« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

研修会

無事に土日の研修会がおわる。

夜の懇親会で朝、昼、夜、と何も食べてないところに、アルコールをいれて少し体調をおかしくする。一番は楽しみにしていた、サッカーを見損ねる。

目が覚めると、、枕元にMr.ドーナッツの10個入りの箱が、中を開けるといくつか、齧らている。覚えていないのが悲しい。

朝、ホテルで待ち合わせをしていたH先生に、ドーナッツの箱を持っている事に、怪訝な表情をされる。

研修会は、パワーアップしてるよな〜と今回はひしひしと思う。

講師が思うようでは、如何なものか?との面もあるが。事実だからしょうがない。

少しでもお役に立てるように、真面目にやろうと、ネジを巻く。

しばらくは、ネジを巻ききる。

2011年1月30日 (日)

禁煙

お世話になりっぱなしの先生が、体調をくずされた。

切に切に、心よりの早い回復を祈る。

早くよくなられるようにフルパワーで念じる。

今から禁煙。

2011年1月29日 (土)

約束

倫理法人会のカレンダーの標語

出来ない約束はしない

第三者にする約束はもちろんだけど、自分自身にする約束も違えない。そもそも約束を破らないには、、、

出来ない約束をしない

そうは言っても、少し無理目の約束を自分に課す事は必要なこともある。ルーティーンの約束は簡単だけど習慣を変えるものなので、つい破りがちになる。

いつ破ったかも分からない事が多いので、具体的に書く。

トイレの電気を消す スリッパをはく 蛇口をちゃんとしめる ゴミを拾う シャツを重ねて脱がない

小学生レベルの目標?をまあまあ出来るようになった。少しだけ上の目標に切り替えるよていなのだけど、、

最近仕事が終わると、すぐに寝てしまう。

昔は早起きして仕事をしてたのに、寒さ負けして、グズグズの固まりになっている。

愚図になった瞬間に仕事の事を忘れる性格。

やはり紙に書かないと、目につくとこに置いとかないと。

法則は昔から変わらないんだなと再確認。

2011年1月28日 (金)

灰まみれ 歯車

土日の研修会は、遠方から来られる方も。JRと高速の不通で少しトラブル。

変なことが起きるな〜

それでもつつがなく進む事を祈る。都城にドカ灰がふった日の朝は、鹿児島中央駅のホームで「列車は運休です」のアナウンスを聞いていた。

すぐに家に帰って、車で帰る。幸い高速は通じていたので、事なきを得る。

以前ヨーロッパ(大雑把)でインプラントの大会があった時、アイスランドの火山噴火が重なって、帰ってくるのに四苦八苦した。との話を複数の方から聞いた。

「大変そうだな〜」と思う前に「楽しそう〜」と

ピンチは困らない方だけど、ジワリと来る精神的な痛手に弱い。

歯車を狂わしてしまう。

久しぶりに、歯車が音を立てている。早く油を注さないとと分かっている。土日の研修会は本当に良い先生方の集まり。

交わるだけで、弱った部分が回復する。

月曜には歯車がサクサクと回るようになっています。

2011年1月27日 (木)

サッカー

夜中に久しぶりにサッカーを見る。

終わるまで一喜一憂しないこったなと思った試合だった。指の隙間からPKを見るぐらい、久しぶりに堪能したかな?

翌日眠いかなと思ったら、結構スッキリしている、朝のニュースでもう一度見たのが良かったのかも。単純で笑う。元気が出ると、良いことが起きる。

久しぶりに来られた患者さんに書けた言葉は、、

「安定しましたか?」

来たくても来れないときはある。強力な優先順位が出て来ると、治療は中断しても全然構わないとおもっている。

優先順位を聴きだしてくれるスタッフに感謝。

2011年1月26日 (水)

思考は現実化する 15章

「思考は現実化する」をフォトリーディングで読む。必要な事はこれかな?というレベルで頭には入るようにする。使うのはその後の自分任せ。ノウハウ本ではないので、啓蒙されればまずは良しする。

ホントに読んで良かったなと思うが、、、

少し笑うところがあった。公共の出版物としてはかなり時代錯誤な(1937年初版)今だと総すかんを食らうような内容。

立ち読みだけでもしてみられると良いと思う(男性限定)

第15章

最後に上手くまとめたつもりだろうけど、破綻してないか?

フォトリーヂングで読んだので、自分の心には響いていない事をここに誓う。なにより、この本の素晴らしさを損なうほどではない。

2011年1月25日 (火)

学級閉鎖?

スタッフの子供さんが相次いでインフルエンザに

学級閉鎖?目前の医院状態。

自分自身はかかった事が無い。風邪も引かない。

寒気がするぞ?おかしいな?と思ったら、昔はバクバク食べて(キャベツ、豚肉、みかん)すぐ寝る。次の日の朝は、布団を蹴っ飛ばしてる寝相で目が覚める。

という事も昔話に。

今はおかしいなと思ったら、生姜湯を飲んで、ビタミンCを採って、お腹に負担をかけないようにして寝る。

とりあえず寝る事には今も昔も変わりはない。

昨日の夜は、そんな予感がしていたけどパソコン仕事。途中で診療チェアーで少し横になって休憩していたら、爆睡してしまう。目が覚めて、、

「こんなにだらしないとは!!」

時計を見ると10時。

家に帰って仕切り直してすぐに床につく。

目が覚めると8時。

ホントによく寝る。

身長が伸びるのかな?

2011年1月24日 (月)

思考は現実化する

啓蒙書の中で、ロングセラーで名著の部類に入るのかも。以前知り合いの先生にセミナーに誘われた事もあった。

名著とか聞くと天の邪鬼が働いて手をつけず。

土曜日の夕方、買い物袋をブラブラさせながら本屋さんへ、立ち読みをしていたら、買う気になる。原因は、、

「思考は現実化する」は邦題。横に赤字で書いてあった原題。

Think and Grow Rich

ストレートな言い回しに笑みがこぼれる。

「Rich」は豊かと思う。中に書いてるエピソードは「お金」に直結しているものがおおいけど、お金だけに特化しているのではないと、あちこちで書きんである。

よし!読もうと7時半に布団の中で準備万端。速攻で眠ってしまう。目が覚めたのは、次の日の9時半。

14時間もよく寝たな〜と

Grow Richには距離感がありすぎ。

今日(日曜日)はお昼から、矯正のY先生に来ていただいて、患者さん相談を行う。お手伝いに来てくれるKさんに感謝。つつがなくスムーズに終わる。

感謝

4時の列車で鹿児島に向かう。少しモチベーションが揚がっている。こんな時に読むと頭の中に残る。

頭の中に残りさえすればと老眼鏡を探す。

2011年1月23日 (日)

Unsatisfied

中学生の女の子

「奥歯が痛いんです」

レントゲンを撮るが、虫歯は無い。お口の中を見せていただいても、虫歯は無い。お母さんと来院。

スタッフが問診票を取っている。読んでみると、、、

「塾の授業中、何時間もガムを噛んでいたら、痛くなって、しみる感じがする」
「受験があるので痛くなると困る」

Unsatisfied(病的ではないが、患者が不満に感じている状態)

虫歯に関しては病的ではないというより、Optimal(理想的な状態)

お口を開けてみてと言うと、、

思いっきり左に引かれる、ガクッともなる。噛み合わせ(顎関節、歯列を含む)に関しては、、

Acceptable(許容範囲の状態)
Problem(問題のある状態)

どちらに診断するか、患者の事情や希望は関係ない。治療計画の時に反映させれば良い。

今読んでる本の受け売り。第2章までしか読んでないが、「良い本だな〜」の予感。

「では、予防歯科の話をしようか」(大野純一著)

予備知識無く注文。送られてきた時に、あまりに薄くて小さくて、「これで2600円は高くね?」とケチンボ気分が湧いたけど。

今は、寝坊して乗った特急の中、また第1章から読んでいる

2011年1月22日 (土)

DVD鑑賞 (M田先生に感謝)

研修会の模様をM先生が毎回録画して受講生の方全員に配布して下さっている。

最敬礼で感謝。

今週は、寝るまでの間にお湯割り片手に、まとめ見をした(すぐに見ずにすいません)

ほぼ出席している。画面には右側の前の席に座った後ろ姿が写っている。毎回同じところに座るな〜と感心する。何編か見てみると、メンバーのほとんどが、会場が変わっても同じ位置に座っている(気がする)

少なくとも、自分とS先生は後ろから見て右側の前から2番目当たりが多い。左に座る事は無い。

なんとなく「へー」と思いながらDVD鑑賞

欠席している時のDVDより、出席している時の方が悲しいけど役に立つ。

講義内容は教科書やテキストにそった段階は、既に過ぎている(多分)毎回の講義は、エッセンスやエピソード。無数にある個別の事例の勘所。

刷り込み残し?があるな〜と再確認。

頭の中への刷り込み残しは、1知識がレベルに達していない 2刷り込む努力不足 3忘れっぽい が原因かな?

物凄く大事なところの「刷り込み残し」を確認。

少しビックリした。なんで?刷り込み残したんだろうと少し感動すら覚える。今年の目標は、強力な忘れっぽさに対抗手段をこうじるだった、頭の中でだけ計画書は出来ていたんだけど、、、

踏ん切りがついた。

2011年1月20日 (木)

セミナー

昨日の夜は歯科医師会が開催するセミナーに出る。テーマは障害児の方への歯科治療への対応。

宮崎市に専門のセンターが出来て10年弱が経つ。

そこの専属の歯科医師と歯科衛生士さんが講師。

たくさん「へー」をもらう。

歯科大学が無い地域には絶対に必要な機関。お二人のお人柄にも「へー」が沢山頭に灯る。

感謝

センター設立には沢山の苦労と「お金」が必要だったとはず。

公の機関から降りる、ひも付きのお金「予算」歯科医師会としては知恵を絞って、有効な使い方を役員の先生方は考えておられる。

無駄使いやましてや利権などが入る隙間は一ミリも無い。

何か?きな臭い騒動のお話を聞く。

昨日に続いての、お話。

最後は人なのかな?と情けないお話。

2011年1月19日 (水)

ちぐはぐ

国から予算が降りて、介護施設の方々に検診やブラッシング指導を行うシステムが宮崎県で出来上がる。素晴らしい計画だなと思った。

つもりだったけど、、、

予算って、ある条件を満たさないといけない。使い道を限定される。

仕方が無いとは思うけど、、、

あまりにも現実と乖離していると、、どうしようもない。

2月まで、毎週金曜日1時から2時まで施設に行って、口腔ケアーや検診を行う事に、衛生士さん3名と自分が乗り込む。

一回目が終わって、ケアーをのんびりと見ていたら。

やっぱり絶対必要だよねと痛感する。よし頑張ろう!と社会的に思うが、ボランティアでは、まちまちになるし、無理が出る。

そこに予算がついた!!と朗報のつもりが。

メチャクチャな縛りがかけてある。

それも、後から。

ある意味「へー」と感心さえする。

2011年1月18日 (火)

過冷却

水は0度で凍る、ある条件が整うと、水のままの状態を保つ。

過冷却
物質の相変化において、変化するべき温度以下でもその状態が変化しないでいる状態を指す。たとえば液体が凝固点(転移点)を過ぎて冷却されても固体化せず、液体の状態を保持する現象。水であれば摂氏零度以下でもなお凍結しない状態を指す。(ウィキペディアより)

冷凍庫から取り出したペットボトル。中身は水だけど、、

ちょっとした刺激であっという間に凍る。
http://www.google.co.jp/ig?rls=ig&hl=ja&source=iglk#max5

ヘーと色んな事を考える。

凍るはずなのに、静かに静かに水のまま。知らないふりして、このままの状態で上手くやり過ごせれば良いんだろうけど。自分一人なら、何にも考えなくて良いんだけど。

何か変だなと気づかないといけない。かといって、勢いだけで慌てて行動すると、物凄く困った事になる。

今日は業者の方と打ち合わせ。

思いっきり、勢いだけの打ち合わせ。

言行不一致

2011年1月17日 (月)

口臭外来

1月の土曜日は、口臭外来で埋まる。

実は少し困る。他の患者さんが診れないので、治療的にも経営的にも困る。

でも仕方が無いかな?と

先週は、初めて口臭グッズを出さなかった。検査結果の説明と原因を取り除く生活習慣だけで、納得いただいた。

プロフレッシュ(ClO製剤)を使用すれば、ものの見事に口臭は無くなる(数値的にだけど)最初の頃は面白くて、色んな患者さんに試した。

百発百中

面白みに欠けるので、飽きてしまった。

口臭外来の元は、カウンセリング。ここが上手くいかないと、効果はない。過去に色々戸惑った事も合ったけど、最近は調子が良い。

CHPのおかげかな?と

患者さんが帰りしなに「先生はロードを歌う人に似てるね」

これも、CHPの成果。

2011年1月16日 (日)

選挙

歯科医師会の会長選挙が行われる。当日は勉強会と重なっているので、不在者投票を申し込む。

立候補者のかたの公約?と言うか志みたいなものを読む。

若い頃なら、興味が無かったけど、良いお年頃になったのかスイスイと読む。もう一回読む。2回位読まないと、理解不能なおつむが、悲しい。

地場の老舗のデパートが1月4日にに急に閉店になった。

世の中の流れは変えられないのかな??とも思うが。いざ自分の身に関わる事だと、変えないといけないとも思い出す。

変えようと言う意欲のある人、段取りをつけられる人を選ぶ。

2011年1月15日 (土)

予演会

来週土日に行われるインプラント学会(鹿児島)で発表される先生方の予演会に参加する。

診療を早く終えて、歯科業者の「ササキ」のOさんに送ってもらう。

感謝

年をとってから?出不精が増々ひどくなる。宮崎で行われるインプラントの定例会には不参加続き。診療が終わった後に、何かかにか理由を付けておやすみ。

会場には、いつものメンバー(?)が揃う。

発表は素晴らしい3例。

久しぶりに、頭の中でネジが回る音がする。テンションはもちろんだけど、モチベーションも上がる症例を見せていただく。

感謝

発表できる状態までまとめるのに、徹夜もどきを繰り返されている。決められた時間の中で、遺漏無き様伝えるためには、工夫をされてる。

自分より年上。頭が下がる。

細かいところを、気づくにはシュミレーションや第3者の意見が必要なんだと再確認。小さな頭の中でこねくり回しても、限界がある。効率も悪い。

出不精を控えよう。

2011年1月14日 (金)

噛み合わせの治療

今年は自分の治療を勧めて行く。S先生にお願いしようと自分では決めている。どういう条件にするか?

自分の身体で、顎位の大切さを実感できるチャンス!

うれしいな〜とやる前から、思いっきり前向き。

つい説明不足になりがちな、噛み合わせの話。大事な事だと思うんだけど、、

同業者にさえ、上手に伝わらない?

スタッフにも温度差が出来始めている。

新人さん4名には、春先の「黒霧島会」という勉強会に出てもらう事をお約束。内容は当院と同じだけど、伝えようとする講師の方達の人柄が違う。

人柄で、伝わりかたは絶対に違う。

噛み合わせのHPの今月分の更新がまだ出来ていない。HPのような書き物は、少しお人柄を隠して臨む事が出来る。しなくちゃいけない!!!

三日坊主を徹底して繰り返す!と開き直り。

2011年1月13日 (木)

カレンダー

カレンダーは、3ヶ月がまとめてみれるやつ。去年購入して結構役にたった。

殴り書きなので、「?」と内容は分からないこともあるが、何か用事があるはずだ!と言うのは確認できる。

上半期の勉強会を手帳の方にまとめると、、、

「ふーん」

改めて見ると、ちょっと困るくらいな詰まりかた。最低限のもので、半分位の土日が埋まっている。

「あれと、これと」と頭の中で追加事項を考えると、大方の土日が埋まるか、、、

「ブッキング」が起こる。

今年は、大慌てをしないように管理する。

たまに、携帯やパソコンで管理している人を見かける。おしゃれなのがうらやましい。機能的かどうかは、後回し。

マックを何処でもネットでつなげるようにと買った端末が、都城では使い物にならない事が判明。

もう何処にやったのか?

2011年1月12日 (水)

梅ヶ淵

鹿児島市内の北の方にある神社。

学業成就を願って訪れる。

娘の引いたおみくじの中に、更に紙包みが入っている。開くと小さな金と銀とのお守りが、入っている。

神社の人に聞くと、、

「100に一つ位の割合であるみたいです」とのこと。

選ぼうと手探りしている時に、きちんと触れば(?)分かりそうな気もするが、してはいけない気もする。

御利益がありますように。

2011年1月11日 (火)

ラリー カールトン

学生時代の友人の年賀状に去年の10大ニュースが印刷されていた。家族の喜ばしい近況と並んで書いてあったのが

「ラリーカールトンとタク、マツモトの新譜」

今でも変わらず、音楽を聞いてるんだ〜と感慨深い。

年齢はいっこ違い。

学生の頃、彼のジェミニに乗せてもらった時に流れていたのは、、、

「歌曲」

「長距離を運転する時にぴったりなんです」

出来が違う。

年賀状を見て、久しぶりに思い返した言葉。

年始に偶然、NHKで「スコラ」という番組の再放送総集編を夜中に見る。坂本龍一さんが、音楽の色んな分野について、素人?向けに解説される番組。

口をあんぐりしながら、見入ってしまう。番組に参加している一般の学生(?)の方々の反応に、感服する。

「出来が違う」のオンパレード。

ウィキペディアの限界はここに或る。理論(もどきを含む)を口にする術にだけを身につけるのは、、、

やめにしようと。

2011年1月10日 (月)

ドア修理

待合室と繋がるドアが壊れて久しい。

姑息な修理を繰り返してきたけど、今年に入って本格修理に手を付ける。

駐車場も少しメチャクチャ。入り口の壊れかけているのは、仕方が無いけど、駐車の線が消えているのは言い訳が聞かない。

これにも、手を付ける。

客観的に、医院を眺める。

あちこち、見た目を今年は気をつける。本当に本当に、見た目を考えていない。おしゃれ8級程度の実力しかない。

ドアが壊れてるのは、おしゃれ以前の問題だけど。

治療用の椅子も今年は入れ替える。一番と二番目のぼろ椅子が交替させられるが、似たり寄ったりのぼろ加減。

ちょうど良い風に、違うところが壊れかけてる。

思いつきで動かないように、きちんと考える。

値切り交渉もちゃんとする(させる)

2011年1月 9日 (日)

クゥイント

U先生が、クゥイントと言う歯科雑誌に症例発表が載っている。コメントを寄せてる先生も、同じ勉強会の先生。

すごいな〜と

歯科雑誌を何冊か定期購読しているけど、学術誌も数冊送られて来るけど、、、

「読んでない」

今年からは、真面目に読もう!と決めた。

来た時に必ず全部にざっとでも目を通す。中途半端でほおらない。新年早々の雑誌が来た。まずは目次をと見ると、U先生の名前が。

吉兆だと信じる。

良い勉強会に参加せていただいてるもんだと、素直に幸運を喜ぶ。良い所満載。尚更良いところだけに目を向ける、考えを及ぼす。

人それぞれ。

2011年1月 8日 (土)

サイズ

昔から来られている患者さん。スタッフの友達でもある。

「何センチですか?」と身長を尋ねたつもり。

「胸ですか?」の答え。

のんびり、ハハハと笑う。

ある施設に行ったときの話。「Mさんをおねがいします」 いつも通りに、お部屋で入れ歯の調整をおこなうつもり、

案内してくれてると思った方の後について行く。施設の隅っこまでついて行った後に、先を歩いていたスタッフの方が振り返られて、、、

「どちら様ですか?」

「?」が頭の中に灯る。「Mさんのお部屋です」気を取り直して告げる。

またスタスタと歩く、あるお部屋にはいる。間仕切りらしいカーテンをサーと開けられて。

「Mさんです」と言われた。

そこには、空っぽのベッドがあるだけ。再度、、

「Mさんです」の声。

自分にだけ見えてないのかな?と童話的な不安がよぎる。「あの、入れ歯の調整に来たんですが」とおずおずと告げると。

「わかりました」と言われてどこかから、Mさんを連れて来られた。

きちんと伝える。そして伝わったかを確認する。

そう感じた一日でした。

2011年1月 7日 (金)

コウモリ

家に帰る。

玄関の電気だけの、薄明かり。

リビングの開き戸をあけると、、「??」何か変な気配

リビングの電気を点けると、、静かーに、何か飛んでいる。天井から吊るされたおもちゃの飛行機の様に、クルクルと不規則に、

静かーに、飛んでいる。

最初は鳥かな?と思ったけど,あまりな消音ぶりとリビングから食堂を八の字を書きながら,上手に障害物を避ける飛び様は。

コウモリだ。

何処から入ったのか?

出て行ってもらおうと、縁側の広い窓の方に追いつめるように、変な動きを行う。上手く,縁側の部屋に追い込んで、大きな窓を開ける。

「あっち。あっち」と超音波を聞き分けるコウモリの耳にどんな感じで伝わっているのか疑問だけど、自然に声が出る。

「あっち、あっち」は上手く伝わらず,またリビングへ飛んでってしまう。

リブングに行くと、いない。

小さな出窓(柵つき)しか開いていない。

恐るべし超音波。

コウモリが来た理由を、すっかり外気と同じ温度になった部屋で考える。

頭を冷やすには持ってこい。反省!!

2011年1月 6日 (木)

腰痛

寒さがこたえるのか?

昨日は技工士さんにストレッチをお願いした。寝転がって、片足を延ばして,かかとに負荷をかけながら、膝をピンと延ばして少しずつ傾ける。

かかとに負荷をかけるのが,ミソ。

大分痛みが軽くなる。感謝。

交通事故前も少しおかしかった,腰痛。仰向けに寝れないのがしんどい。と言っても知らないうちに眠りにはついてるんだけど。

歩くとスクワットと腕立て伏せでしか、治す方法は無いと思うが、痛みを取るためには整体院へ通いたいな〜と、甘えた考えがよぎる。

体調がてきめんに出る。些細な言動に出る。

つまらない結果を生む。

今日は少し反省点がありました。

2011年1月 5日 (水)

医院見学

今日から仕事始め。

少し早起きして更新中。今日の予約をパソコン上で確認。正月ボケの目を覚ますのにもってこいのアイテム。便利だな~と思う。

目を覚ますのに、便利なのが「医院見学」

去年は3件回った。それぞれの医院に特色があり。

「へー」と目が覚める。

今年は駅そばの先生のところを見学。突然の訪問を受けてくださって

感謝

都城には、無い形態のビルテナント開業。メインはCT見学だったのだけど、医院の中身もじっくりと拝見させていただく。

たくさん「「へー」を見つける。

去年も見学してから、知らないうちに少しスタイルが変わってきた。結果診療が少し楽になった。

今年の見学も、そんな予感がする。

良いスタートが切れる。

2011年1月 4日 (火)

年賀状

去年は、全部スタッフにお願いした。感謝。例年少しコメントを書き加えるのだけど、ちょっと手抜き。

送られてきた年賀状を見て少し思う。年をとったせいか「あ~元気そうだな」と年賀で感じるようになってきていて、少し驚く。

健康が一番だなとも。

今日までお休み。

ひきかけそうな雰囲気の風邪を治すことに努める。

治すには、、、身体を動かす。

休み方が悪いのか?動いていたほうが元気になる。休むにしても、少しだけでも活動してからのほうが、効果がある。

今年は、身体の中から健康になれるように、行動する。

ねじを巻くのに役立つ年賀状をもらうと、少し嬉しい。

良い年賀状を出そう!と出せるように!と単純に思える自分に感謝。

2011年1月 3日 (月)

サーカス

お正月に親達とサーカスを見に行く。

行くまでは,グダグダと言っていたけど、会場についていざ始まり出すと「妙にはしゃぐ」いい大人になってから、「はしゃぐ」事は無い。元々,「はしゃげない」し。

場を盛り上げるために、最初はピエロの男女ペアーが出て来る。ぎこちなくはしゃいでいたら、上手に乗せられたのか?自然にはしゃいでいた。

あっという間の2時間。

自然にはしゃいだせいか、気分がすこぶる良い。

今年は良い事がある!と根拠の無い自信が出て来る。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »