« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

日曜日 797 797

ここは歯科医師会館

金曜日の理事会の議事録をまとめるために、朝の6時に乗り込む。

歯科医師会の活動は、たくさんあるよねと毎回思う。半分ボランティアのような面も多い。だから?かかわらないようにしている人も多い。(自分もそうだったし)

向いてない部分もあるかな?と思うが、毎回議事録をまとめていると

「誰かがせんといかんよね」

1時間ちょっとでまとめ終わる。

テレビをつける。

久しぶりに見るテレビは・・・

やっぱり面白いな~

よく考えると、日曜の早朝はホテルで迎えることが多い。日曜の朝の番組はなじみがある。

見る順番も決まってるので、楽チン。

「食品廃棄が1900万トン」世界の食料援助の3倍!、「ほー」と思う。

「とりあえず」を広島では「たちまち」と言う アンガールズが紹介「へー」と思う。

マイケルジャクソンの訃報紹介 「ふー」と思う。

「宇宙旅行が2000万円」4分間 「ひー」と強く思う。

「はー」と思ったの

「0120 797 797」のCM 少し笑う。

2009年6月29日 (月)

プロ野球選手

子供さんが書いた短冊の夢。

うらやましすぎるぞ!!

今年も、フェイクの笹に短冊を飾りつけ。

なんとなくテンション下がり気味だったけど、短冊の願い事を見てると元気が出る。

感謝

野球小僧は、坊主頭、レギュラーで大会ももうすぐあるそうな。

背筋を伸ばして。受け答えも元気な声で「ハイ」

虫歯も無い えらいぞ!!

土曜日は市営球場で野球。気になった天気も何とかもつ。相手は五十市産婦人科の院長先生を中心としたチーム。

年齢はかなり上のはず、サード。とても上手。バッティングも。

最近自分より上の年齢の方のプレイを見る機会が続いた。

絶対に節制を努力をしてる。

身体の節制は努力は他の事にも通じる。子供も、大人も関係ない。

もう少し、身体を作る。

2009年6月26日 (金)

マイケル ジャクソン

同じ戌年

オフザウォール(大ブレークの一個前)しかLPは持ってなかったけど、全部かっこよい曲。ジャケットも見開きの豪華なやつだった(思う)

テレビが無いので、どんな報道ぶりかは、判らない。

ウィキペディアでくぐると、早くも沢山の記事の削除予定の記述がある。

人の口には戸は立てられぬ。

宮崎駅へめがねを取りに言って、帰りに本屋さんへ。

野菜、コスメ、料理、旅行の雑誌を探す

野菜(家庭菜園)は患者さんに本当に受けが良い。チェアーサイドに持ってこられる方もいる。古い号は、お持ち帰りオッケーにしている。喜んで持って帰られる。

1Q84のBOOK1が一冊だけ残っていた。手持ちは3000円。

初めて買う、村上春樹(「長いお別れは」持ってるけど、翻訳物) 少し楽しみ。早く読みたいが・・・・

読む暇はある、読み方に問題がある。

最後まで一気に読了しないと気がすまない。分厚い2冊組み。

スケジュール調整に入る。

「お出かけ夏」と「美的」を買ったら、野菜を買えなくなった。

めがねが無い 2

めがねが無い

可能性があるのは列車だけ、宮崎駅に尋ねてみると・・・

「ありますよ、明日の午後には警察に回します」

月曜の朝一で置き忘れしたはず。

取り置きは5日間。

都城に向かうときは、進行方向に右に座る、錦江湾の眺めが良いから。日の出の頃に上手くタイミング合うと、

絶景の一歩手前ぐらいはある。

国分を過ぎると、左側へ。太陽が射す方向なのと、やはり景色が良いから。

席を移動したときに置き忘れたのかな?パソコンを長時間するには少し不向きのメガネ。つい外して窓のところに置く。

木曜日は、矯正の本読み会だったけど、キャンセル。

すいません S先生。

2009年6月25日 (木)

夜の勉強会

月に一度、老人ホームで勉強会。

診療が終わって、7時半から9時前まで行う。

職員の方は、40名。交代制の夜シフトの方15名程度を前にお話をする。

昨日は、爪楊枝方という歯磨きの話と入居者の方に実践した。

実は・・・

歯科医自身が歯磨き指導をすることは、殆どない(と思う) 歯科衛生士さんが行う。

入居者の方の訴えは・・「歯茎から血が出る」

爪楊枝方でやってみると、ごっそり取れる。しかもあっという間に。

はじめてやってみて、自分が驚いている。

フロスや、歯間ブラシ、ウォーターピック、超音波歯ブラシ、色んな歯磨き粉に歯ブラシ。

マニアの域に達しないと無理じゃない?

「簡単なことは伝わらない」

虫歯予防も、0~3歳まで「砂糖断ち」するだけで、良い。でも伝わっていない。テレビで伝えれば一発と思うが・・・

スポンサーが黙っていないと思う。

「ほんとのことは伝わらない」

昨日のミーティングで、また気づきなおしたこと

「歯や、歯茎や、入れ歯が来院されるのではない」 ここだけ少し頭の中で強化したら、いろんな事が良くなる。

「当たり前なことは伝わらない」

夜の勉強会は、資料もばっちり作ってあったし、良い感触で終わるが、この後が大事。

短く持ってコツコツと

2009年6月24日 (水)

ぎこちない ミーティング

患者さんになるだけ、こちらから、話さない。

物凄く、ぎこちない。

少し、苦しい?

説明するのが、話すのが、患者さんのためと思っていたが、そもそも、聞いてもらえる話にするには・・・

聞かないといけない。

結構「あららら」の方が来られる、急にここまでなったわけは無い。思い切って歯科医院の扉を押したのには、必ず訳があるはず。

よし!ぎこちなく聞くぞ!!

ところが、あまり話さない患者さんも多い。痛みがあれば、ぐらぐらしてれば、それ以上言うことは無い!!

「言うことは無い?」

何とか、お話してもらえるように、ぎこちなくなりながら、こちらも問いかける。

今日の午後は、ミーティング

最初よりは、ぎこちなさも減ったけど、まだ残る。

でも来月も行う。予定日は・・

7月22日の午前中。

日食ミーティング

2009年6月23日 (火)

60歳

日曜日は、60歳以上の方ばかりの野球チームと試合。

どんなもんだろう?と思っていたら・・・

物凄く上手い。身体もすばやい!!

守備の上手さもさることながら、驚いたのは、バッティングの鋭さが違う。

若い人顔負けのスィング、それも全員!!

失投は必ず振りに来られる。

試合運びもそつが無い。

聞くと県代表チームとのこと。

60歳以上で、これだけ身体が動くのは、60歳まで続けてきているから、試合も、練習も、トレーニングも節制も。

当然メタボなどいない。

身体、運動神経、環境、何より条件(9人以上の元気な友達がいる)が整っているからとは思うが、続けられるのは、個人の努力の賜物。

ピッチャーも凄かった。直球も変化球も、投げられるのがまず凄い。

グダグダな自分が恥ずかしい。

もう一度試合がしたいな~

色々、聞いてみたい。

2009年6月22日 (月)

院内新聞

改装して綺麗になたっら・・・

押しピンで張らなくなった。

昔はめちゃくちゃあちこち張っていた。脈絡も無く、無造作に。

症例写真などは、評判も良かったが、それより評判が良かったのが、

院内新聞

スタッフのNさんがお昼休みに作ってくれる。感謝!

先月号はお休みになっていた。張る場所が無かったしね。

イーゼルをハンズマンで買ってきて・・・問題解決

歯科のことはなんも書いてない。スタッフや、院内の出来事、自分のことを書いている。本当に患者さんに受けが良い。

「先生野球をするの?」

ピッチャーをしている写真を載せてる今月号。結構かっこよく映ってるので、一番上に編集してもらった。

歯科のことはいつでも話せる。

自分のことを話す機会は、知ってもらう機会は実は少ない。

あんまり知らない人から、治療されるのは、イヤだよね。

2009年6月20日 (土)

息子の矯正

「うちの息子はいつ装置が外れますか」

昨日の患者さん、子供さんが最近矯正を始められた。

色々、患者さんには説明するけど、家族みんなに伝わるわけではない。ご本人が直接説明を聞きたいケースもあるかな。

何か工夫が必要

説明は好きだし苦にならない、調子こいて時間を自分のほうがかけてる場合もある。

反省

聞きたいことをまずは聞く。ほんとに聞きたいことを聞き出す。

色々しゃべるが、沢山しゃべっても、患者さんの頭の中には情報の濃淡がある。

こちら側の濃淡と違うと、トラブルかな?

文字は必要。

スタッフの仕事がまた増える。

患者さんのために!

実はこちら側のためのことが多い。

2009年6月19日 (金)

③4567⑧ 疲れ

久しぶりに来院された患者さん、左下のブリッジが、外れてこられた。

ティッシュにくるまれた、取れたブリッジを手にして、思う。

「頑張ってるねー」

レントゲンを撮ると、問題は無い。

またお口に中に戻るブリッジ、もう少し頑張ってねと、患者さんともども思う。

大昔のケース。デジカメはない時代、沢山とったスライド写真をを眺めながら、顔をあちこち、触診をしながら、

「もう少しは持つかな~」

女性の治療はタイミングもあるよねと本当に思う。

下顎の歯列を右から左、引きずり回している。昔なら考えられない方法。毎回デジカメをとる。比較をすると・・・

「じわり」

昨日の夕方は少し元気が出た。

仕事の疲れは、仕事でしか取れない。

趣味や、非社会的行動(なに?)はカンフルにしかならない。後遺症もあるしね。

仕事で疲れを取るために・・・

2009年6月18日 (木)

ゴール Wさん

ワールドカップが近づく

「ゴール~~」を連呼しすぎて、大顰蹙をかったアナウンサーがいたような、けちのつきはじめていうか、元から要素があったのか、その後も・・・

他人にゴールは決定して欲しくない。

ましてや、ゴールの興奮は、まずは自分が感じたい。

計算高さが邪魔感が見えてくると、ひどい目にさえあうのかな?

昨日の新患さん

スタッフが書いた問診表の最後に

「母が入れ歯なので、自分は歯を気をつけたい」のコメントが。

その方は全部歯がある、親知らずもきちんと生えている。神経いじった歯も2本だけ、歯磨きもおりこうさん。

歯医者に来られたきっかけは「痛み」、

次の動機は「旅行が近いから」

ゴールは「入れ歯にはなりたくない」

ここまで患者さんの事が判れば、楽だよな~と本当に思った。

Wさんありがとう!!

2009年6月17日 (水)

失敗 おれおれ

人にはタイプがある。

かに座だからこうだ!とかB型だからこうね!と言うほど楽ではないが、ある程度は、タイプ分けのマニュアルを知っておいて損はない。そして・・・

知ってるだけでは、身に付かない

一時期はやった「俺おれ詐欺」名前を変えて、今もあちこちで行われているはず。手口は殆どの人に知られているはず。手を変え品を変えはあるだろうけど、

基本は同じ。

殆どの人に、手口は知識としてある。でもだまされる。

だまされないには・・・自分もやってみること。

知識を知恵にするには、自分でもやってみること。

「おれおれ」のほんとに細かいマニュアルは絶対にあるはず、心理学的な注釈も沢山つけられるはず。それを公開してみんなで実践すれば良いかな?

「おれおれ」は物凄い数、朝から晩まで実践しているはず、上手くなるはず。

手口・・文字通りに、手と口。実践のみ。

うろ覚えのタイプ分けを実践してみた。かなり失敗したみたい。しょぼんとする。でも、面白そうなので、またやってみる。

手口になるまで。

2009年6月16日 (火)

レーザー S字

昨日の研修会はアストラさんを呼んで

「NdYGレーザー」の説明

一般の方は「歯科にレーザー??」と思われるかも知れません。結構普及しています。

炭酸ガスレーザーが一番普及していて、今では価格が100万程度になりました。

「NdYGレーザー」・・・・・550万円

しかも・・・

狭い都城で、小さなグループでユーザーが3名もいることにまずは驚きました。ユーザーの先生方の生の声も聞けて、良い集まりでした。

その後は、H先生の矯正症例の発表。専門医のK先生のコメントも鋭く。良い時間がすごせました。矯正は切り口が沢山あって、本当に奥が深いなと。

歯科の新しい技術習得には当然お金がかかります。何より、時間もかかります。

それでも、あえて進むのは・・・

知識欲かな?「この患者さんを良くしたい」「何とかならんかな?」

仕込み(準備期間)に時間がかかるものは、大変ですが。火がつくと燃え続ける時間も長い。

S字曲線の法則は、なんにでも当てはまる。

今は、Sの立ち上がりのちょっと前・・・

であって欲しい。

2009年6月15日 (月)

研修会

土曜日は、K、U,Wさんと。

日曜日は、N,Iさんと。

同じタイプの研修会に出る。土曜日は、ベーシック、日曜日はアドバンス。土曜の夜は、宮崎であった、懇親会に全員出てもらった。

感謝

研修会では「ワーク」がある。

習ったことを役柄を交代しながら、短時間でシュミレーションどうりに行うこと。

おおむかし、この手のワークをしたときは・・・

「なんじゃ?役に立つの」

本当に、未熟だった。

ワークのよいところは・・・「人の振り見て我が振り直せ」がすんなりできること。

短期間で集中して繰り返すことで・・・

自分の振りが浮かび出てくる。

変えるのは無理かな?と思っていた自分の性質(たち)が理解できる。理解できれば、改善できるし、しようと思う。

土曜日は、研修会前にお昼ご飯でバイキングへ行った。

少し体調の悪かったKさんもムシャムシャ食べる、若いWさんもバクバク食べる。Uさんもデザートをガッツリ。

雰囲気を壊してはいけないと、自分も食べる

気分が悪くなる。

身体の弱い年寄り

2009年6月13日 (土)

とんかつやさん

36時間食を抜いた後の最初が・・・

とんかつ

奥さんとお昼を食べることになり、リクエストでとんかつやさんへ。

依然あった場所から、忽然といなくなった、とんかつやさん。周りの反応は・・・

「なくなって、迷惑」「どうしたらいいの?」

物凄いほめ言葉だと思う。

とんかつやさんは、自前で店舗を作って移転していた。

新しいお店に奥さんと乗り込む。車のドアを元気良く閉める二人。刑事のように機敏に動く。

新しいとんかつやさんは、少し値段は上がったけど、コーヒーやデザートも付いてるし、コストパフォーマンスが下がったわけではない。

カツカレーの、どうしたらいいの?状態のボリュームはそのまま。

夜は鹿児島でご飯、家で食べると馬鹿みたいに食べる。苦しくなるまで食べる。お菓子も食べる。

今日のお昼は、スタッフと研修会まえに、バイキングの予定。夜は会終了後、宴会。

食べると、逆に疲れるようになっている。

食べてお酒を飲むと異様に回る、苦しくなる。昨日も歯を磨きながら鏡を見ると・・・

死にそうな顔の自分に会う。

少し困っている朝

とんかつやさんは、店の名前を知らない。我が家の間で「とんかつやさん」は一軒、そこだけ。

2009年6月12日 (金)

募金 444

コンビニでお買い物。

夜の本読み会が終わって11時、昨日の夜から食ってないので、フラフラと蛾のように、ローソンへ向かう。

食べ物に目をつぶって、我慢して??ワンカップを二つ買う

偉い!!(誰が誰に?)

独り言になってないかな?と少し心配になる。木曜日は、矯正の本読みと、食事を抜く日。

ワンカップ二つで444円

ぞろ目に気分が良くなる。

おつりの6円を緑の募金箱に入れる。世の中の役に立ってくれよ!!と思ってる横で・・・

廃棄処分のおにぎり、お弁当がぞこぞこ、回収されている。

募金箱設置する前にやることがあるかも?

2009年6月11日 (木)

変換  演歌

キホーテの会というスタディーグループで会員発表のイヤーブックを作る。せっせと自分の発表をワードにまとめる。

深い虫歯のことを「縁下カリエス」と言う。「えんかかりえす」と入力、変換すると・・

「演歌カリエス」

日本人らしい虫歯のイメージがする。

自分の症例を見直すと、本当に色々忘れてるよな、と思う。切り口も他にあったよねと思う。見るたびに思う。

頭の中の変換が毎回まちまちだったりする?

ナンシー関さんの本に・・・

「みどりと入力、変換すると、宮土里(うつみ宮土里)が最初に出てくる」

特殊な例はこまりものだけど、やっぱり人それぞれ、頭の中は変換が違う。(入力から違う場合もある)

困ったな~と感じた時には、思い出すようにする。

演歌カリエス

何か、かっこいい!!

2009年6月10日 (水)

聞きたいこと

夕方気がせくと・・・

ついこちらから、話してしまう。

パノラマ(大きなレントゲン)を撮影。新患の子供さん。主訴は虫歯なのだが、レントゲンを見ると・・・

右上の前歯と、左上の奥歯が一本足りない。

歯医者モードに入ってしまう。

一生懸命お話しするのだけど。。何か?伝わらない。でも歯がもともと無いのは大事なこと。益々、熱を込めるのだけど・・・

スタッフから「先生、付き添いの人はご親戚です」

帰り際にその方が・・

「何回かかりますか?」

付き添いで二人の子供さんを連れてきている。一番聞きたいことは

「何回?」

その後でゆっくりお話すればよかった。少し反省。

色んな人がいて、全ての人の対応するのは無理。確かにそのとおり。でもせっかく来てくれているので、何とかしようとあくせくするが・・・

月曜日は、かなり失敗した。

でも少しほっとしている。

2009年6月 9日 (火)

シェアー おっさん

失敗?から学ぶことは多い。

すいすいケースには・・・「何でだろう?」「ラッキー?」というものがある。

なんか難しいケースは、殆どが理由がはっきりしている。

患者さんのお口の中は、環境は、性格(結構大事)はそれぞれなので、症例を重ねて、帰納的な法則を積み上げる。

個人では限界がある、偏りもある?

矯正で参加しているメーリングリストに、最近症例が良く出る。色々出てきてためになる。

「へー」「面白そう」

そう思うだけで、元気が出る。

キホーテの会というスタディーグループで、症例発表がある。こちらは発表内容、表現が洗練されてる。

「ためになる」

イヤーブックをお世話の先生主導で節目ごとに発刊されるので、

「ためになる」・・感謝

発表を見てると・・「まだまだやること沢山あるな~」と思う。

保険制度の中で、虫歯を見つけて生きていくのは、嘘と真が混じった予防で生きていくのは、壊れたものを壊れる状態での作り直しで生きていくのは・・・・

もうすぐ誕生日。

おっさん時代も最終章に入る感じ。爺さん部門へのエントリーは確実に来る。

それでも・・・

まだ間に合う

シェアーしてくれる人たちに、感謝。

2009年6月 8日 (月)

ミーティング 半ドン

金曜の午後、休診にしてミーティング。

メインテーマのひとつが、「注意書き」

患者さんに手渡しするもの、保険の治療では、様々な書式の紙がある。

余談になるが・・・

施設に入れ歯を作りに行く。お昼休みにうかがう。食事が終わってのんびりした雰囲気のなか、一生懸命、書類を書いているスタッフの方々。

書類でしか仕事内容を、把握できないのは判るが、上から下ろす人たちは、シュミレーションとかしてんのかな?

ボールペン使ってる時間を車椅子押してる時間に、変えたほうが良いのに。

現場のかたがたもそう思ってる。

ミーティングでお願いしたのは、「インプラント」「矯正」の注意書き、チェック表。

保険の治療ではないので、医院の特徴を出して用意して良い。

40分の時間の中、スタッフで決めてもらうことに。

色々、見えてくる。

ME,WEタイプを久しぶりに、思い出す。

2009年6月 7日 (日)

講演会 顧客

7日はウェルネスで講演会。

演者は鹿児島大学出身で、

岐阜で開業の稲葉先生。

会場は8分の入りで、盛況。

内容・・・子供の虫歯が、そもそもできないようにする秘訣

食育まで、話は広がる。お母さんや、保育関係の方が多かったので、ドンピシャリな2時間だった。

内容は至極本当のこと。

1 3歳までお菓子(ジュース含む)を与えない。

2 お母さんがとにかく歯を磨く、綺麗にする(治療をするではない)

この2点で、子供のカリエスリスクは大きく減る。発表の中に、ちりばめられた色んな知識や、工夫が、琴線に触れるものばかり。

会場の一番後ろの席でビデオ撮影係り。稲葉先生のお話に熱心にメモを取る後姿を沢山見る。

広まれば、子供の虫歯は激減するはず。

そういえば・・

子供用の歯磨きや、歯ブラシのCMを見なくなって久しい。必ず毎日使う消耗品。少子化とはいえ、顧客はいるはず。

おおむかし、ライオン子供歯磨き?「イチゴにバナナにオレンジだーい」のCMソングが自分らの頃にはあったような気がする。

子供の虫歯は激減する。顧客の創造は難しい?

企業は気づいているのかもね?

2009年6月 6日 (土)

脳冷却

氷枕

仲良くなると患者さんに、お勧めするのは

氷枕
首筋にあててもらう。アイスノンは絶対にNG、お水を入れて氷枕。理想はジブロックのように、薄いビニールが良いのだけど、

何度もお布団をびしょぬれにする事になる。

スポーツ用のアイシングパックか、むかしながらのゴム製でも良いかな?

自分自身で実践している。家族にも行っている、スタッフにも勧めている。

旅行バッグには必ずアイシングパックが入っている。ホテルは氷のディスペンサーがある所を選んでいる。

困ったな?困りそうかな?と感じた時は、必ず冷やす。

どこを>>>>脳みそ

脳みそさえつつがなければ、良いかな?体は少しコントロールできるけど、脳みそは無理。

自分の脳みそは、時々変になる。

脳みその変は、身体におりてくる。一番の問題は心におりてくる。

2009年6月 5日 (金)

味噌汁 バイク

朝歩く

小雨模様(まだ降ってないかな?状態)だったので、家の近所を徘徊するように、ウォーキング。いつもは遠くの公園まで歩く。

40分は歩くと決めている。

近所の路地をあちこち歩くと・・・味噌汁の匂いがしてくる。

のんびりした雰囲気になる。

日本人の朝食は、白米と味噌汁!!

都城には・・・「麺文化」が無い。

ラーメンも、うどんも、そばも、スパゲッティー(ちょっと違うか?)

T先生が解説してくれた。

都城は、何の苦労も無く白米が取れる場所

大昔の都城を知っているわけではないけど、確かに米作には適した場所だと思う。小麦もそばも、ひえや粟も必要の無い地域。

お米が自然に取れるので、わざわざ他の食物を作らなくても良い場所だったとの事。

他にも、昔からの種子が残っている場所とも、昔からの種子が今でも自然に育つ土地柄と言うことらしい。

おまけに豚も、鳥も、牛も、沢山いる。

「都城の未来はこれかもよ」T先生のお言葉。

以前、小雨模様なのに、夜遠くの公園までウォーキング(約1キロ半)

案の定・・・雨が降る。しかも土砂降り。

土砂降りの中、傘もささずに、夜歩く中年男。鉄板で怪しい。

盗んだバイクで走り出したくなる・・50の夜

2009年6月 4日 (木)

フェスティバル 女王

土日は、歯科医師会の主催で、虫歯の日にちなんで催しものがある。

多分、日本中でやってるはず?

昔と比べて、異変がじわりと。

「歯の女王」「歯のチャンピョン」の類の催しが、消えている。

主催者側(歯科医師会)が中止を決めてるのだけど、決めた理由は・・・

この手の催しがドンドン消えて、

「やったね!良かったね」と喜ぶ人がいるんだろうなと。

自分の身内、例えば子供にもそういう接し方なのだろうか?子供は、自慢や、競争が思いのほか好きなんだけど。

子供の根拠の無い自慢話は、へんてこりんで、おかしくて好きなんだけど。

カードゲームの大会に子供を何回か連れて行ったことがある。低学年の頃は、コロコロ負ける。トーナメントなので、一回戦で負けると、もう終わり。

でも、

負けた子供たちで帰る子供は少ない、次の試合を一生懸命見ている。決勝戦までかなりの子供が残っている。

勝ち抜けると、手を上げるシステム。

あちこちで手を上げる子供たちに、笑顔は無い。物凄く真剣なんだろうな~

真剣な子供は、頼もしい。

2009年6月 3日 (水)

画策

治療では、最近少しづつするようになってきた。

「よければする」

シンプルな患者さんは5%くらいかな?

「良くてもしない」

こちらは40%くらい。しない理由はそれぞれ、理由を消すのに、焦点を当てない。

残りの50%くらいの人が・・・

「説明して欲しい」

この説明の仕方を画策する。

「わるだくみ」では無い。伝わるように工夫を凝らすだけ。言葉をいくら工夫しても実は5%しか効果は無い。その他を工夫する。

一番の目的は・・・

説明側が楽になること

説明のいくつかは主にスタッフが行う。スタッフが疲れるのはイヤ。

治療以外の「わるだくみ」も実は考えている。「わるだくみ」慣れして無いので、どうしたらいいのか良く判らない。でも絶対にしないといけない。

わるだくみ・・・甘酸っぱい匂いがする。

2009年6月 2日 (火)

歯科用CT 顎関節症

メーカーの方が説明に来られる。

欲しいのだけど、今までの機種は「ん~」

今度のやつは、ほぼ満足?のいく仕様になっているみたい。500円貯金もだいぶん貯まっている?(消費税分にもはるかに及ばない)

スタッフの意見は「本当に要りますか?」

確かにそう言われるとぐらつく。何で欲しいのか考える。

1 説明用に欲しい  2 矯正に利用してみたい 3 かっこいい

主に言われている、インプラントの診査診断には、あまりと思っている(あれば、バンバン使うと思うが)

顎関節症の方が、また来られた。

「口が開かないのは顎関節症だと聞いたから」

がん!!と開かなくなったのは、半年前との事。最近少しづつ開きだしたと言われる開口量は・・・

2センチ?

「おすしが食べれませんね」

「そうなんです」

子育て真っ最中のかた、問診表には「不安」の文字。

まずは不安を消す。

帰られる頃には、開口量も増す。痛みも少し軽減する。

診断に少し戸惑った。

今度のCTは顎関節まで、一度に綺麗に撮影できる。

やはり欲しいな、

2009年6月 1日 (月)

筋肉痛 パワースポット

次の日に出る分まだましなのか?

筋肉痛

日曜日は晴天のなか、鹿児島歯科医師会の先生方と定期戦。

西都の球場は周りを木々に囲まれ、本当にのんびりするところ。すぐそばには、有名な西都原古墳群もある。

何かオカルトな力の場なのなかな?

大昔の人々は、住むところとか、利便性以外の何かも絶対考慮したと思う。祭事に使う場所などは絶対に選択に、何かのパワーに頼ったと思っている。

とりあえず、不動産屋さんはいないし。

パワースポット

日本中あちこちに霊験あらかたな、良い場所があるそうな。宮崎では綾が有名。そこに行くと、少し心が清まる、結果身体も清まる。

気分が物凄く良くなる場所、と思っている。

昔の人は、何かの力でその場所を選んだと思う。綾って結構不便なところ。車社会でも不便。

オカルト番組の中で「ここは!何かいます」とかいう心霊スポットの逆バージョン。

「落ち武者の霊が!そこに!」

本当に落ち武者が見えるなら、多分高確率で病気。

「そこに!」は多分ご本人の頭のかな。

もしくは詐欺師か、引っ込みが付かなくなった子供状態のおとな。

でも、昔の人と同じパワーをもっている人が残っていると思う。フルパワーでなくともチョッコトだけ、出せる人とかいると思う。

思いたい。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »