« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

アンジェラアキ

ある本からの受け売り

アンジェラアキさんが全然素人な10代の頃、あるアーティストの武道館公演を見に行ったそうな。感動した彼女は目標を立てる。

「よし!私も、10年後にはここでコンサートをする」

思い立った彼女が壁に書いた言葉が「勇気、夢、ガッツ」そして、、、

「規律」

アンジェラアキで自分の頭を検索しても一個も引っかからない、どんな人かは全然分からないけど、

「規律」

10台の頃の自分を考えると(今もそうだけど)

行き当たりばったりは良くない。

9月からは、規律を行う。

2010年8月30日 (月)

偶有性

金曜日に「迷っている」と書いた。ある器械を買う気満々でいたのだけど、研修会も受けていないし。あまりに、見切り発車が過ぎるかな?と珍しく懸念。

「全然ダメでした」

新患の方が、その器械を使われたそうな。

「先生も同じ事をするんですか?」

同じアプローチはないともうが、似たようなアプローチにはなる。

ん〜この偶有性をどう考えるのか?

黒猫や、茶柱に左右される事はないけど、変な偶然は少し考える。考えてもしょうがないので、きちんと生活する。仕事をする。

次の偶然を待つ。

2010年8月27日 (金)

新しいHP

新しいHPの仮版が出来てきた。

単純に嬉しい。

今回は、噛み合わせについてに特化したHPにしてある。理由はいくつかある。

一つ目は、噛み合わせが大事と思っている。大げさに患者さんを煽るつもりはないけど、ちょっとした気遣いや工夫で、予後に大きく影響すると思っている。

二つ目は、噛み合わせの説明が実は大変。院長が調子こいて説明し出すと、脱線、脱線、また脱線。でスタッフに迷惑をかける。

三つ目は、患者さんがあんまり気にしてない。日本中の歯科医院で、何かしらの処置をしたら「噛み合わせ」をチェックする。日本中でつつがなく?行われてる。つつがないので、あんまり意識されてない。

HPを説明ツールとして作ろうと思った。

いつもの様に、ざっと見た。土日の東京行きで追加訂正を考える。

一個だけ加えるかどうか、迷っている項目がある。だから楽しい。

今年は、もう一個HPを作る予定の気分になる。今のHPも少し改める。

嬉しい間に、動く。

2010年8月26日 (木)

ビデオとデジカメ

昨日夜は、ササキさんに鹿児島まで同乗させてもらう。

感謝

夜は勉強会だったけど、ドタキャンをする。S先生に

陳謝

中央駅のビックカメラで奥さんと待ち合わせ。目的は「ビデオカメラ」の購入。2人とも器械音痴の上に、下調べをしない。決めきらずにトボトボ帰る事が、電気製品では多い。長男のバスケの試合というモチベーションでオバカな2人が動く。

買い始めると、テンションが揚がったのか「デジカメ」も購入する奥さん.三脚もポーチも買っている。

人は感情で動く

ビデオカメラが欲しいと、必要だと、言い続けて5年位経つ。デジカメも今回初めての購入。重い腰をやっと上げる2人。

患者さんも同じかな? 感情で動く。

治療に来られたのには、何か理由がある。理由はお口の中にもあるけど、感情が一番かな?中々、感情までは聴きだせないけど、スタッフにはお願いする。

家に帰って、すぐに箱を開ける、ガチャガチャしだす。2人とも説明書には目も向けない。

小学校の頃、怒られるパターンを大人になっても繰り返す。

合掌

2010年8月24日 (火)

ひさしぶり

「?Nちゃんは、どうしたの?」

矯正途中のお子さんが、4ヶ月ぶりに来る。基本的に、矯正の子供さんは予約はあるが、諸事情あればいつでも来ていいよ。となっている。

やる事は、大げさな事ではなく。時間も計算できるので。

「へへ、部活が忙しくって」

とお母さんが言われる。遠方のお子さんなので、子供さん一人では来れない。

「のびたくんだな〜」

タイプで考えると、行動も理解できる。とりあえず「4ヶ月ぶりでも連れて来た事を褒める」次やる事を、簡単に説明する。

説明を聞いてない感じの人は、聞く気がないのではなく。聞く能力がまずは乏しい(自分がそう)

乏しい聞く能力に、ヒットするには、タイプ分けを意識した話し方をする。

逆に、、、

説明をとにかく聞きたがる人もいる。「?この前言わんかったけかな?」と思うが、もう一度聞きたいらしい。スタッフにも聞いて、受付でも聞いて。

聞く能力に振り回されないためには、資料が要る。それもパーソナルで緻密なのが必要かな?

のびたくんには資料は要らない。ざっとしか読まない(読むことさえない)すぐ無くす。忘れても平気。自分がそうなので、良く理解できる。

人それぞれだよな〜と

2010年8月23日 (月)

救急車

日曜の鹿児島県歯科医師会との対抗野球。炎天下の中行われる。

T先生が不調(プレーも)で救急車を呼ぶ。

試合途中に足が吊って、その後が段々ひどくなって、救急車。

午後からの、第2試合では、両軍合わせて途中退場が4名ほど出る。1試合目に投げたので、2試合目はお休みのはずが、メンバーが足らなくなり、代走で出る。

何の因果か、ホームまで走る事になる。

すこし「?」が灯る。

試合が終わって、H先生と病院へ。

2本目の点滴が効いたのか、元気になりかけている。「なんで、つったの?」と話を聞くと、前日はスタッフとの飲み会で、楽しくて、結構お酒を飲んだとの事。

「楽しかったら、しょうがないね」と思う。

懲りたのか?「もう、暑い日は出ない」 気持ちも分からんではない。

対戦した、相手チームは本当に元気。キビキビしている。違いは、なんだろう?と「違いを生む、違い」を考える。

ピッチングに関しては、スタイルかな?1試合目、2試合目(年上)の両投手ともに、淡々とスイスイ投げる。おまけに結果が出ている。

自分は「思いっきリ」投げるのが好き。

今回で、もう持たないと35℃のマウンド上で52歳は自覚する。

2010年8月21日 (土)

抜歯

子供さんの矯正治療で初めての抜歯ケースが出そう。

物凄く長いスパンで見てもらえたら、抜歯は確実に免れると思うが、現実的な選択ではない。

「あ〜」少し悔しい。説明はしてあったとはいえど。

それでも、もう少し年末までジタバタする。

モードを「蛇」に入れる。

2010年8月20日 (金)

バランの30年

14日は図書館帰りに家族にサーティーワンを買って帰る。午前中は奥さんを病院に連れて行ったし、買い物にも付き合ったし。自分ご褒美ということで、、天文館に飲みに出る。

最初は、ウォーキングのつもりで家を出た。知らないうちにバーに座っていた。

「ハイブリッド」

25周年記念という事で、別メニューがそこに載っていたのが、、

バランの30年 2500円

3秒後には頼む。空きっ腹、朝から食べていないのに、ストレートでクイクイと最初に飲む。ボトルも正規のルート。

「おいしなー」と久しぶりに喜ぶ。でもね

一杯目を飲み終わった時点で記憶がなくなっている。オタールの30年を次に注文したはず、までは覚えているが。

きっちりと記憶が飛ぶ。

お土産に買ったらしい、Mr.ドーナツのレシートに0時45分の打ち込み。1時間ちょっと飲んでいたみたい。美味しいとバカ飲みをしたはず。

少しお酒を考える。

理由は少量で記憶が飛んだ事もあるが、初めての二日酔いにショックを受ける。

「そんなに、飲んでないと思うよ」と言われたのもショック。

Mr.ドーナツの箱の中に、ドーナツと一緒に入ってる財布を見つけたのもショック。

美味しいお酒を飲んだはずなのに、味を覚えていないのも馬鹿らしい。

2010年8月19日 (木)

県立図書館

14日は県立図書館でパソコン仕事。

今回も先客が2名。お一人は結構高齢の方。ちらっと見えたモニター、物凄く字が大きい。少し笑う。

いつものように「先に出たら負け」のサウナ根性で始めるが、高齢の方が粘る。9時に図書館は閉まる。ドキドキしながら、勝負は続く。8時40分に先に帰られた。

慌ててお片づけを始める。

噛み合わせのHPを作るのだけど、顔や姿勢の写真こそが患者さんには分かりやすい。でも載っけるわけにはいかない。「ん〜」と少しもどかしい。

治療後の感想文は、大げさな物(嬉しいのだけど)は載せるのが、こそばゆい。

HPだから、文章を変える必要がある。でも、わざとらしいのは嫌。資料勝負に持って行きたいが、これもどんな風に伝わるのかな?と効率的な伝わり方とか、考えないと行けないらしい。

「良い人」と思われないといけないらしいが、これが、一番しんどい。

色々他院のHPを見る。

顔の一致する人のHPも何件か見る。

色んな意味で、きちんと作ろうと別角度なモチベーションが上がる。

複雑な気持ちで感謝。

2010年8月18日 (水)

13日の金曜日です。

資料をまとめながら、書いている。

診療室のキティちゃんのタイマーを30分に合わせる。その時間は集中しよう!中々良い方法で、思いのほか仕事がはかどる。

45分に延長してみようかなと。

もうすぐ、お墓に(納骨堂だけど)に向かう。自宅に迎え火をたいて、迎えに行って提灯に灯を入れて自宅に持って帰る。仏壇の前に飾る。

なるべく早く迎えに行ってあげるのが良い。

送る時は逆。なるべく遅くに送って行く(納骨堂は9時で閉まるので限界はあるが)

お墓を納骨堂に変える時に当然だけど、墓を暴く。

小学3年生だったかな、バカだったので見に行った。

バカなりに衝撃を受けたのか?バカなので注意されて見れなかったのか?

映画のようにしか覚えていない、頭の中で編集がかかっている絵柄。

今は実は13日。曜日は今気づいたけど金曜日。


2010年8月17日 (火)

そうめん

奥さんから電話。

「素麺は湯がいてもって来るけど、団子は買おうね」

田舎のお盆に「そうめん」と「団子」と「煮しめ」は必須。素朴な料理だけに、美味しいものは、物凄く美味しくなる。

どれも量を作るので、美味しい方が好ましい。失敗は量の分だけ、悲しさが増してしまう。煮しめは大きな鍋でこしらえるので、インパクトもある。

患者さんに聞くと、結構煮しめにこだわりのある人は多い。お盆では絶対に親戚に振る舞うもの。

色んな人間関係に彩られた同性の評価もあるだろうし。

お盆の「煮しめ」は大事らしい。

料理が上手な人は何が違うのかな?と考えると、、、概ね、真面目な人が多いよな〜。もう一つは、、、

家族がやさしい人が多いよな。

評価こそが、上手になる一番の要素。家族に毎日美味しいと言われたら、沢山食べてもらったら、よっぽどの能力の持ち主以外は上手になるはず。

よっぽどは、でもいる。

2010年8月16日 (月)

表紙買い 大連

レコードの頃は「ジャケ買い」

LPレコードは大きいので、見た目が大事だったりした。見た目の良さそうなものについ手がのびてしまう。学生の頃、南佳孝さんのレコードがそうだった。大当たり。

見た目に弱い自分にぴったりの買い方、、ジャケ買い。

お盆に一冊だけ本を読む事を許す(誰が?)

本でも表紙の見た目買い(タイトル含む)をするが、帯も参考にする。店内をぐるぐる回ると、読みたい本は、作家は沢山合って、気分が悪くなる。

お盆の14日を読書時間に充てる。考えただけで嬉しくなっている。

慎重に選ぶつもりが、結局聞いた事も無い、予備知識も無い人の本を「ジャケ買い」してしまう。安全な、読みたい本は沢山あるのに。

本の帯の文句に惹かれる

「こんな女なら殺されてもいい(横山秀夫)」

「小暮写真館」はスタッフの誰かが持って帰って、何処にいるのか分からない。分厚いし、今は読める時期でもないのでいいけど。誰だ?もってるのは?

秋分の日の連休に、大連で読もう。

2010年8月15日 (日)

免許更新

2000円は払いませんでした。

最初の窓口で「任意ですけど」の説明がある。良い声の人を選んでるな〜と一瞬思うが、前の人が断ってくれたので、便乗。

次の人も、あれこれ尋ねて断った。マスコミの力は凄い。

教室に入ってから一番後ろの席に座る。

講義が始まって、受講者を見ていると、「真面目」比率で言うと7割は真面目。少しピンと来るものがある。

「教則本の82ページを開いて下さい」今まで無かった出来事(と思う)マスコミって凄い

最後にDVDを見る。「やっぱり、シートベルトは後部座席もせんといかん!!」とここは心がけに役に立つ。後部座席に乗っているのは身内、知り合いのはず。

悲しい出来事は絶対に嫌。

DVDが終わる。教務管の方が帰って来ない。1分経つ。みんな真面目にイラッとしながら(多分)席で待っている。

2分経ったので。

席を立って、呼びに行く。

AM

鹿児島からの通勤時間にラジオを聞く。AMラジオ。

「どうして、円高が進んでいるのか?」がテーマだった。受け売りで書くと「日銀の無策」と言う事らしい。「分かっているなら、すれば良いのに」と単純に思うけど。

自分を振り返っても、中々分かっている事が出来ていない。例えば、体重。

自宅で晩ご飯を食べると、つい食べ過ぎる。環境も良いのか吸収も進む気がする。結構体重が増えて来ている。これではいかんと思うけど、やる事は分かっているのだけど、ついつい、お菓子まで食べてしまう。

ついついで、円高は無かろうと思うけど。

「歌のない歌謡曲」が流れて来た。

銀行の人と、金利の事で少し話し合い。無頓着と言うかそこまで気が回らない自分には少し朗報。

店じまいの事も少しずつ考え始める。

2010年8月14日 (土)

お約束 あおる

新しいHPの原稿を作成中。

3週間前位にダーとまとめて、ほったらかし。改めて読みかえすと、、、

3週間前の推敲してない(できない?)自分がいる。

新鮮すぎて笑う。

以前も書いたが、論文は形式が大事。決まった事を守らないと認めてもらえない。当然身につくまでは、訓練が必要。おしゃれ文体とか、ましてや言葉のあやなど必要は無い。身につけないといけないお約束。

HPはまずは読んでもらう事、注意を引きつける事が大事。

やはり、お約束がある。

「PASONA」の法則とか言う。HPの文章を書くには、身につけないといけないお約束。何となく理解は出来ているのだけど、書き始めは良いが、書いてるうちに段々「PASONA」から遠くなって行く。

「PASONA」のPAはproblem agitation

問題を提起して、あおり立てる。

これが、文章の最初に来ないといけないそうな。確かにHPを検索される方は、問題解決で寄ってくれてるのだろうけど。効果はあるのだろうけど。

でも心を少し横に置いて、あおってみる。

あおり立てられた、患者さんが来ると困るな〜と。

2010年8月13日 (金)

ルール

就業規則レベルのものから、実務的なルール、医院固有のルール、社会人的なルール。

使えないルールは要らない。

「普通はこうです」を根拠の言い方をする人がいた。

色んな言い方を注意深く聞いていると、、

「テレビでしか聞けない言い回し」

気の利いた物言いだと思っているのだろうけど、、、

人間の小さな頭の中で、考えている事の材料は過去の積み重ね。グッドアイデア!と思ってもオリジナルな要素は、日常では殆ど無い。良い材料と、良い処理仕方で、アイデアに差が出る。

だから、良い過去が必要。現在で少しでも良い行いをする事は、良い過去を作って未来をコントロールする事に繋がる。

ミーティングのおかげで、使えそうなルールが明文化される。

明文化も大事、お互い頭の中は違うので。

ちょっと前に、電話があった。

「普通はこうです、と言うばかりで困っています」

少し笑う。

2010年8月12日 (木)

エントリー

矯正研修会の全体発表会が年末にある。

去年も発表した.今年もエントリー。

自分の症例を出すのは、本当に勉強になる。矯正は、楽しいので資料も沢山取っているが、多すぎて消化不良な面が否めない。

見返すと「へー」と感心するのだけど、パッと忘れる。本当に。

金曜の夜は、鹿児島で勉強会。いつもの症例発表とは違うタイプの発表があった。医院の方向性に関するもの。かなり敷居は高いが、熱意は本当に伝わる。

患者さんへのアプローチ。

ご批判覚悟で書くが、患者さんを絞り込む事で、逆に患者さんが増える事ある。絞り込んで当院の方針に合う人を患者さんとして診る。当然その自信に見合った技量とお人柄が必要。

生半な事ではない。

絞り込み自体は、いけないのだけど。よっぽど苦労されたんだろうな〜と。

発表のあちこちにうかがえる。

何でもかんでも診ようが、心を弱らせてしまう事は多い。

2010年8月11日 (水)

更新

机の横を片付ける。

机の上は奇麗なのだが、理由は横のボードに全部平積みにしているから。机の上を奇麗にすることが、仕事ができる条件とどの本にも書いてある。

横のボードの惨状を見ると、何か間違っている気もする。

たまにお片づけをする、掘り出し物を見つける事がまれにある。今回のお宝は、、、

「運転免許更新のお知らせ葉書」

誕生日は7月22日、前後一ヶ月は猶予期間とはいえ、すっかり忘れていた。

本当に、本当に、ばか

大昔、学生の頃免許切り替えに行った。免許切り替え以外にいる費用に対して、手持ちが無かった事もあり(必要ギリギリしか用意してなかった)

「任意ですけど、どうしますか?」

「では、払いません」

「はい分かりました、では困った事が合っても警察には来ないで下さいね」

本当に大昔なので、事実かな?と今は思うが、「このお金は任意です」とお知らせがあるだけでも良心的だなと思う。

大人になってからは、「まあいいか」と払っている、「任意です」とのお知らせが無いのが大きな理由。色んな方法で、自然に払うように仕向けてある。

少し笑う。狭い街、変な人と思われてもなと。

任意のお金の使い道が最近少しマスコミに流れた。

これでは、大きな声で「任意です」とはよう言えんよなと。

2010年8月10日 (火)

カットボール

今年に入って「変化球」を練習始め。バイブルは手塚一志著

「変化球習得メソッド 高橋書店 1600円 DVD付き」

先日の試合で結構上手にできた。52歳ながら嬉しい。嬉しいので、その後のクールダウンやアイシング、入浴なども面倒くさがらずに、真面目に行う。

「まずは上手く行く」のが自分には一番効果がある。

昨日はY先生の矯正家庭訪問。あっと言う間に午前中が終わる。スタッフのモチベーションが異様に揚がるので本当に助かる。

感謝

矯正と変化球

どちらも、昔は向いてないと思っていた。難しいもんねと3歩ぐらい引いていた。ご縁と必要性で踏み切った。

やってみると、難しいから面白い。面白いので、飽きない。もう少し緻密さが必要だけどね。

矯正では「ジェットシステム」変化球では「カットボール」に手を付ける。やってもいないのに、上手く行くイメージが頭の中に湧いている。

診療とピッチングの幅を広げる

2010年8月 9日 (月)

タモリ倶楽部

どたばたしている。

資料を土日と少しまとめてあったのは以前より進歩の跡があるけど、見返すとツメは大甘を否めない。逆に中途半端が際立つ気がする。

今は月曜の早朝4時。1時に起きて(10時前には寝たはず)、タモリ倶楽部を見て(毎日曜日必ず番組前に目が覚める)どうするかを考える、そこで。

コイントス

表が出たので、仕事に入る。3時間は寝ている(大丈夫!)

今日は矯正のY先生が来られる。9時半から30分程度かな?本当に感謝しています。相談の準備は僕のレベルでは整った(追い込みが7時から1時間は必要だけど)

ミーティングのまとめも、まだちゃんとやっていない。HPも停まっている。やる事満載。ちゃんとやるのが本当に苦手。

金曜日の飲み会で、「目標を立てたら、そこまでしない時がすまない」とある先生が言われた。「どんな事でも、目標を立てる」

そもそも、目標を立てる習慣が無い自分に気づく。

コイントスに身を委ねるようではだめ。

分かりやすい目標を立てる「起きてる間は、ずっと働く」

目を閉じるとすぐに寝てしまうので。

2010年8月 7日 (土)

ミーティングで皆に書いてもらった項目に、

「この患者さんとはなんか気が合うな〜」

やはり人間、医療だからという縛りはあるが、つい自然に世間話に花が咲く事はある。そう言う感じの患者さんは誰ですか?というのを書いてもらうつもりが、、、

「意味がよく解らない」という意見が出たそうな。理由は、

「患者さんはみんな、話しやすいし」

ひえー

院長という立場?女性男性の差?そもそもの個人の能力?キャパが全然スタッフの方が上みたい。

滝に打たれて出直してこい自分! 

脳みそは、勝手に出来事を選んで、色付けして、「快」「不快」「普通」の3パターンにわける。その後、勝手に自分の頭の中で、瞬時にストーリーを作る。

ストーリに振り回されて、事象を正しく判断できない。

と偉そうな事を言ってる資格は1ミリも無い。

頭でこねくり回しているから、バカが治らない。

滝に行こう!!!! 夏で良かった。

2010年8月 6日 (金)

チーズ饅頭

「那智くん、チーズ饅頭を下さいな」

朝奥さんから言われた、昨日の自分の寝言。どんな夢で子供にチーズ饅頭をねだったのか?

「夢を書きましょう」

大昔出席したセミナーで言われた。ちょうど、色んな事がドツボにはまりかけている頃で、計画性も向き不向きも考えずにジタバタし始めた頃。

正しい面が多いセミナーだった。最初から向いてないのは、重々承知で3年くらい受講した。上手くいって、向いてる人も沢山いる。

その向いてる人達を見た時に、「あ!向いてない」と最初に思ったのに。

3年前の今頃もスタッフと通っていた、無理にお願いして誘ったのに、院長はテンション下がり気味。今考えると、よく解らん。

最後の回を、嘘ついて直前キャンセルで終わらせた。

最初にセミナーで書いたであろう、夢は一個も思い出せない。心に残っていない。初めての啓蒙?セミナーの雰囲気に影響されて、「向いてない夢」を書いたんだと思う。

今は、向いてそうな夢をチラシの裏に書いて、持ち歩いているカバンの底に突っ込んでいる。

2010年8月 5日 (木)

星の空

ミーティングのあとは食事会にしている。

当院は7月生まれが4人いるので、お誕生会の意味も含めて食事を少し奮発した。うけつけのMさんに

「どこか行きたいところは?」

「星の空です」

都城のなかでも田舎にある。車で向かいながら、少し不安になる場所。オーナーの方にうかがうと、、

「元は畑地だったところを、許可を申請して(半年待ち)森から作りました」

畑地だったので、売買する単位は「坪」ではない。田舎なので「反」1反が約300坪。1200坪の畑地を森に変えるところからスタートしたそうな。

すぐ側の水路には、蛍が沢山。

「タイミングがあえば、本当に奇麗ですよ」

お料理も美味しい。スタッフも喜んでくれる。

2010年8月 4日 (水)

ポストイット

昨日のミーティングは、結局不参加に。

早め(1時半)に整体院に行ったのだけど、混んでいて終わったのは4時半。スタッフにミーティングは出れない向きの電話をする。

食事会にもギリで間に合う。

何にも食べてなかったので、速攻で脳みそが酔っぱらう。整骨疲れなのか?身体も酔っぱらう。

料理はおいしく、雰囲気も良い、スタッフも大変はしゃいでくれている。

感謝。

9時に解散して速攻で家に帰って寝る。4時に起きて医院に行くと、ホワイトボードに色んな意見を皆が書いたポストイットが張ってある。

「へー」と思いながら眺める。

良い出来に嬉しくなる。

単純なので、元気が出る。

医院に関しては、もっと早くに色々手を付けれるべきだった。ラッキーだけで、回して来た最初の6年、ラッキーを薄めてしまった次の6年。ラッキー能力が消えつつある事に気づき出した6年。

やっとこさっとこ、今までと違う種類のラッキーが増えつつある。

ポストイットを見てそう思う。

お日様が昇って来たので、歩きに出かける。5時52分

2010年8月 3日 (火)

謹呈

鹿児島の歯科の勉強会「キホーテの会」に所属させてもらっている。

敷居が高くて、つまずく事が多いが、得るものが沢山ある。先週の集まりでキホーテの会所属の3名の先生方から、雑誌掲載(クゥイントエッセンス)、学会発表(補綴学会)の論文をいただく。

感謝

本当にレベルの高い勉強会だよなと再確認。自分にとって末席を汚すがぴったり来る。

読ませていただいて思ったのは。

医院は院長で決まる。

歯科は世の中の流れで、医院が左右される向きのご意見もある。確かにそうかなとも思う。スタッフ次第だよと言う意見も。マーケティングだよ、新製品だよ、高額器材だよ。

確かに色んな要素に左右はされようが。三つの論文を読んで、一番思った事は。

院長で決まる。

レベルを決めるのは、院長。レベルを維持する仕組みを決めるのも院長。継続して進化させて行くのも院長。

院長にあった医院が出来る。

今日は月一ミーティング。当院はかなりスタッフも大事。素っ気ない院長は横に置いといて、少し仮面をかぶる。

2010年8月 2日 (月)

山と谷 ルール

ラジオを聞いていると、舞台と映画の違いについて話が合った。

「映画は山の頂を、舞台は谷底を見ながら作るもの」

映画は、工夫を重ねてカット割りで終わる。細かい「オッケー」で終わる。終わり方が前向きなので、精神的にも良いそうな。作りながら、少しずつ、頂上を目指している気分になれる。

舞台は、毎回ダメだしの連続なそうな。それも、日によって違って来る。昨日のオッケーは、今日のオッケーではない。オッケー自体も頻繁には出ない。進むたんびに谷底へ下りていく気分になるらしい。

「へー」

それでも、両方楽しいそうな。

明日は月一のミーティング。院長は序盤おやすみをもらって、また整骨院へ。

今回はWさんに仕切りをお願いする。下から2番目の年なので大変と思うが、個性に期待している部分もある。院長の拙いアドバイスとしては、

谷底を見るミーティングにならないように。

当院には、マニュアルが無い。決まり事もあんまりない気がする(院長のせい)

今回、実習生を2組引き受けて、オバカ院長も少し考える。

今回のミーティングでマニュアルのちょっと前のルールを決める。ルールのかなり前の大雑把な医院の方針は、「どんな症例もつぶす」これは伝わるようにしている。

実習生には、細かい配慮をしている時間がなかった。足りない分を補うには、きちんとした何かが要る。とりあえずはルールかな?

マニュアルの一つ前のルール。解釈は個人でも変えられる。幸い、今のスタッフは、院長よりもしっかりしている人が揃っている。


2010年8月 1日 (日)

いやいやよ

いやーいやよー

子供さんが歌い出す。

「いやーいやよー」
「?」

治療中の患者さんに聞くと、テレビのバラエティー番組で流行っているコーナーの合いの手のリズムだそうな。

歯科治療にぴったりな合いの手で、少し笑う。

「先生はバラエティーとか見ないんですか?」

バラエティーも何もテレビが無い。ついでにエアコンも無い。

今ホテルで更新中。炎天下の野球が終わって、次の日も宮崎で朝から研修会なので、お泊まりを選択。

サウナに入って、晩酌ついでにご飯を食べて、ベッドに寝転んで、肩と肘のアイシングしながら、よし!久しぶりのテレビと思ったら、、

瞬睡してしまう。

中途半端な夜中に目が覚めて、テレビを点けると、BSで「うどんの作り方」別に見る必然性も興味も無いのだけど、せっかくなので見る。次の番組は、お寺での修行。

NHKって凄いなと感心。

ちら見しながら、矯正中の患者さんの資料をまとめる。

7対3の集中力で進む。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »