は院長でしか決まらない。陰も陽も。

月日は流れて因果が巡る。

人当たりに少し難がある。気分屋さんな面も多い。色々本を読んだりCDを聞いたりするが,中々達観できない。

生臭く悩む日々。

出来る事は「考えない事」まずは目の前の仕事に集中する。

2011年4月 7日 (木)

年金

1時間で熊本に着く。後30分で博多につく。早すぎるかなとも思う。熊本からは沢山人が乗って来る。

ここから先は車窓の景色が全然違う。

暗いか,白い壁か。

在来線の時はパソコンに飽きると,時々景色に目を移していた。心に残っているのが、たぶん大牟田駅の側の、、

「年金通り」と書かれた一杯飲みやさん街らしき、小さなアーケド。

スタッフの年金が満期になるまでは,頑張ろうと思うが、ほとほと体力の低下に気づきだす。お酒も控えているし、早寝だし、仕事時間もセーブしはじめたし、少食だし,朝は歩くし、

あとはジムと、、「煙草かな〜」

セブンスターが最近コンビニに置いていない。自販機にも当然入っていない。思いつきで軽いセブンスターを買ったけど、吸ってられない。

禁煙?ところが、、

医院の横は昔ながらのタバコ屋さん。入り口が引き戸。店の奥には食卓が見える。いつも線香の匂いがする。

セブンスターがどっさりある。

2011年4月 6日 (水)

高校生


福岡に向かう朝一番の新幹線

途中で高校生が乗ってきて通路をはさんんだ反対側にすわる。大きなスポーツバッグと坊主頭,いかつい体型。

席に着くとすぐにノートを取り出して,勉強が始まる。

鉛筆の持ち方が綺麗。

週刊実話とスポーツ新聞を読んでいなくてよかったなと。トイレに行く振りをして覗き込むと数学らしい。

えらいな〜と素直に感心。

子供の方が正しい振る舞いをする。規律慣れして身体になじむと個性も出てきて、下手な大人より立派。今携帯で大声でしゃべってる後ろのオッサンより遥かにまし。

規律からほど遠い学生生活のツケが、今の自分に影を落としている(逃げ口上)過去のせいにしてはいけないけど、隣りの高校生を見るとそう思う。

個性を制限する規律は必要。規律に負けない個性を持てば良い。

偉いぞ!!高校生と思ってまた見ると、鉛筆が止まっている。

「お眠」になられたみたい。

2011年4月 5日 (火)

サウナ

朝一番の新幹線のときは、必ずサウナによる。さっぱりして研修会に臨む。

サウナによると、毎回「グダグダしたい」気分になる。このまま朝ビールで焼き魚と新聞とテレビを見て、マッサージを受けて、焼きうどんとビール。アカスリ受けて、オニオンフライとビール。

身体を洗って,湯船に5分。すぐに出る事にしている。

サウナで渡される、ペロペロの上っ張りを着てしまうと、瞬間でリラックスモードに入る。当然周りも皆ペロペロを着ている。リラックスが倍増する。

無事に研修会は終わる。

帰り着いた鹿児島中央駅のホームで加治木のN先生にあう。別な福岡での研修会に参加されていたとの事。自分より少し年上。

まだまだ、頑張ろうと思う。

2011年4月 4日 (月)

口臭外来

土曜日の午後に口臭外来。1時に始めて終わったのは4時半。あんまり疲れはない。

上手くいった事に「安堵」

口臭は目に見えない,その上器械で測定できない事もある(ほとんどかな?)手持ちの口臭グッズは強力。あっという間にどんな口臭も「ゼロ」になる。

グッズさえ渡せば、問題解決?

そんな事は無い。元々無いもの(少ないもの)に不安を抱いての来院。不安を消すにはグッズだけでは役不足。

カウンセリングが主となる。これが何度やっても,色々気づかされてこちら側に役に立つ。「へー」と思う所が沢山ある。

今は福岡に向かう新幹線の中で更新中。行きの車中で1週間分まとめ書きの予定。

朝は頭が良く回る。

2011年4月 3日 (日)

カウンセリング

夜に矯正カウンセリング

6時過ぎに始まって、終わったのは8時過ぎ。良くしゃべったし,良く聞いた。ご夫婦で小さなお子さん連れで来られた。遺漏の無い様に心がける。

仕事と子育ての邪魔にならないように。

細かな、説明書がそろそろ必要な次期なのかな?

矯正自体は単純なケースなのだけど、少しトラップが。それも初めてのトラップ。「ん〜」と思いながらも、、、ついつい足が前に進む。

出会いのタイミングを改善するためにも、一仕事の必要性を感じる。

来週は矯正研修会が宮崎である。Y先生を始め皆のご意見もちゃんと聞く。矯正に関しては「数は力」と角栄ばりに思う。

なにより数のおかげで、患者さんへの説明もスムーズ。

スタートはもちろん演繹だけど、途中を支えるのは帰納。

雀のような頭で考える。

2011年4月 2日 (土)

委員のお願い

理事になったので,会員の先生方に委員のお願いの電話をかける。

お仕事中にスイマセン。

会員は多いのだけど,高齢化?で実際に動く人数は限られている。理事どおしでパイの奪い合いになる。それでも、調整が上手くいかないので、会員の先生方は委員の掛け持ちになる。

掛け持ちオッケーのパイの先生方(?)に電話口で感謝。

3人は決まった、後2名なんだけど。

朝から人選を考える。

お願いが苦手。というか「押し」が弱い。ついつい,引いてしまう。

引いてばかりでは、相撲じゃないけど、上手くいかないケースもある。ここは「突き押しだ!」と決心した時には、土俵際状態の事が多い。

「押し」に慣れてない上に余裕が無い。

だから「押し」の上手な人を見ると「いいな〜」と、尊敬する。良く観察すると、「引いては押し」な感じで、「強引に押しっぱなし」では無いような。

理事をまた受けたのも、心地よく引いて押されたから。

心地良い「押し」、、 按摩か?

2011年4月 1日 (金)

銀行の人

借り入れを始める。品物も決まっていないの、借りいれ。現物は無いのに一回目の支払い日が迫る。

「ばか」「ばか」

何でこんなに揺らぐんだろう?と考えてみる。目的が二つあるからかなと。その目的によって値段差が物凄い事になる。大雑把に金額差を考えて決めるしかないかなと、いつもの癖が出る。

お世話になった銀行の方の治療が終わる。帰り際に少しお話。

「***な点も気にかけられたら良いと思います」

ドンブリ体質。何処を切っても「ドンブリ」血液型も「ドンブリ型」

ドンブリofドンブリ

少しずつは改善しようと心がけている。

お金にだけ「ドンブリ」では無いはず。行動全てがドンブリなはずなので、全てにおいて「ドンブリっぽい」事を改める。

机の上を毎日、綺麗にする事から始める。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »