« デンタルショー2 | トップページ | パターン »

2010年6月17日 (木)

お年頃

歯科用のCT、値段はピンキリだけど、性能もそれぞれだけど、どれもかなり高額な出費なのは共通している。

レントゲン室や、パソコンの設置など諸経費もそれなりにかかる。

当然、入れている歯科医院は少ないのだが、、、

ある市は、歯科医院数80チョイなのに、CT持っているのが9件になる。1割はCTを持っている。買った理由は、それぞれだろうが、大半は、、、

「インプラント」 自費率アップだと思う。

電子看板でそう謳っているところもある。

朝駐車場に、口蹄疫の拡大予防のための、石灰を巻きながら考える。

シャワーを浴びた後の一服のときに考える。

お昼ごはんを食べて歩いて帰るときに、

Sさんの車に便乗させてもらって、鹿児島に帰るときに、

考えるというか、迷う。

昨日はあるメーカーさんの話を聞く。デモを見る、あっという間に2時間過ぎる。真剣なので、珍しく粘着質になる。来週はもう一社。

あると便利で、楽しそうなので無駄な投資にはならないと思うが、インプラント頼みのタヌキの皮では、無理な投資にはなると思う。

毎月25万円程度の給料をとる(7年間ぐらい)CTというスタッフを増やすべきか??

無理な投資はできないお年頃。

« デンタルショー2 | トップページ | パターン »