« 抜歯 | トップページ | ひさしぶり »

2010年8月23日 (月)

救急車

日曜の鹿児島県歯科医師会との対抗野球。炎天下の中行われる。

T先生が不調(プレーも)で救急車を呼ぶ。

試合途中に足が吊って、その後が段々ひどくなって、救急車。

午後からの、第2試合では、両軍合わせて途中退場が4名ほど出る。1試合目に投げたので、2試合目はお休みのはずが、メンバーが足らなくなり、代走で出る。

何の因果か、ホームまで走る事になる。

すこし「?」が灯る。

試合が終わって、H先生と病院へ。

2本目の点滴が効いたのか、元気になりかけている。「なんで、つったの?」と話を聞くと、前日はスタッフとの飲み会で、楽しくて、結構お酒を飲んだとの事。

「楽しかったら、しょうがないね」と思う。

懲りたのか?「もう、暑い日は出ない」 気持ちも分からんではない。

対戦した、相手チームは本当に元気。キビキビしている。違いは、なんだろう?と「違いを生む、違い」を考える。

ピッチングに関しては、スタイルかな?1試合目、2試合目(年上)の両投手ともに、淡々とスイスイ投げる。おまけに結果が出ている。

自分は「思いっきリ」投げるのが好き。

今回で、もう持たないと35℃のマウンド上で52歳は自覚する。

« 抜歯 | トップページ | ひさしぶり »