« インプラント | トップページ | 近代口腔科学研究会雑誌 »

2010年9月 2日 (木)

そうだったんか

「矯正は大人の歯が生えてからでしょう」

それでも、間違いではないけど、違う点もある。ご本人を見ないと上手く言えないし。ここで、説明モードに入るとスタッフに迷惑をかける。「一度見せてみて下さい」と逃げを打つ。

「床矯正はしてないんですか?」

ネットの影響は大きいな〜と。下調べがすんでらっしゃるみたいなので、話はスムーズだけど、何かピントずれてる気がする。

「床矯正はしていません」

「え?なんでですか」

これも説明に入ると、長くなる。そして実は、「角が立つ」

新しいHPは、9月9日が最初の締め切り。全然はかどっていない。読み返しても、これでは混乱を招くだけだよな〜と。

混乱は少しずつ収拾を付けるように努力する。誤解や変な希望は招かないようにを気をつける。

作る目標は、説明の補完。話したい事は山盛りあるけど、毎回そうも説明できない。質問が合った時に、「これを見て下さい」と差し出せるようなHPにする。

「床矯正はしないんですか?」

これにスムーズに「角を立てないように」応えられるために、もう一個HPをつくることかな?


« インプラント | トップページ | 近代口腔科学研究会雑誌 »