« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

セカンドオピニオン

知り合いの先生が2名、アメリカの学会に行かれているとの事。

ワシントンだって、、、

ホテルか靴屋さんしか行った事がない。ワシントン。心のモチベーション箱の隅っこに入れておこう。

子供さんのセカンドオピニオンの患者さん。「矯正で抜歯でしょうか?」との事。レントゲンを見ると6番(最初に生える大人の奥歯)がない。

治療方針で色々あるだろうけど、、、

「6番がありませんね〜」

「え?!」

矯正を少し真面目に取り組み直そうと!決めた2月。

最後の最後の日に、爆弾を引き寄せる。

2011年2月27日 (日)

研修会

土日と技工士さんと研修会に参加。

感謝

当院の治療方針と同じ内容の研修会。行ってる事は普段の臨床でやってる事なんだけど。第三者からきちんと聞く事で、頭の中の落としどころに変化が出ると期待してのお出かけ。

凡人なので,どうしても高尚な(?)態度が板につかない。

ついつい易きに流される。

毎回地べたをウロウロ。

幸い仕事が嫌いでは無いので、ジタバタと定期的に空を飛ぼうとする。滞空時間を長くするため高度を上げるためにも、こまめに良いものに触れて、テンションならぬ,モチベーションをあげる。

「経験のある事」「好きな事」「得意な事」「喜ばれる事」「時流に乗ってる事」

この五つの要素を,満たしている事が大事なそうな。

歯科治療は,五つの要素を満たしていると思う。

2011年2月26日 (土)

バラン 17年

近所のスーパーに買い物に、抱えた買い物かごには大安売りの冷凍食品がてんこ盛り。

小さなお酒コーナーに行くと手書きの紙で「ブランデー処分」の張り紙、2列しかないビンの並びにあったのが、、

「バランの17年」

値札も書いてない。そもそもブランデーではないし。

不憫

一番奥にビンを移しかえて、ダッシュで家にお金を取りに帰る。

最近マッコリばっかり、飲みながら週刊現代やスポーツ新聞を読んでいたけど、部屋の照明をダウンライトだけにして,スタンドを引っ張り出してくる。

バランの17年に合わせて,真面目な本を読む。タイトルは、、、

「2014年 日本国破産 海外編」

お洒落気分を味わう??

2011年2月25日 (金)

リベース

入れ歯の内面の裏打ちの事。

ゆるくなった入れ歯に歯茎とのわずかな隙間を埋める事。

昨日は施設の方に行う。いきなり手を合わせられるので,気合いが入る。技工士さんと2人で乗り込んでの処置。

多分上手くいった。

食事をされてみないと分からないけど,「あっかんべー」をされても下の入れ歯は動かない。

入れ歯の事でよくS先生と話す。

「また方法を変えたんよ」

ニコニコされながら、お話しされる。

「また」という所に入れ歯のむずかしさがあるな〜と。

来月から,入れ歯の研修会に行く予定。「必要かな〜〜」と心のどこかでささやき声が聞こえる。六ヶ月に渡るコース。

「今の方法でも良いんじゃないの」
「打率10割は無理だよ」

将来の布石と思って行く事に。

あれこれ悩むより、上手な人のまねをする方が性に合ってる。時間もないし。


2011年2月24日 (木)

大丸

お世話になっていた都城大丸の方から,お葉書を戴く。

事件直後には,いつもお願いしていたお中元とお歳暮の送付先リストも送っていただいた。

感謝

「ん〜」と考えさせられる。

色んな所が,ゆで上がり始めるのかな?毎日目の前の事に追われて,大局を見る事がない、考える事もない。

仕事が終わると、鼻歌を歌いながら自宅に帰る。焼酎のお湯割りを飲む。スポーツ新聞を読む。8時過ぎにはお布団に入っている。

何か変えないとねと思ていたら。

知り合いの先生から一昨日の朝、偶然会った道ばたで本をもらう。

「あげる,読んでみて」

ご自分が読むはずだった新刊だと思う。手にされていた2冊のうちの一冊。本の中には、各種チラシが入ったまんま。

突然の事に「ありがとうございます」を言い忘れた気がする。

2011年2月23日 (水)

向き不向き

向き不向き

「芸人には,才能、努力,運、全部が大事」

「でもね、向き不向きが一番かな?」

と何かの本で萩本欽一さんが言っていた。単純に「へー」本人が全然気づかない面。周りも気づかない。何より、対処の仕方が分からない。

「困った分類だな〜」と心のどこかに引っかかっていた。

今朝のFMで

「向き不向きよりも、、前向き」

また単純に「へー」

向いてるかどうかは、最後にならないと分からないし。気づかないまま終わるかもしれない,それも良しかな。

苦手な事にまた対処する事になる。「向いてない」自覚がタップリ。でもまあいいかと「前向き」に

2011年2月22日 (火)

代打

鹿児島の研修会に参加させていただいてる。紹介者のN先生に、、、

感謝

当番で今期は連絡係になる。前任者の踏襲で穏便に済ませる予定だったけど,いきなり3月の発表者のH先生が当日やむ負えない事情で都合が悪いとの事。

日程変更か?発表者の代打か?

日程調整は年度末という事もあり、忙しい先生方も多いので「ん〜」。シビアーに突っ込まれる研修会なので、下準備が要る。代打のおねがいも「ん〜」

自分がするのかな〜と今日明日で決める。

せっかくの発表機会なので、少しでも良いもの?をと考える。テーマを絞る。

後一ヶ月、ねつ造がらみで仕上げるかな???

2011年2月21日 (月)

みなおし

患者さんに当院を選ばれた理由を聞く。

「HPでここかな〜」

久しぶりに内容を見返してみる。言行不一致な反省点が。

5年前に勢いで作ったHP。真面目に文章の推敲(誤字脱字のチェックレベル)もやった。あの頃と少し治療方針が変わってきている。方法も変わってきている。何となく方向性も変わってきているような。

「未来授業」朝のFMでシリーズで流されていた番組、養老孟司さんの話の中で、、

「意識なんて、当てにならない」

「だって一日一度は意識を失うのだから」

タイミングよく聞いて、何となく「へー」


2011年2月20日 (日)

個性

歯の根っこの治療(素人さんに分かりやすく表現)を変えた。

歯科治療で一番ベーシックな治療でさえ、この程度の認識だったのか?と。でもこの程度の認識でも、労力さえ惜しまなければ好結果は得られていたけど。

夕方に粘るのは、症状が出ていない歯に治療を進めるのは、正直しんどいな〜(しない訳ではない)と感じだすお年頃になっていた。

今回変えた方法考え方は、手間が減る訳ではない、コストも今まで以上に増える。労力は明らかに減る。何より好結果が増える。安心感が増える。

患者さんが知らないところでね。

一番ベーシックな治療を見直すことで、引きずられるように、、、

他の治療も真面目に見直そう!

良いタイミングで、別の良い人に会う。極端から極端へ走り始める予感。

スタッフは大変かな?

裁量権を大幅にスタッフに渡している。例えば,歯石取りの回数方法は、スタッフが決める事になっている。患者さんにも説明している。

概ね好結果上手く回っているが。極端に走りかけてる目で見直すと、、

個性が出始めてるかな〜と、ぼんやり気づき出す。

軋轢を生まないように修正を計る。

2011年2月19日 (土)

EDTA

歯科治療のチェアーがある。カタログを見ながら少し真面目に考えていていたら、ふと思いついたのが、、

この椅子が自動車と同じ値段?????

どう考えても、自動車の方が,精巧で頑丈で大きい。さて?この値段は正当なものなのかな??

流通や需要など条件が違うので一概には、語れないだろうけど。「これがプリウスと一緒?」とは思えない。こういう仕組みも,そのうちに痛いしっぺ返しが起きると思う。

安かろう,悪かろうでは困るが,高かろう悪かろうな部分もある歯科材料。

EDTAという歯の治療に必要な材料がある。中身は一緒でルートを変えると、

値段が20分の1位になる。

2011年2月18日 (金)

矯正ブログ

当院のHPに矯正中の患者さんにお願いしてブログの書き込みをしていただている。

感謝

今は3名の方が,稼働中。

今年春には、矯正のHPも作成する。院内で患者さん説明に使えるものにしようと思っている。作るのは良いのだけど、その後の更新が怠け癖がついて上手く行かない。

最初はやる気満々なんだけど、ついつい。

良い方法はないかな〜と自分の仕事を減らす方向で考えると、、

患者さんに書き込んでもらうのが、自分への縛りにもなって良いかな?

質問や疑問や不安が出れば、必ず消さないと行けない。

歯科医の頭の中で考えた,ありきたりのケースよりも、患者さんの感情のこもったケースの方が,こちらも勉強になる。

前歯がすいている患者さん。「閉じて下さい」とのこと。

矯正の説明をして,納得いただいてから、装置をつける。つけ終わって鏡をお見せすると、、

「あれ?まだひらいていますよ」

何を説明したかではない、どう伝わっているかが,大事。

2011年2月17日 (木)

DVD鑑賞

寝る前にDVD鑑賞 タイトルは、、

「球速アップ、これで三振が取れる」

馬鹿だな〜と思いながら、見始めるが、最初の5分で寝てしまう。

腰の具合はあれこれ中途半端にしてるので、フリーズする事は無くなった。良い方になくななったのか?悪い方でなくなったのかは、判断つかず。

寝ぼけた頭の中で、見たDVDの最初の部分。

「速い球を投げるには、速く腕を振るのではない」

何となく意味は分かるが、難しい(50過ぎて何を言ってるのかな?)

治療も同じ、目先の事ばかりを追うと、毎回追い続けないといけなくなる。お気楽に追い続けるように、もしくは知らないうちに、追ってるようにならないと。

つい立ち止まる。後退したりする。

改善は必要だけど、知らないうちに改善するシステムに入る。

それにはね、、

2011年2月16日 (水)

話を聞く

よく話を聞く事にしている。

治療に関しての話は別にどうでも良いけど。身の回りの事なんかを患者さんに聞いてね!とスタッフにお願いしている。そして、、、

自分でもそう努めている。

ああ。これなんだな〜と

御縁で当院に来られている訳なので、御縁を大切にと思うと、治療だけでは済まない事がある。何より治療をスムーズに進めるためにも。

御縁を大切にする。

そうはいっても、、、

「腐れ縁?」と思う事もしばしば。

人間が出来てない。

2011年2月15日 (火)

雪の散歩

久しぶりに朝歩く。

火山灰がふってる時、その後の舞っている時には、とてもじゃないけど外で何かするのは無理だった。

小雪の中をニコニコしながら歩く、コースの途中の公園にはさすがに人影が少ない。それでもご夫婦らしい方が3組。ジョギングの人が一人。

元気な人がより元気になるために、、、

色々いらん事を考えるが、歩いていると全部が浅知恵に思えて来る。そのうち鼻歌を歌いながら、歩く事だけに集中して来る。

医院に帰ると、何を考えていたのかさえ忘れてしまっている。

脳みそのリセットには、歩くのが向いているらしい。


2011年2月14日 (月)

朝のファミレス

少し寝る姿勢を変えたら、体調が戻ったのかな?

久しぶりに朝のファミレスへ。

早すぎたのか?誰もいない。店員さんさえいない。しばらく入り口で待っていたけど、仕方がないので勝手に座る。隅っこに座ったせいで、出てきた店員さんにしばらく気づかれない。

ドリンクバーだけ。

しばらくすると、相変わらず香ばしい人達が集まって来るが、点在して座る。思い白い話に聞き耳を立てる事が出来ない。少し残念だけど、、

集中して仕事に手をつける。時計を気にせずに、一段落するまで。

一段落して外を見ると小雪がちらついている。

出がけに、時計を見ると6時半。

90分がリズムなのかな?


2011年2月13日 (日)

下準備

土日は鹿児島でN先生の研修会&実習

下ごしらえを、せっせと行う。実習には抜いてしまった歯が、必要なのだけど当院は全部捨てているので、S先生から戴く。

感謝

朝早く起きて(早く寝てるのだけど)広報誌のまとめをちょっとして、下準備をして、資料のまとめをして、と真面目な休日を過ごしていると電話が鳴る。

「患者さんを診てもらいたいんですけど」

よく行く施設の方から電話

「今日はお昼はあいていますか?」

いつもお昼休みに行く事にしてるのでの、質問とは思う。

「今日は休日ですが」と答えると、、、

「私は働いているので」

「?」な気持ちを少し抑えて、お話をする。

ちょうど良い気分転換になったと、前向きに考えて列車の時間までもうひと頑張り。

2011年2月12日 (土)

目移り

新しもの好き とも言える。

症例発表で一個目を作ると、昔はすぐに飽きが来ていた。みかえす事もせず。いざ発表となるとグタグタになる。

ある研修会で、きちんと発表する場を戴いてから、少し推敲するようになった。

色んな物が見えて来る。ちょっとだけ考える。またすぐ飽きるので、ノートを持ち歩いて、色んな空き時間に見直す癖をつけている。

残念な事に一番目につくのは、資料の不備。

デジカメに移行してから、写真を自分で撮らなくなった。扱い方さえ分からないくらいに、きっぱりと撮らなくなった。

昔はスライドだったんで、一枚の単価もかかるし、量もかさばる、シャッターを切る回数を極力減らす。それには正確に撮る。自分で撮る。

症例をぼんやり見ながら、資料を集めながら、まだ大丈夫かな?

上手になるべき要素がまだまだてんこ盛りで残っている。

そこで、目移りが始まる。

3月から新しい研修会に参加予約。人気の高い研修会なので、予約は半年前に口頭で行った。案内を見るともう、満員御礼の文字が。

この目移りは正しいのか?

新しい高額機械を購入しようとしている。結構追いつめられる金額。

この目移りは正しいのか?

2011年2月11日 (金)

ポッキー

朝礼で職場の教養を読む。

当番を決めて読んで行く。

良い事が書いてある。毎回これほどの良い事をしゃべり続けようと思うと大変。その点では便利この上ないのだけど、、

院長自身が効果薄す。ていうか、

さっき良い話を聞いてるのに真逆の行動を簡単に反射の様にとっていたりする。バカじゃなかろか?と反省する前に気づけよ。

困った、本当に困っている。

この前の飲み会で、男性の更年期で話が盛り上がる。ある程度の数だけ男性にも更年期があるらしい。症状が重いと生活に関わるとの事。

「精神的なきっかけで治るらしい」とT先生の弁。

周りを見渡すと、更年期っぽい人はいないような気がする。という事は、自分の番?今の状態は更年期の所為かな???更年期が悪いの??

これも、更年期のせいにしようとしている、情けない心の現れ。

とりあえず、お昼から反省して心を落ち着ける。

まずはポッキーのCMを見る。簡単に笑う。

2011年2月10日 (木)

火山灰

矯正の本読み会を終えてご褒美に、久しぶりに飲みに出る。

「口蹄疫の時より、参りました」

行きつけのお店のマスターの言葉。

確かにあの火山灰では、飲みに出るほうがどうかしてると思う。

「少し危機感を感じました」

入ったお店は、カウンターは満席状態。危機は乗り越えてるようで、嬉しい。

風向きが変われば、灰の影響は無くなるけど、新たな被害地が増える事に変わりはない。ここは神頼みかなと思っていると、知り合いの方のメールで、、

「宮崎神宮では今月中に県の主だった組織を含む3000人規模で火山や鳥インフルなどを含めた厄払いの集いをする」

とのこと。


2011年2月 9日 (水)

変わる

終礼で、患者さんの気づいた事を一言お願いしている。

「Yくんが歯科医院に慣れてきて良かったです」

確かに、そう。入るのさえ嫌がっていたのに、6番ディスキングして生える方向を修正して、急速拡大で上顎を整えて、前歯を後ろから押して、今は前方牽引中。

最後は、全体にワイヤーを掛ける事になる。

最初の状態を考えると天と地の開きがある。

スタッフが子供を励ましている。

ここは役割分担かなと思う。女性にはかなわない。何が何でもしないといけないという心持ちだけは表現したけど。それでも、変えたのはスタッフかな?

正しいから変わるなら、世の中デブはいない。

2011年2月 8日 (火)

不調

マックが不調

目を離すと突然応答しなくなる。今まで編集してきたものが

「パー」

タイミングも何も無いので、困る。バッテリーも充電できなくなっている。今の電気残量は

「0%」

ノートなのに、、持ち運びしやすいデスクトップ扱い。変な事が続く。

これも日頃の暮らし向きの現れ。マックが自分から壊れるのではない。暮らし向きを少し修正しようと、今日はちょっとだけ早く布団から出てきた。

寒い医院でレセプトのチェック。これも昨日の夜には済ませておくはずだったのに!

暮らし向きも、思いつきで、行き当たりばったりで、三日坊主で変えるよりは、少し大人なんだから、計画性と強い意志が欲しい。

計画性を考えるのに、よい出来事が起きる。

2011年2月 7日 (月)

退院

Y先生の退院が決まる。

心よりお祝い申し上げます。

土日は福岡で噛み合わせの研修会。発表のスライドにCTの画面が流れる。

欲しくてたまらんけど、一番高価なやつなのでちょっと手が出ない。二日間の研修会で少し頭を使う。帰りの列車の中でも、ビールと週刊実話を片手に少し頭を使う。

混沌としている(?)噛み合わせ。

混沌という表現は如何なものか?と思うが、木曜日に合った発表会でその感を強めていた時。タイミングよく整理がつく。

整理したものを身につけるには、反復練習が自分には必要。

すぐに忘れる。

フラフラする。

2011年2月 5日 (土)

交わり

どんな本にも「良い人」と交わりましょう。と書いてある。自分より少しでも、かなりでも、上の人と交わるようにしましょう。

元々が出不精なので、交わるも何も無いが、それでもまれに集まり等に参加すると、、、

「ホントなんだな」と思う事を結構経験する。

自分でそう思いこんでるだけかも知れないけど。微妙な良い事、悪い事の起こる確立が変わる気がする。物凄いことが起きれば、分かりやすいんだろうが、神様はそうは問屋を降ろさない。

という事は、、、

普段目にするもの、雑誌、新聞、書籍、ネット、メール、でも、良いものと触れてる事が必要なのかな?と思いかけながら、、、

「2ちゃんねる」を開いてるパソコンの横には、スポーツ新聞が散らかっている。

身体に悪いもの(食べ物)身体に悪い事(睡眠、煙草、運動不足)には、気づいて努力して改善に勤めるが、心に悪い事には、思いのほかに頓着がない。

そう言えば最近と思い当たる節が。

2011年2月 3日 (木)

喜 怒哀楽

ピンチの対処法の話し合いで、痛感したのは「個人差がモロに出る」

自分が全て正しいとは思わない。

立場を聞いてみると「へーそうなんだ」と合点のいく事も多い。「じゃあこれもありかな」と再考するチャンスになる。他人の意見を聞いてのベクトルの修正は、大人になって、賢くなった気がして、嫌いでは無いが、、、、、

「万が一」「遠い将来」「〜な可能性もゼロではない」

こう言う枕が、注釈がつくご意見には、自分が単純すぎるのかもしれないが?

「考え過ぎでは??」と

枕や注釈がつく意見には、大抵は「結論はついて来ない」事が多い。そして対応する意見が出ても、更なる「万が一」を掘り起こし、遠い未来を想定して、ゼロへ近づく要素を提案される。

「正義の話」と何処が違うのか?沢山頭を使う(感情は使わない)

「喜 怒哀楽」 感情は仕事に関しては「喜」だけを使う。と受け売りを書く。

2011年2月 2日 (水)

宮崎臨床矯正研究会

というのに入っている。

昨日は2ヶ月に一度の例会。M先生が準備して下さっていた玄米を美味しく戴く。

感謝

明日は市郡の勉強会、次の日は、鹿児島で勉強会、次の日は月一ミーティング。

忙しく2月が始まる。

以前も書いたが、年度替わりは2月3日が最後。年末に大雑把に来年の目標を立てたけど、3日の夜には、具体的な目標に仕上げる。目標の項目に矯正が含まれる。

矯正の研修会は、集まってるお人柄がよくて、のんびりする上に役に立つ。そして、、

お人柄が良い中にも人それぞれだな〜と

今回、会としてのピンチが訪れる。ピンチに対する反応は本当に人それぞれ。あんまりかけ離れると、逆に興味深く聞いてしまう。

聞いていて確信したのは、技術力を上げるかな?

ピンチの後にチャンスあり。

単なるピンチとして思っては申し訳ない。もっと上手になろうと思った夜でした。

矯正に関しては良い目標を立てられそう。

2011年2月 1日 (火)

口腔ケアー

月に一回、施設で口腔ケアーのお話をする。

もう一年以上続いてる。講師料として、お金をもらう。握りしめて、セブンイレブンに帰りによってスタッフのお菓子を買う。

講師料が、県の予算から支払われるシステムになるという話を聞いた。

額も3倍のなるので少しニコニコしていたら、、、

立ち消えになった。というより、消し去られた??

何が何だかな?展開らしい。

世の中って?と義憤を感じる。

間違った事をしてると感じないのかな〜とある意味、興味深くさえある。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »