« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

読書

明日読む本がない!!

夜になって長男が騒ぎだす。朝は読書の時間があるとの事。「へー」と両親。買いにいけない事が分かると「友達から借りる」

「この本は面白いからお父さんも読んだ方が良いよ」

「へー」

「ちょっと分厚いけどね」

開業して10年位は,貪るように本を読んだ。自分で時間がコントロールできるし、体力もあったし,目も良かった。2時間寝れれば大丈夫と思っていた。

そして、

本(小説)は読まないと決めてからかなり立つ。

日曜日に髪を切ってから、「ジュンク堂」による。ある新刊が目につく。

この人の作品はもう読まないと思ったのが,12年前。これ以上のエンディングはないだろうと思ったのが理由。その後の数冊は「?」がついたし。

著者自身、3年ぶりとの一冊が並んでいた。結構分厚い。立ち読みできる?量ではない。

パラパラめくると、「メール」「携帯電話」「パソコン」など、12年前にはなかった世相を反映してある。読みたい!!!!

技術革新は永遠続くが、人間は永遠変わらない。

新しい世の中になったが、相変わらずな変わらない人間の話(多分そう思う)

来週末は時間が少しある。


2010年5月30日 (日)

ホームページ

自分も作っている HP

2006年の1月に作成したので,もう4年が経つ。このブログも4年間書き続けている事になる。

ホームページに書く内容に,今のところ医療法の縛りはない。広告と見なされていないので、規制に引っかからず、とりあえずは

「何を書いても良い」

ある集まりで、「これはいかんとちゃうん?」という話が出た。

確かに,開いて読んでみると「ん〜」と思う内容だけど、現実は。

「何を書いても良い」

歯科医院のHPは、ご批判覚悟で書くと「集客目的」

それをメインに色んな工夫?を凝らしている。

さて一般の方が、歯科医院のHPを見る目的は、、、

「知識が欲しいから」

自分の必要な知識を得て、それから歯科医院を選ぶと思う。知識を引き出しやすいようなHPの作りにする事が一番。

書いてある知識が、きちんとしている事は言うまでもないが。

知識をひろっていく中に知識と関係ない,治療と関係ない「えさ」を捲くのは、テクニックとしては良いが、果たしてどうなんだろう。

えさに引かれてくる患者さんより,知識に引かれてくる患者さんの方が楽な気がする。

知識に責任を持つためにこちらも気を引き締めるし。

えさは,毎回付け替えないといけない。


2010年5月29日 (土)

つかえ 痞

最近「つかえ」がとれた。

つかえ やまいだれに否定の否  痞

本当に早く取りたくなるよな字面。日本語は便利だなと思う。しばらくは,忘れっぽい自分もこの字は覚えていると思う。

痞 どういう生い立ちで,この字になったのか?不憫を感じる。

つかえ  

殆どは取れていたけど、ボーとしてる時に「なんで?」と思い出す程度には残っていた。いつか消えるかな?と思い続けて,約2年。

今月きれいに取れた。

自分の小さな頭の中で考えるより、解答は人に尋ねる方が良い場合もある。

面と向かって質問しなくても、雑談の中に答えが見つかる場合も多い。人と交わる事はやっぱり大事かなと、痛感した月末でした。

出不精は禁止。

発想とは緻密な模倣

2010年5月28日 (金)

カウンセリング

歯科医師会の集まりがあるのだけど,欠席。理由は、、、

「矯正のカウンセリング」

時間の都合が夜9時過ぎとの事。患者さんを待ちながら,ブログのまとめ書き中。

話自体は,すぐに終わるのだけど、相手の雰囲気を見ながら伝わるように,漏れが無い用にお話ししようと思うと、きちんと時間を取らないと自分には無理。

ついさっきの事も忘れてしまう。

何を話したかではなく,何がどう伝わったか。承認と理解が少しずれると、本当に困る。

そのての事後トラブルに記憶力の無い自分は,本当に弱い。

なるべく書くようにしている。準備もきちんとしている。一番大事な事は。

結果を次の日、担当のスタッフに必ずきちんと伝える。忘れっぽい自分はそこまでが仕事。

という事は、、

自分とタイプの違う「スタッフ」が必要。

タイプが違うので,少し考えや行動、反応に行き違いはあるけど、その方が絶対に自分にとっては必要なスタッフ。

最近また,何回目かの猛反省をする。

2010年5月27日 (木)

反論

知り合いの先生に、「雑誌のバックナンバーを貸して」と言われる。

取りに来られた時に、「何に使うんですか?」と尋ねると。

「反論を書くんだ」

全体の中で,一部の章が担当なそうな。

「もうまとめたんだけど、全体をおさらいしたくて」とのこと、見てても楽しそうな雰囲気。

歯科雑誌に、反論が出る事は滅多に無い。論争も無いように思う。雑誌と言う性質もあるしね。

面と向かって,反論をされるとの事。

色んな研修会や,講演会などで他流派の批判(反論?)を身内の前で、カマシているのを聴く事はある。それに触れた人達は、同じ理論?と同じ語り口で、ご批判(反論?)を披露される。

「ああ,こんな風なしゃべり方で言われたんだな〜」と

知り合いの先生は、深く考えていない自分とは意見が大分違うけど、良い先生。

「反論」

読んでみたいかな?なにより、顛末を知りたい。

2010年5月26日 (水)

クリティカルシンキング

我が家のトイレにおきっぱなしの黄色い本。

日曜日、Y先生と指宿に向かうJRの中で,論文の形式についてお話を伺う。

「訓練しないと身につかない」
「指導者が必要」

バナナの叩き売りや,がまの油売りの口上のような、発表は慎もうと思うのだが,どうしても上手くいかない。何でかな?性格かな?と思っていたが、、

訓練と指導

自分の経験の中に大きく欠けている。

トイレの時間だけ再読する。

「クリティカルシンキング」

横においてある本は、「プロに学ぶ変化球の投げ方」

こちらは,今まで何度も何度も読み返す。でもね、

読んだからと言って、変化球はついて来ない。

こちらも訓練と指導。


2010年5月25日 (火)

ひと呼吸

今月の目標

何かあったら、一呼吸。

とにかく一ヶ月は続ける。先週は色々,トラブルが続いたけど、「一呼吸」おけば防げた物が殆どだと思う。

どうしても,説明に走りがちだけど、そんな時も、「一呼吸」

相手は説明を望んでいるのだろうけど、望んでいる説明を受けなくては、上手くいかない。何を望んでいるかを,まずは聴く。

思い込みを外すためにも「一呼吸」

そうなると,スタッフの手助けが必要になる。

2010年5月24日 (月)

デッドコピー

日曜日は、矯正のY先生と指宿へ。

土曜日の夜から、お願いして各医院を回るのにお付き合いさせてもらっている。

宮崎から鹿児島へ向かう高速は、、、土砂降り。

指宿へ向かうJRも大雨でダイヤはめちゃくちゃ。

雨男を通り過ぎるくらいの悪天候。

何件か歯科医院を同行させていただいて思ったことは、たくさんあるが、一番は、、、

「まずは素直に真似ましょう」

「言いつけを守りましょう」

土曜日の別の研修会でつくづくそう思うシーンにあった。

講師の先生が「書いてください」と言われたら。まずは書く。単純で頭の中で整理できることでも、とりあえずは言われたとおりに書く。

なぜか?書かない人もいる。何か思うとこがあるのか?何にもないのか(単に性質)

「へー」と思いながら観察。少し笑う。

キャノンの偉い人が言っていた言葉に「デッドコピーを3回」

「デッドコピー」

自分の思い入れなどすべて排除して、完璧にまねること。これが簡単そうで実は、ものすごく難しいそうな。

「僕はこう思う」が尊重される世の中だけど、みんながそうなると、多分何にも進まない。おまけに、何の根拠も、裏付けもない「こう思う」は迷惑。

「デッドコピー」

2010年5月21日 (金)

ちぐはぐ

最近ちぐはぐな事がよく起きる。女性の患者さんが言うには、、、

「疲れてんのよ」
「しばらくしたら,身体が慣れて来ると思うよ」

「疲れに慣れる」男性にはよく解らない発想だけど、何となくしっくりくる言い回しだった。そもそも、疲れを取ろうと努力する年齢でもないし、とれる類いの疲れでもないそうな。

楽しい事があればすぐに良くなるとも。

「一人暮らしの澱がたまってるのよ」

一人暮らしをやめる算段をする時期なのかな?

今夜は鹿児島で,発表会。市内の石@先生と二人で発表。あらかじめ石@先生の発表ケースをもらっている。「へー」と思いながら考える。

結構シビアーなメンバーが揃っており、慈愛のまなざしでご意見をいただく。でも楽しい。夜遅くまでなので、身体はしんどいけど。気持ちは軽くなる。

自分にとって、元気を出すには仕事が一番。

2010年5月20日 (木)

口蹄疫

良い歯のフェスティバルが中止になる。

今日は中止後の対応の協議で歯科医師会の緊急の理事会。色々御苦労されていた担当の先生方は大変だろうと思う。

鹿児島との野球定期戦も中止。

都城は牛も豚も鶏も、全国規模でトップクラスに多い土地。

患者さんの中にも関係者の方が多い。

「ぐらしー(可哀想)」

皆さん本当に心の底から思われている。

関係者の方々は、思いっきり消毒予防を徹底されているとの事。それでも,感染は収まらない。

「一般の方達?」

当然のように、現場では起きている疑問との事。

今回の色んな判断は仕方が無いよなと思う。

以前も書いたが,都城には麺文化がない。理由はお米が自然に普通にとれ続けた場所。

色んな食物の原生種が残る場所。

畜産、養豚、養鶏にも本当に適した土地。

農業が壊れると、街が壊れる。

地元の国会議員の方が、国の対応に怒っているシーンがテレビで流れたと奥さんが言っていた。同じように、奥さんも怒っていた。

2010年5月19日 (水)

季節柄 顎関節症

長男は修学旅行なのに、悲しい雨。

あんまり気にせずにおばかに楽しんでいるとは思うが。

夕方の新患さん、二人とも顎関節症。5月の雨。

統計はないのかもしれないけど、天気と体調(身体のセンサー)は関係していると思う。女性の患者さんから「天気が崩れると、頭が痛い」とはよく聞く。

体調は心を大きく支配してると思う(逆もある)

顎関節症 まずは不安なことを聞く。

不安なことを聞いたら、それをこちらが繰り返して同じ言葉にする。すると、、さらに不安なことがはっきりしてくる。整理されてくる。

これも治療かな?とのんびり構えられるようにこの一年で少し変わった。CHPに感謝。

そうは言っても極端に話がかみ合わない人がいることもある。「何がいけないんだろう?」とスタッフにこぼすと、、、

「そういう人なんですよ」

確かに「話が飛ぶ」傾向にある人の対応がいまだ苦手。

ネットで顎関節症に関して調べてこられる方が多い。

説明はだいぶん楽になった。そして、、、

言葉だけで改善しないかな~と思う患者さんが本当に多い。もう少し、お話の技術を上げる。

少し反省。

2010年5月18日 (火)

実習医院

昨日は歯科衛生士学院の実習医院の集まり。

よく覚えていないが当院も担当になっていた。直前まで,用事があって欠席の旨を伝えていたのだけど、神様の采配でぽっかり時間ができて、出席。

出て良かった〜

色んな事務的な事は多くの人が携わっている。

学校など許認可事業は、守るべきルールが決まっており、面倒でも「?」がついてもこちらの都合で変更するわけにはいかない。

意見や感想で回してはいけない。

決まり事を守るのが苦手な自分にはちょうど良い練習。

25日のミーティングのネタとも繋がっており。神様に感謝。

昨日の最後の新患さんの主訴は

「どうなっているのかを知りたい」

ご自分でも虫歯は少なく,歯並びも奇麗と自覚されている。拝見すると,笑うくらい奇麗。

それでも、、、、

「虫歯が無いか現状を知りたい」

虫歯や歯周病や噛み合わせや、患者さんの不安を煽る方向性はそろそろ、

神様が意地悪をして来ると思う。

2010年5月17日 (月)

断線

マックの電源が完全に断線する、

昨日の発表会の時にヒヤヒヤ。福岡に行くまで車内で症例のまとめをしていたので、バッテリーが減ってきている。もう少し、変更が必要なのに、、、

断線しかかっているケーブルをあの手この手で曲げてみる。ほかの人の発表に気が行かない。

偶然つながって、何とかなった。

今日は完全に断線していて、しばらくはメールが見れない。

ネットで検索してみると、断線は多いらしいことがわかる。1年程度で壊れるケースも多々あるらしい。

4年持ったのは僥倖?こんだけでご機嫌になっている。

発表会前は鼻がグスグスいっていて

「また風邪か?」と情けなく思っていたのに、発表会が無事に終わると治っている。典型的な

「病は気から体質」

ご機嫌になって帰りの車内で「週刊実話」を読みながら、焼酎とビールをいただく。

2010年5月16日 (日)

思い違い

最近たまに思い違いをする。

昨日の患者さん

「この入れ歯は去年でしたっけ?」

「いいえ,5年前ですよ」

ここまで極端ではないかもしれないが、少しずつ,その域に近づいている気がする。忘れっぽいのは昔からなので気にしてないけど。

「思い違いは嫌」

思い違いをあんまりしない自分だと思っていたので、なおさら嫌。

今日は福岡で勉強会。覚える事はしっかり覚えよう!!

朝イチの新幹線で向かう。

またグリーン車に乗るぞ!

グリーン車のトイレ。中から出てきたおばさんが引き戸を全開にする。

物凄い力だなと感心。自分が入って引き戸を閉めようとするが、、、閉まらない。

「?」と思って壁を見ると、、電動だった。

雑誌、新聞はあるし、最初は自販機であればお使いもしてもらえるし。何よりのんびり出来る。現時点の人生で唯一の贅沢。

2010年5月15日 (土)

シャーカス

3時に起きて医院で仕事。

レントゲン画像をデジカメで撮影する。暗い中、シャーカス線(レントゲンを照らす蛍光灯)の明かりだけが灯る。

一枚ずつ、「パシャ」「パシャ」

何度撮っても、、、、色目が異なる。悲しくなる。

莫大の数なので、そのうち夜が白みだす。

向いてないと思ってる作業だけど、やりだすとそうでもないかな?と単純に切り替わる。

いつもはウィンドウズの方に一括保存していたけど,症例発表のためだけだったので、マックに入力する。

マックは便利。

撮影の不手際を物凄く簡単に修正できる。

ひょっとすると、画像自体も修正できるのでは、、、

と黒土持がささやく。

現像フィルムは傷がつきやすい、処理を怠ると経年変化も出やすい。保管も面倒。
現像処理も手で行うアナクロさ。

それでも、これだけはデジタル化したくないな〜と

2010年5月13日 (木)

つばめ

3年ぶりに医院の軒先にツバメが帰ってきた。

吉兆

以前も書いたが,当院のツバメは少し馬鹿?

ヒナを落とす。

最後の頃は、、、

「巣を落とす」

軒先に板をわざわざ貼付けたのに。何か上手く活用してくれない。2年間来てくれなかった,寂しい反面少し,ホッともしていた。

それでも、3年ぶりに帰ってきてくれると嬉しい。今年は無事に子育てを全うしてくれる事を願う。

玄関がフンで汚れるけど、毎回お掃除をしよう。張り紙もしよう。

昨日は超難症例の総入れ歯のセット。気合いを入れるだけ入れたら。上手く行く。

総入れ歯はセット直後に評価をいただけるので、嬉しい。

まだまだ課題が残る総義歯だけど、楽しいので苦にならない。

2010年5月12日 (水)

トラブル 大連

大体,同じ時に起こる,同じ人に起こる、同じことが起こる。

という事は対策が立てられるはず。

「??」という事でも、対策を立てる練習と思って臨む。

会の旅行で「大連」に二泊三日。

最終日が野球の大会に重なっているので、あきらめる。でも行きたい!!積み立てもしていたし。今のメンバーなら楽しそうだし。

行った事のある患者さんにお話を伺うと、、

「何にも無いけど,良い街ですよ」

ジタバタする。

旅行会社に「一泊二日で一人分計算お願いします」とお願いする。

ファックスが今朝届いていた。

二泊三日より、、「3万円も高くなってる」

あきらめた。

黒土持がささやく、、、

「野球やめたら」


2010年5月11日 (火)

議事録

総会の議事録をまとめる。

朝5時に会館に行ってテープを起こして,最後の確認。自宅にはカセットが無いのでね。

総会は,年に2回ある。参加者は6割を超える。参加して下さった先生方に感謝。

議事録を起こしていると、「会の仕事は大事」と改めて思う。お昼にかわす真面目な場での話し合いは,貴重だとも思う。

後少しもうちょっと真面目に会の仕事を全うしよう。

知恵を身体を使わないで,出来る物は何も無い。誰かの「おかげ」を使っている。一人で出来る事は本当に無いよな〜と

テープを聴きながら思う。真面目になろう。

今日の夜は技工士さんと一緒に勉強会をしようと思って、S先生に電話をかけると,偶然今日勉強会をしようと思っていたとの事。

ちょうど良い偶然が一個下りてきた。

「幸運がやって来る三つの法則」

最近読んだ本。

2010年5月10日 (月)

1515

朝早くに間違い電話

「**ですか?」
「いいえ違いますよ」
「あれおかしいな?25−1515でしょ」
「はいそうです」
「じゃあ**でしょう」
「いや、違いますよ.覚え間違いじゃないでしょか?」
「でも25−1515でしょう」
「はい」
「じゃあ,あなたが間違ってるんですよ」

??が沢山頭にともる。

朝,新人さんに「患者さんの話を、まずは受け入れましょう」と偉そうにお話をしていた時にかかってきた。

笑うようなタイミング。つい電話口で笑ってしまうと

「ほら!笑うなんて,あなたおかしいです」

1515がかぶっている。

お昼に電話をとるスタッフは、**と間違い電話がたまにかかってくるのは知っていたみたい。

2010年5月 8日 (土)

待ち時間

待合室と診療室は分かれている。

患者さんがいつ来られたのかは、カルテが並ぶので何となくは分かっていたが、つい熱を込めるとお待たせする事があった。

今回のパソコンは,待ち時間表示が出る。診療室に置いてあるので、中でも確認できる。

患者さんが来られる→受付さんがチェック→パソコンに表示→待ち時間カウントが始まる。

ぼーと見ていたら少し感動した。

約3日間業者の方に来ていただいて、スタッフ全員が操作のレクチャーを受ける。院長は、、、

1分も受けていない。

本当に協調性が無い。

今回パソコンを新しくした目的は別にあるのだけど、他にも利用できそうで嬉しい。

まずは、診療の時間管理が具体的になりそうなのが嬉しい。

単純なので,嬉しいと走り出す。

何処へ走るかを、確認。

2010年5月 7日 (金)

5月7日

今日は,開業記念日。

今までお祝いらしい事はして来なかった。ゴールデンウィークが終わって,いつもほうけたような時期。「何かしたい!」といつも過ぎてから思っていた。

今年は、違うよ。

自分にご褒美を上げる予約をする。

まだキャンセルが効くので,キャンセル期間が過ぎたら、公にする。

新しいレセコンの調子はどうなんだろう?皆が一生懸命入力してくれている。

次の作戦にいく第一歩。

今日から技工士さんが来られた。

最初は大掃除。とにかく物置みたいになっていたので、大変だろうと思う。模型もゴロゴロ未整理でたまっている。

本当に感謝。

2010年 5月7日 また何となく歯科医院らしくなってきている。

2010年5月 6日 (木)

技工士さん

久しぶりに技工士さんを雇用できる。

院内に技工士さんを抱えるメリットの一番は、患者さんにある。2番目はスタッフにある。

患者さんとスタッフにメリットが確認できることが一番。そうなるためには話し合いが必要だよねと、過去の失敗から学ぶ。

「こりごり」しばらくしたら忘れるので、今回Hさんに来ていただくことが決まった。話を持ってきてくださった、S先生に感謝している。

治療の質が上がり安定してこそ、医院に自分にメリットがある。

ほかの世知辛い計算は、院長が解決するのが仕事。

今年から本当に色々変わる。

ベタだけど、去年はホップ、今年と来年はステップ。

そして、、、、

フライングだけは気をつける。

2010年5月 5日 (水)

インプラント

結構自信作(表現は悪いが)の患者さんが来院。

「先生,インプラントではなく,磁石はどうでしょう?」

10年ぶりに来られた。インプラントは大丈夫。壊れるかな?と言った部分が少し壊れての来院。

「年をとったので、インプラントはしんどいかも」

前回はフルで力一杯の治療内容になった。必要だったからだし、10年後を見ると間違ってはいないと思う。患者さんも喜んでくれている。

前回が長期の治療になったので、年齢を考えると少し不安らしい。

条件はバッチリしてあるので、手間は全くかからない。治療終了後にもお話はさせていただいている。

「磁石?何でそう思われたのですが?」

「テレビで,磁石の方法があると言っていた。簡単で早くて安い。」

「?」が頭の中にともる。

番組を見ていないので、何とも言えない。間違った情報は与えていないはずと思う。

そして

誤解は与えていると思う。

HPを新しく作る予定。HPは広告上(医療として)の制約はうけない。チェアーサイドで患者さんに話せることは、すべて載せて良い。

チェアーサイドで話すときは、できるだけわかりやすい言葉でお話しする。そして必ず確認を探る。

今度のHPはチェアーサイドでのお話をまとめ上げたものにするつもり。

ものすごい手間がかかる気がするが、、、、

誤解を与えない工夫も必要だなと思った。

2010年5月 4日 (火)

連休

珍しくぽっかり。

子供達が大きくなると,一緒にどこかへ?というのが無くなった。

やる事をいくつか書くが,全部仕事の事になる。趣味は無い。

でも仕事を元にして,色々考えた方がやる事の幅は広がる。趣味っぽい事も増える。

ストレス発散と言うが、仕事で出来たストレスをお金を使って発散するには、仕事で得たお金の2倍は使わないといけないらしい。

ホントかいな?と思うが。

お金の消えっぷりを考えるとあながち外れてもいないような気がする。時給に換算するとそうかもな〜

そういう人を絡めとる仕組み、そういう考えに導く仕組み。

お金を使わずにストレスを発散するには?

そもそも,ストレスを感じないようにするには?

良いストレスを得るには?

自分の場合は、仕事を上手く回せば良いと思う。

多少のストレスは良い緊張を生む。ヒヤヒヤする位が、楽しかったり。

2010年5月 3日 (月)

野球

宮崎県歯科医師会の野球。

今期は*西先生と自分が投手。今は二人とも少し,グズグズだけど10月の本番に間に合えば良いと思っている.ゆっくり調子を上げる。

年をとってから、「人のために」をかなり考えるようになった。野球はその際たる物。

投手と言う役割柄,身体を少し使う。年齢を考えると日頃の節制は必要。今のダイエットが何となく続いているのも、「野球」のおかげが大きい。

練習が終わると、速攻で銭湯に行く。サウナ、水風呂を繰り返す、ジェット風呂で100数える。身体をほぐす。帰りに生野菜を買って、ムシャムシャ食べる。

8時には寝る。

自分のためだけだったら、無理かな?

今期から医院の仕組みを少し変える。仕組みは長続きしないとスタッフには効果がない。

「長生き」をスタッフに宣言する。


2010年5月 2日 (日)

食事会

ミーティングの後は,食事会。

風邪気味のため,欠席を考える.直前なのでキャンセルが効かず,自分の代わりに産休中のKさんに「ご飯食べない?」と連絡をとってもらう。

「オッケー」の返事。

そうなると、なんか寂しくなり。「やっぱり僕もいく」とMさんに変更の電話をお願いする。

「追加の方は、コースでは無く。一品を頼んでもらうそうです」

望む所だ!

お酒を飲む際に、食事をとらない。コースで出ても箸つけないので,人に上げる事になる。もらう方も迷惑半分と思う。

空きっ腹に、グイグイ。

安上がりに酔っぱらう。

2次会は10年ぶりくらいに、Yというお店に行く。

酔っぱらっているので、いきなり皆を別のフロアーの、女の子の沢山居るお店に案内する。5秒位で気づいて,あわてて退散。

お店に入ってからは,あんまり覚えていない。

目が覚めると、いつもの用にセブンイレブンの袋が頭の上に。

お酒は,殆ど残っていない。結構良い飲み方をしたのかな?と

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »