« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

お花

昨日はスタッフIさんのお誕生日。

おめでとう!!

お昼休みに花束を、一人一人メッセージを述べる。

スタッフあっての歯科医院だと常々思う。良いスタッフ?は本当に本当に大切。スタッフのためにも、良い医院を作らないと。それには技術も大事だけど。経営も大事。

失われた?10年のつけを最近少し意識している。健全な?経営に裏打ちされてこその医療だと思う。


患者さんが言われた。

「健康が一番の金儲け」
「毎回10分5万円と思ってトレーニングをする」

見違えるほど、身体が変わって来られたのでお尋ねしたら返ってきた言葉。お忙しい方なので、時間を取るのは大変だろうなと思う。

視点を少し変えるだけで、トレーニングは楽しみになる。

うまく回りだして、いつもの手抜きが頭をもたげだしていた。ウォーキングもお片づけもさぼりがちになっていた。

視点を変える。


2009年9月28日 (月)

ライブデモ 入れ歯

土日は、宮城県の渡辺先生の研修会。内容は・・・

二日で入れ歯を作り上げるもの

かたどりから、セットまでを二日で行う。最後に、「おせんべい」と「蛸のお刺身」を患者さんに食べてもらう。

満足げな患者さんに、受講生から感嘆の声と、思わず拍手が沸き起こる。

渡辺先生ありがとうございました。

研修会を聞いてて、「伝える能力」を再度考える。

お人柄(魅力)

多少作り上げてもいいので、伝えようと思うときは、自分はお人柄から変えんといかんな~と思う。

受講生の自分たちに上手く伝わるように、ひきつけるように、すばらしいあっという間の二日間だった。

当院の入れ歯をお願いしている、技工士さんも2名親子で参加されていた。

入れ歯を極める良いきっかけが、やってきた。

2009年9月25日 (金)

お休み

連休明けの昨日
「子供が熱を出したのですいません」

チーフのUさんから、電話。

午前中は、バイトさんが2名いるので、なんとかしのげる。

ちょとドタバタするくらいの忙しさ。午後はどうなる事やら??とスタッフは不安そうだけど

「大丈夫、楽に回るよ」
「賭けても良いよ」

スタッフが急なお休みの時、。

「思いのほかのんびりする」

何となく、いつもそう。

トータルでは、多い患者さんだったけど、夕方はいつもより、楽に早く終わる。
残ったスタッフががんばってくれた結果。

「よし」とネジを巻いてくれるスタッフのおかげがすべて。

院長もつられて「ネジを巻く」


2009年9月24日 (木)

床矯正

HPからのお尋ね。
「床矯正はしていますか?」
「顎を広げて、大人の歯を並べたい」
「抜歯は避けたい」

しているけど、最近は矯正装置を固定式にする事が多い。

床矯正の装置は、患者さん(お母さん、子供さん)が外せます。壊れたり、なくしたり、アクシデントはありますが、つぼにはまれば、良いかな。

固定式は患者さんは外せません。

どちらにも長所、短所があります。

問題は

広げた後です。

メールでの質問は、答えが難しい事があります。矯正やインプラントなど、安請け合いはお互いのためにならないので、つい慎重な答えになります。

うまく伝わりますように

2009年9月23日 (水)

マイレボルーション

今日は、6県対抗の野球大会。いつもお世話して下さる、熊本県歯科医師会野球部の先生方に感謝。

去年は雨で中止。今年は天気は大丈夫。10時に寝る。

早起きしすぎてホテルで更新。

爺さんになり始めているなと思うが、気を取り直してパソコン仕事。マックに取り込んだ資料をウィンドウズ用に変える。

待合室で流していた資料。

朝には絶対にまとめ上げるぞと意気込むが・・・

テレビで「ハンサムスーツ」をやっている。

おバカに見入ってしまう。

中条きよしは、本当にカッコいい。

早く終わらないかなと思いながら2時間が過ぎる。テレビを見ないので若い女優さんの名前が全然わからない。つい噛み合わせは?と思いながら見ている。

「マイレボルーション」が挿入歌。

頭の中で流そうと思う。早速今日の試合中に流す。単純に元気が出る方法。

何となくエンディングまできちんと見る。

フェイクエンディングが仕掛けてある。ほんとの一番最後のシーン。どれだけの人がここまで見たかいな~と思う。

2009年9月19日 (土)

連休

連休中に取れませんか?

治療途中で仮歯をしておられる患者さんから質問。

「取れませんよ」と答える前に・・・

「取れるかもと心配なんですね、何か不安ですか?」と質問。

「旅行」「お彼岸の集まり」「発表会」患者さんによって連休中は色んな事情がある。今まで無事にきてるので、「大丈夫」と思っておられても、質問したくなるよねと。

患者さんの質問に、つい結論を答えてしまいがちになる。結論を先に言ったほうが良い患者さんがいるのも事実。

でも

「何か、あるんですか?」とお尋ねするだけで、より良い説明ができる。

2009年9月18日 (金)

Bくん

お昼休みに、受付さんから電話

「Bさんという方が来られています」

0.5秒で家を出る。

小中高といっしょ。同じクラスにも結構なった。20年ぶりにあう。見た目はお互い変わっているが、雰囲気が昔のまま。

子供さんが東京の高校に行かれているとのこと。

「楽しそうでいいね」

「じゃかいよ(そうだよね)」

お昼に矯正の患者さんが入っていて、20分くらいしかお話できずに本当に残念。さらっと別れた。

お土産にあげるはずの歯ブラシもあげそこなった、連絡先も聞いていない。

お互い、相変わらずだなと思う。

物凄く元気が出ている、今年いっぱい持つ。

2009年9月17日 (木)

健康診断

今日はスタッフの半分が、健康診断に向かう。

院長は別枠で行われるだけど、行ったことは一回しかない。

運動不足だし、血圧はバカ高い、タバコは吸うし、偏食気味、若い頃と比べると節制してる(元気がなくなってる)が、健康体とは行かないと思う。

因果な仕事なので、少しストレスもあるかな?

まれに・・・

「顎関節症だと思います」

何が心配なのかをたずねると、「怖い病気にかかりはしないかと」

テレビの健康番組。あおるのが仕事。

この手の番組のなか、要注意でひな壇に上がる「ニコニコした芸能人」 彼らが入院したり、病気で引退したりしているのを見かけたことが無い(松村のマラソンは別)

身体の不調には少しかみ合わせは影響すると思う。良い例、悪い例、沢山経験する。

でもね・・

ひどいことにはならない

過蓋咬合、咬んだとき、下の歯の見え具合が少しな感じ。これは、悪者。

治療法は矯正だよねと思うが、患者さんへの「切り出し」に迷う。

2009年9月16日 (水)

戸籍謄本

市役所に戸籍謄本を取りに行く。

普段この手の仕事は奥さん任せなので、何となくぎこちない。パスポート取得には住民票も必要と書いてあったのだが、

「現在はパスポート取得に住民票はいりませんよ」

窓口の方に言われる。

「せっかくなので注文します」

良く判らない受け答えをして、謄本と住民票をゲット。

身分証明書を持って行ってなかったので、余分な書類を書いたけど、初めてのお使いにしては上手くいく。

謄本には自分の家族の名前が書いてある。役所特有の紙質と印刷具合が気持ちが良い。

もう一通記念に注文しとけばよかったなと。

2009年9月15日 (火)

入れ歯

土地柄、患者さんにお年寄りが多い。当然入れ歯のケースが多くある。

誤解を恐れずに書くと高齢化と難症例の増加は比例していると思う。

「私の土手(歯茎)は痩せてるから、難しいでしょう」と言われる方は多い。土手が痩せてるぐらいは、何とかなる。

昔の入れ歯の改造、かたどり、2回目のかたどり、かみ合わせ、あわせ、セット、調整。

時間はかかるが、世間話をしながらゆっくり作る。

歯科医院に、お一人で来られる方は、概ね元気。

バイクで、クルマで、電動バイクで、押し車の徒歩で、自転車!!で、

「今度買った、電動自転車は坂道をスイスイ上がる!!」

急な坂道を自転車のお年寄りが平然とスイスイ上がる光景は、多分びっくりする。

今月末は、入れ歯の講習会、野球と重なったけど出席を決める。来年は別の長期講習会を予約している。

もう少し器用ならな~と入れ歯に関しては思う。

今日はご近所の家族ともどもお世話になった方のお通夜。

もう少し器用ならと思うケースだった。

2009年9月14日 (月)

慶北大学

院内旅行に向けてまずはパスポート。

思いつきとタイミングで決めた感がある院内旅行。11月4日に韓国慶北大学で矯正用インプラントのコースがある。

「ん~」と思って・・・

「どうせ休みにするなら院内旅行にしちゃえ」

準備を始めると・・・

偶然に患者さんと旅行の話しになって、良い旅行社を教えてもらう。

ウィルツアー(福岡)

スタッフはツアー、自分は格安チケットとホテルを調べる。さっさと決めたのだけど、パスポートが無いのに気付く。

ここからいつものグズ病が始まる。

いかん!さっさと手続きをしないと!

心を新たにしようと院長室の机の上を片付ける。紙束の下のほうから茶色の封筒が出てくる。同じものが二つ。

「定額給付金のお知らせ」

読んでみると締め切りは16日まで、ラッキー!!と思うが、相変わらず・・・とも思う。

2009年9月12日 (土)

思索

早起きして歩く

歩いている間、思索にふけようとするが、長続きしない。

うっとおしい、困った問題を歩き始めは考えているけど、知らないうちに忘れて歩いている。

逆に・・・

「それほどたいした問題ではないのかも」と反省したりしている。

危うい脳天気。

そもそも・・・

「今日は猫を何匹見かけるか?」とキョロキョロしながら歩きはじめる時点で「思索にふける」スタンスではない。

早朝、天気が良い日はかなりな上空に3本飛行機雲が綺麗に走る。

どこに行く飛行機かな?と上ばっかり見ながら歩いている。かなり上空な事と5分おきぐらいに飛行機が来るので、20分くらいは上を向いていられる。

いつかあの飛行機にのるぞ!と目標を立てる。

ホントに飛行機かな?

2009年9月11日 (金)

のんびり昼休み

珍しくぽっかりと昼休み。

12時過ぎまで診療が食い込むとこが最近多かった。ほぼ毎日1時からホームに入れ歯作りに出かけるし、お昼はなんとなくせわしい。

昼ごはんを食べないと決めた理由のひとつ。

空いた時間でこまい仕事を片付けようと思っていたら、コンコンと窓を叩く音。鹿児島から奥さんが偶然来る。

いつものようにトンカツを食べに行く。

ラッキーが重なるときは、こんなものだよね。

院内旅行が少し暗雲が漂っている。子供さんがおられる方は、諸事情に左右されるし、妊婦さんはインフルエンザが気になるし。

気をもんでもしょうがない。やることやって、ラッキーを待つ。

パスポートをまずは更新する。

2009年9月10日 (木)

あご

今週のインプラント

右上の骨の少ないところに、2本の予定。

補填材や自家骨を採取する準備もバッチシ。インプラントも2種類用意している。おまじない的な朝のアフターシェーブローションもしたし、青の白衣の下は験かつぎの黒Tシャツ。

麻酔を終わって、患者さんに滅菌の緑の敷布をかぶせる。心電図モニターもオッケー。

チェアーを倒してお口をあけてもらう。

「どうですか?大丈夫?」

「顎が外れて、口が閉じません」

患者さんも気合が入っていたのか、一発目に思いっきり口を開けた拍子に

「顎が外れる」

粛々とインプラントを行う。

終わった後に、顎を静かに戻す。ニコニコ帰っていただく。

次の日のインプラントは・・・「お口が開かない」

上向きだと舌が後ろに落ちて、呼吸も不便。予定を少し変更して粛々と進む。

顎だよね~再認識

顎や咬み合わせのお話に、少し持っていけるような雰囲気や方針にはしているけど、患者さんの頭の中に「?」が点らないと、説明が上手くいかない。

「?」をともすには・・・「ささやく」

2009年9月 9日 (水)

お土産

患者さんからいただいたお土産の文字が

イタリア語

カプチーノの作り方がイラスト付きで書いてある。

イラストがとってもイタリアン。

いいな~

土日から、「いいな~」がいくつか巡ってくる。

ある先生が「休診にしてもスタッフの話を聞く事にしています」 「やっただけ仕事はスムーズになります」 以前自分も個別面談を何回か行っていた。

忘れっぽい短絡的な性格で成果は半分くらいだったかな?

でもまたやろうかなと。

ある先生は「一回もミーティングをしたことが無い」

でも院内はピカピカだし、あちこちスタッフさんの心配りの工夫が溢れている。院長自身もニコニコしながら診療している。

どちらも正しい

2009年9月 8日 (火)

岩盤浴

早朝(5時)の銭湯は年配の方でごった返す。

朝早くから、銭湯に来る人は健康志向が強いと思う。それぞれ思い思いの健康法があるらしい。

都城温泉は、泉質の量と質もさることながら、水風呂が物凄く気持ちが良い。霧島からの地下水がだだ漏れ状態であふれていて結構広い。その中で・・

色んな健康法が披露。

その場バタフライ、ブルースリー、シャドーボクサー、お相撲さん、底に沈む人、プカンと浮いてる人、

人それぞれ、ちょっと迷惑だけど少し笑える

「身体を温めない」を自分の健康法にしている。

鹿児島の行きつけの銭湯で「岩盤浴始めました」のポスター。カプセルがずらりと並んだ絵柄。銭湯代込みで900円ならと申し込んだ。

2階に案内されると、殺風景な小部屋にカプセルが二つ。

「有線かけましょうか」と言われた。枕元にラジカセが置いてあったので、

「FMでラジオをお願いします」と言ったら

「このラジカセは置いてあるだけ」 「??」

汗はガンガン出る。1時間は入っていられる設定にもなっている。サービスでペットボトルも配給される。

家に帰ると奥さんが、顔色を見て。

「どうしたの?」

健康法は合う合わないで決める。正しいかどうかはどうでもいい。

「身体を温めない」

2009年9月 7日 (月)

CHP 打たれ弱い

土曜日は、CHPの最終回。

6ヶ月UさんWさんありがとう!!

最後に「のびたタイプ」と「しづかちゃんタイプ」とで説明のワーク合戦があった。のびたタイプに女性はいない。

インストラクター役のE先生がいなければのびたは、自分ひとりだけ。

のびたって・・・

ワークでは前提からして間違ってるところを指摘されている。そういう回路が無いことを痛感する。

スタート時点でもうずれている。

しづかちゃん度を測る数値は55点中4点。考えようではゼロに近い数字。

「のびたは実はしづかちゃんが苦手」

「のびたは実は打たれ弱い」

講師の先生の追い討ちの言葉。

「本当に打たれ弱いですから」

野球大会まであと41日

絶対に打たれない。

打たれさえしなければ・・・弱くならない。

ウォーキングと腕立て伏せで、肩と肩甲骨のパキポキがかなり減った。少しづつ外回りを鍛え始める。

強引にまとめる、のびた。

2009年9月 5日 (土)

10年ぶり

治療方針を変えた初期の頃の患者さん

久しぶりに来られる。

あちこっちワヤヤになってはいるが、軽症ですむ。昔の資料を探すが、スライドなのでどこに行ってるのか?CDにも落としたはずが、どこに行ってるのか?

冠脱離、歯根破折、ポーセレン擦り切れ、

でも、顎関節はのんびり動いてくれてる。

へーと嬉しくなる。

「不便は無かったし、今でも不便は無いけど、少し凍みるので来ました」

資料を採って次回説明。物凄く紆余曲折したので、時間がかかった。長く見かけなかったので(ご主人、娘さんは来られる)・・・

嫌われたのかな?と

今回は簡単な手直しだけで済みそう。

昨日は矯正治療の患者さんが2名ブラケットを外した。MTMではあったけど、できばえはいいよねと思う。

Y先生に感謝

おひとりはシロナソを採る。もう一人は次回採る。

2009年9月 3日 (木)

QUIJOTES

キホーテの会と言うスタディグループに参加させていただいている。

鹿児島のNぞの先生の紹介

感謝

QUIJOTESでキホーテ

年度が終わると、各先生方の症例発表を纏めたイヤーブックを発行される。1次ゲラチェックが、送られてきた。

H先生に大きく感謝。

自分の症例を見直してみると、あらばっかり。マックスで臨んではいるけど。思いで深い?症例なのだけど、考えると「仲が良くなった」患者さんだよねと気付く。

歯科治療は実は長期になるものが多い。全てのケースで長期の予後を保障したいがそうもいくまい。

せめて

自分が歯科医院をたたむまでは、何とかならんかな?と思う。問題は必ず起こるはず。

ゲラを見直しながら、考える。

精度かな~

2009年9月 2日 (水)

土曜日

土曜日は4個ブッキング(ばか)

野球、テレビ会議、CHP、矯正 さてどれに出ようかな?

たぶん、CHPに出て終わり次第矯正に走る予定だけど。

どちらも中途半端だな~と再調整を考える。

患者さんの治療は、少しづつだけど以前より計画どうりに回りだした。

次の予定の引継ぎを、しっかりしたこと。

スタッフ自身が簡単でも計画を考えること。

当院の方針の理解が深まったこと。

以上3点が効果あり。

感謝

さてどれも、ボーとしていて自然発生に起こるものではない。院長が何か行動しないと、起こるわけは無い。

上手く行った跡に、軌道に乗せるのが実は苦手(飽きっぽい)だけど、そうも言ってられないので、チマチマ行動する。

知り合いの歯科医が、

「患者さんを増やすことだけに集中しました」

「どのくらい増えるか、限界までやってみようと思っています」

その過程で色々起きる問題は「別に気にしない」

お人柄とあいまって、良い雰囲気で進んでいる。

「はー」と元気が出る。タイミングよく引き寄せたな~と。

2009年9月 1日 (火)

九スポ

月曜日コンビニで新聞各紙を、見る。

一般紙は総選挙一色、スポーツ紙も報知と日刊ゲンダイは総選挙。民主300超え!の大きな文字が。九スポは・・・

「@@容疑者保釈」の大きなブルーの文字

大昔、平成に変わる原因になった日の新聞も他紙が黒一色の中

「人面魚重体」

相変わらずな紙面作り。

でも

選挙速報を見ましたか?と若いスタッフに尋ねると・・・

「どこも同じ番組で早く寝ました」

確かにそうかもしれない。

始めてどの局も同じ映像を意識したのは「浅間山荘事件」

小学生なので、意味がわからず、戸惑った記憶がある。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »