« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

君子 スタッフ ん?

物凄い人格者で、凄腕の先生がおられる。

インプラントに関して、全国区の評判をとられる先生。ベーシックにストイックな診療姿勢に頭が下がる。

その先生の言葉だったと思う。

「ん?と思った人にはインプラントをしない」

一般の方が読まれていたら誤解されないで下さい。多分普通のことです。患者さん側からも沢山あるはず。

「ん?」と思ったお店から商品は買わないし、セールスマンのお話も聞かないはず。

選択の強力な基準は・・・「ん?」

第六感と呼んでもいいのかな?

患者さん、院長は「ん?」に従って行動すればよい。気楽な立場。でも間に立つスタッフはそうは行かない。

スタッフが自分の「ん?」を前面に押し出されては物凄く困る。良いスタッフほど、自分の「ん?」を殺して頑張ってくれる。

危うきに近づく君子

昨日の発表会で、歯科医師側からは「ここは手をつけない」「まだ時期じゃない」との声が聞かれた。正しいとは思うが・・・

スタッフはそうはいかない。

院長の仕事は、スタッフが「ん?」を研ぎ澄ます、別な角度の利用法を考える。

患者さんに「ん?」を与えないことにも繋がると思う。

2009年4月28日 (火)

ミーティング CHP

今日は午後からミーティング

歯科医師会館で夕方まで。

テーマは「CHP]と「パタカラ」と「MFT]と「ミニインプラント」実習も混ぜる。UKさんに講師もお願いしてある。

バラエティーに富むように、効果が出るように、先月の感想文を今やっと目を通す

馬鹿!!

スタッフはおりこうさんだよね~と再確認。

反省が嫌いなのか、過去を振り返らない性格なのか?今回は最後までちゃんと目を通す。

今のスタッフで、20年何とかなる医院にする。

ミーティングが終わると、歩いて西駅に向かう。6時12分の普通列車に乗る。7時半には家の玄関につく。

なんとなく目指すものが頭に浮かぶ。

楽をしたいとか、のんびりしたいとか、悠々自適とかを昔は考えていたけど、そうは甘くないし、少しは負荷がかかったほうが楽しいかなと思い出している。

2009年4月27日 (月)

日曜 研修会

日曜日は矯正の研修会。

朝早くにS先生と出かける。

舌側矯正のトピックスや、自分たちの矯正法の確認、宿題の点検、症例相談、あっという間に3時間が経つ。

Y先生に感謝。

矯正専門のブログを立ち上げる。HPでは更新がしんどいので、ブログ形式にする。書くことが山のようにあるので、ネタには困らないのだけど・・・

ありすぎても困る。何より伝わらないといけない。

四苦八苦。

資料整理などしていると、あっというまに6時間が過ぎる。

明日は午後の診療をつぶして、月一のミーティング。あれこれ考えて煮詰まって、過去の資料を見てみる。

過去のまとめをパンパン捨てる癖がある。「どうせ見ない」が理由。

去年の今頃の資料がなぜか残っている。理由は・・・

スタッフが作ったものだから。

読み返してみると、本当に反省。

でも何かしら進展はしている。今の問題を乗り越えるには、今と変わらないといけないらしいのが見えてくる。

研修会の最後に、Y先生が

「宮崎をGPの矯正の発信場所にしたい」

他人に目標を教えてもらうのも良いもんだなと、久しぶりに本当に久しぶりに思う。

2009年4月24日 (金)

ある飲み会 自己チェック

地域の飲み会に出席

目の前は、一回り以上は上の方が座っておられる。

ざっくばらんで、楽しい飲み会。年配の方の場合は、お話をうかがうだけで時間が流れるので、大変らくちん。

その話が面白いと、とってもらくちん。

「へー」と思う話が沢山あった。

ひとつ思ったのは・・・

「世間は狭い」

私たちの年代より、一回り以上上の方は、人間関係が縦横よく絡んでいる。繋がりまくりに、人間関係が出てくる。

生きてる時間の問題もあるだろうけど、あまりの繋がりの深さに・・・

少し心を引き締める

お天道様以外にも、配慮する。

もうひとつ思ったのは・・・

職業が、人を決める。判りやすいほど、

目の前の方は、自営業で自分で起こされた方。世代交代もすんなりいかれた様子で、楽しそう。赤の他人との飲み会なので、素を出すことはないだろうけど、良さげな雰囲気は伝わる。

大変だったんだろうな~が手に出ている。

だからこその物腰がマイルド。

職業が人を決める。行動パターンは殆どそうかなと。

歯科医の自分も行動は職業が決めているはず。時々は俯瞰して自己チェックが必要。

2009年4月23日 (木)

顎関節症 春

春は、顎関節症。

本当は怖い家庭の医学でも、取り上げられたのかな?長男に100円で録画をお願いしていたけど、ちゃんとできたかいな?

3人連続で来られた。顎関節症。

コツは、最初に「不安」を取り除く事。

少しづつだけど見極めはつきはじめている。長い間考え続けていて良かったなと思う。

資料を取る前に、見極めをつける。必要な事は・・・・

話を聴く。

色んなタイプの人がいる。その中には、実は話をあまり聴いてはいけないタイプもいるが、その手の人は顎関節症にならない。

顎関節症のかた、は安心して話を聴ける。

世に漏れ伝わる会話のテクニックは 本当に役にたつ、

「人は自分の事を話したがる」

だから如何に聞き上手になるかがカギだと。

でもそうではない人がいるのを忘れている。考えてみると実は自分もそう。

そういう人向けの話し方を考える。

2009年4月22日 (水)

不思議な入れ歯

不思議だな~と思っていたケース。

ぐらぐらした前歯のブリッジを取り込んでフルデンチャーに。

似たようなケースが2例続いた。

「しんどそうだな~」と思う、聞いてみると・・・

「別に?」

二人ともそういわれる

??意味が良くわからなかった。上手に調整はしていたけど、それにしても環境激変なお口の中は、てんやわんや状態のはずと思っていたのに・・・

何か安定している?噛み合わせも調整しやすい。

理由が判った

剛性

今まで、あまり考えなかったけど、日曜の研修会で目からうろこ落ち状態になる。偶然が重なった幸運を喜ぶ

今まで避けていた金属を多めにつかった入れ歯。

実は安定にも物凄く影響している。

少し変わるはず。

2009年4月21日 (火)

MTIインプラント

すぐに噛みたいんですけど・・・・

そうは言われても・・・

インプラントで検索をかけると、すぐに咬めるようになるインプラントの方法が出ている。

全然歯がなくても、その日のうちに!!

色んなHPに書いてある。

患者さんの健康のために!幸せのために!

ご批判覚悟で書く

本当か?

MTIインプラント使って、その日のうちに咬めるようにする。でも必ず取り外す、本当の歯が入るのはまだ先。

何より、歯が抜けてしまった原因を取り除くのが先。

定点観測を続けているブログがある。

2009年4月20日 (月)

研修会 元気の素

昨日の日曜日の研修会は元気が出た。

「疲れないね?」

「たまには生き抜きも必要だよ」

「体力があるね」

研修会で休みの日の出かけると。ん~と言うアドバイス?を受けることがたまにある。昔は理解できなかったけど、最近は少しは整理がついている。

都城からは一緒に行ったS先生。前に座っていたT先生の3人。

講演内容からインプラント関連の先生方が多いかな?と思っていたけど、

研修会は顔で選ぶ。

今回の講師の先生はS先生のお勧めもあるし、絶対にはずれなしと思っていた。実際に・・・・

ど真ん中

確かに研修会は時間はつぶれるし、お金もかかる。

でも歯科医の仕事ってそんなに重労働かな?と思う。気疲れのほうが絶対に大きい。気疲れを直すには・・・

元気をもらうしかない。

講師の先生の著書を購入、サインのおまけ付。

1週間はこれで大丈夫!!

2009年4月19日 (日)

体脂肪

ある整骨院に、家族でお世話になっている。

久しぶりに悲鳴を上げる。

「こんなにカチカチの人は珍しいです」

僕の前に施術されてた奥さんの「あいたたた」を笑えない。

不思議なことに、施術されてテーピングをしてもらった次の日・・・

体脂肪が18%

今までにない数字。

ぼろぼろになったテープをはがせない自分。何も変わった事はしていないのに?

18%!!

先生からのアドバイスは・・・

「きちんと歩きましょう」

「一日3回骨盤の調整を」

骨盤の調整と言っても、呼吸法を守って3回少し変わったスクワットを行うだけ。10秒で終わる。

日曜日は研修会、鹿児島から7時に帰ってきて、遊歩道を4キロ歩く。川沿いと畑の中に作られた、志布志線が廃線になった線路跡地が遊歩道。

このまま歩き続けたら、海が見えるのかな?

2009年4月16日 (木)

田村英里子 ハリウッド・ドリーム

ゆっくり読む

以前も書いたけど、朝5時にたまたまFMで田村さんのインタビューを聞いた。

週通しの番組の最終日。最後の質問は「貴女が心がけていることは?」

「ずっと目標を持っていました」

「ハリウッド・ドリーム」本の序文を読む。ここだけでも、十分。

渡米されての出来事が、沢山書いてある。しかし最後の方に・・・・

「苦労だと思ったことはない」

これが全てかな~と

いいタイミングでいい本に合う。

2009年4月15日 (水)

オウム返し  ジャイアン

オウム返しを練習中。

その昔、一生懸命にしていた頃、来る人全てにシロナソという器械で咬み合わせを調べていた。

「こんにちは、シロナソを取りましょう」

少し大げさだけど、患者さんからしたら当時の稚拙な説明と、臨床経験不足からくる態度では、この程度に聞こえたはず。

今はさすがに違うけど、それでも、咬み合わせのへんてこな人にはこちらの思い入れから、説明している気がする。しかも一生懸命。

患者さんの方から咬み合わせの質問がくる事は

「皆無」

だからこそ、実は咬み合わせの話題に持っていける様な雰囲気をまずは作りたい。

幸い、資料は、山のようにある(整理してないけどね)

雰囲気作りをどうするか?

オウム返し

オウム返ししかないそうな。

絶対に咬み合わせの話は避けて通れないと実感している。

少し難儀な治療方針だけど、12年も続けてるので、仕方が無い。

オウム返しが逆効果になる人もいる。

それは、ジャイアン。

2009年4月14日 (火)

未来予想図 レンゲ

土曜日の研修会

土曜日の研修会、グループ分けでいっしょになった衛生士さんの言葉

「自分自身も矯正して、装置が外れた日の喜びは凄かった」

「患者さんにも必ず凄い未来が来ますよと伝えたい」

未来がくる

少し感動した。「良い未来が必ず来る」力強い台詞だなと感心しきり。

日曜の別の研修会

「これからの歯科界は大変ですよ、どうなるか判らない」

自分がいるのは歯科界。どうなるか判らないのもよく理解できる。

その為に打つ手は、人それぞれ。

実は、美容業会(髪の方)では、イケイケドンドンから少し舵取りを変えているらしい。イケイケドンドンを緻密にできる人は実は限られている。

イケイケドンドンで苦労の割に、可処分所得が変わらないとの綿密なデーターが出たらしい。緻密さが無いと返って、後始末で疲弊するとも。

事業なので、やはり緻密は必要。歯科医院と規模も似ている美容業会。当てはまる所は沢山あるのかも。

緻密かな?と自分を振り返ってみる。

多分、かなり違う。

福岡からの帰りの列車,
レンゲ畑が見える。その向こうに夕日が沈みかけている。

未来予想図を考えるにはベストな雰囲気。

残り20年もあれば良い未来

20年ぐらいは緻密になってみようかな?

2009年4月13日 (月)

機能咬合研究会

日曜日は、福岡で例会。

知り合いのH先生が、午前中1番で発表。

間に合うように早起きして出かける。

他人の発表を聞くのは、本当に役に立つ。自分でやってみると判るけど、ある程度の実績を必要とされる研修会の発表は、

とても、まじめに作る。

今は、資料の質はもちろんのこと、パソコンで発表するので、レイアウトや効果も大変質が上がる。まじめにしていないと、絶対に自分が嫌になる。

治療方針や、姿勢は言うまでもない。

発表の内容で、自分の技量や、医院の姿勢も判断される。

H先生のケース発表は、治療の姿勢を示すのに前半が使われた。その後の症例に上手くシンクロしていると思う。

この研究会は、本当に色んな発表があるので、毎回出席する。今回は特にそう思った。医院の姿勢の話になる。

もの凄い事をするには、やはり、何か変えないと行けない。それには、努力と集中がある。工夫もある。決してラッキーだけでは、行かないと思う。聞く価値は充分。

「全てが大事」「徹底する」そうだよなと思う。

帰りの列車の中で、ビールを飲みながらまとめる。コンセントの席が取れたので、ご機嫌。

車内販売のワゴンがくる。「日本酒にするか?ビールお代わりか?」ビールを注文する。

帰って来たワゴン車に、「日本酒も下さい」

徹底する。少し優柔不断だったけど。


2009年4月12日 (日)

整体 笑顔

土曜日の研修会

スタッフ3名はロイヤルホストに置いといて・・・・

整体に行く。

奥さんと、長男も来ている。家族全員がお世話になている。大昔は熊本まで通っていたのだけど、宮崎にできて大助かり。

家族は、鹿児島から来るんだけどね

「1時間以上歩いてください」

体の不調は、まずは本人が治す。基本は・・

歩く

歩き方にも良い悪いがある。良い歩き方は、少ししんどいけど、毎日きちんと歩く!!

実は、ここは福岡、ホテルのロビーに置いてある、パソコンから更新。

はじめての研修会に疲れ切った様子のスタッフ。

帰りの車の中は・・・

疲れすぎての笑いが起きる。

頭が疲れたとの事、これはこれで良いかなと。

頭を疲れさせる研修会だしね。

2009年4月10日 (金)

お昼休み 訪問

当院は2時間のお昼休み。

食い込むこともしばしばあるが、パートさんのおかげで、なんとなスムーズに回っている。

今週は、1時から訪問診療が全部詰まる。

何か季節柄なのかな?

歯科医師会から、機械を借りて乗り込む。バキュームや、切削器具などがついている。

「最近、出てないので動くかいな?」

結構な音がするけど、準備が手間だけど、今回のケースは、どうしても削る必要がある。衛生士さん2名と乗り込む予定。

以前も書いたけど、寝たきりの方のお口が不調の理由は・・・

元気なときも不調だったから。

「調子が悪くなったら来てくださいね」

昔は、そんな風に入れ歯の患者さんには言っていた。

「よく咬めるなら、大丈夫です」

こんな風にも。

少し改める

少々のことなら、我慢を選択される方も多いのでは?

「何でも咬めます!」と言われるけど、確かにそう見たいだけど

、「元気だから咬めるのでは?」

高齢であっても、大げさな治療に踏み込むことも必要と思い出す。

条件を整える。

2009年4月 9日 (木)

机えらび 無印

長男の机を買いに無印へ

なぜか?当家は家具ではずれを引く。

高い商品を買ってないと言うのもあるけど、何か知らないがよく不調になる。バーゲンのそれも目玉所品を狙うのがいけないのか?

今回は無印へ

なんとなく品質重視なイメージ

こじゃれたシンプルな机に座る

何か低い?

机の位置は実は姿勢に影響する。どうしても思春期は猫背になる。口が開く、呼吸が乱れる、色んな事が起き易くなる。

そう。起き易くなる。

必ず起きるわけではないので、始末が悪い。急に起きるわけではないので、始末が悪い。

タバコと同じかな?

良いことをしても同じ、急にご利益は来ない。

コツコツ。地味に振舞うしかない。

起き易くなるように。

2009年4月 8日 (水)

寝たきり

どこまでをそういうのか?

お昼に最近良く依頼されて、訪問する。

何でか?急に増えてきた。

殆どの方は入れ歯、そして一番の問題は・・・・

「入れていない」

要は、お元気な頃から入れ歯に問題があったのかな?身体の調子を落とされたら、とてもじゃないけど。入れてられない?

でも・・・

入れ歯を入れないと、身体の回復も少し遅れるか、できないか。

気合を入れるけど・・・

2009年4月 6日 (月)

ご結婚おめでとう 矯正

矯正が終わって定期健診の患者さん

「今度、結婚して引っ越します」

「引越し先の良い歯科医院を教えてください」

おめでとうございます!!

少し変則ぎみの矯正になった患者さん。

小さい頃に・・・・

「この歯は要らない」と抜歯されている。

仕方がないので、何とか辻褄あわせての矯正。多分上手くいったのか?妹さんも矯正治療で紹介いただいた。

幸いお引越し先には「凄腕」の歯科医の知り合いが何件かある。

「子供さんはここ、お年よりはここ、ご主人はここ、あなたは・・・」

「定期健診にはここに来ます」「ついでの里帰りかな?」

幸せな人に言われると物凄く元気が出る。

偶然にその次の矯正患者さんが・・・

「名前が変わりました!」

矯正治療は時間がかかる。いろんなことが起きる。子供さんのケースではなお更の事。成長を見つめる。それには・・・

MFTかな?少ししんどいけど。

2009年4月 4日 (土)

歯科医師会館

ここは歯科医師会館

土曜日の午後、議事録の編集で乗り込む。

前回は、まだパソコン音痴。編集に時間を食う。今回は内容を忘れないうちに、行うけど、それでも少し時間を食う。

やっと編集が終わって保存したと思ったら・・・

保存先がわからない!!

涙目で探し出す。

以前より知恵がついてるのが判る。

次に研修会の登録ソフトをインストールする。

またトラブル。

涙目になって再起動。

何となくうまくいってホッとする。

本当に、その人に合ったことしか起こらない。

2009年4月 3日 (金)

ライブドア

ブログを作る。

勉強会グループの記録のために、ブログを使ったらどうだろう??連絡も定期的に見てもらって、全員が書き込む。

いい考えだと思って、ブログ作りに手をつける。

今書いてるこのブログは、HP作製業者の方に設定してもらった。今回一から自分で望む。

あちこちで地雷を踏む。

いきなりブログのタイトルがおかしい。アカウントのまんまがタイトルに、変更したいのだけど、多分できるはずなんだろうけど・・・

ドンドン時間が過ぎていく。

ライブドアにしたのは、実は自分のブログをライブドアでもう、2,3個作りたいので予行演習もかねてのチャレンジ。フリーではなくて月額800円程度払って、かっこいいのを作る。

ドンドン時間が過ぎていく。

向いてないと言えばそれまでなんだろうけど。

頭が悪いな~

2009年4月 2日 (木)

食べきり運動

介護の方のケアーは本当に大変。

施設の方は本当に一生懸命。

現場を見ると「国は何とかしろよ」と少し珍しく義憤を覚える。

さておいて・・・

お口のケアーはご存知歯磨きなのだけど、その前にきちんと飲み込める。食べきれる。お口の中に食べ物を綺麗にお腹に入れれる。

そうすれば、お口の中は今よりずいぶん綺麗になる。食事で綺麗にする。

そちらが先かな??

当たり前だけど、食事でしか人間は元気になれない。普通の食品が良いのは言うまでもない。

「おかゆさんでは力が出ない」

よく聞くセリフ、科学的には根拠はなくとも、多分本当。

事実は真実の敵

今度、近所の施設にお口の管理で乗り込む。スタッフ7名をつれて乗り込むのだけど。最初に考えたのが・・・

「食べきり運動」

そして何より、モチベーションをあげること。

ついいつもの癖で、技術のほうに走りがちになる。

違う、まずはやってもらえるように気持ちを上げる。

2009年4月 1日 (水)

左分け MFT

日曜にスタッフ3名(N、U,Kさん)と福岡で研修会。

テーマはMFT。主催は筒井歯科。

「筒井?」と書いても一般の方は「????」 歯科のなかでは知らない人はいない(多分)超超有名な先生。

午前中の講義の後半は、鹿児島大学のときの瞬間同級生(トホホ)のK先生。

たまたま座った席もK先生の真横。

お昼ご飯時に、休憩時におしゃべりをする。

50を超えると、治療の話より、世間話の比率が多くなる。普通のおばちゃんと変わりはない(普通のおじちゃん)ただ、幸いお互い頑丈らしく。身体の世間話がないのが嬉しい

診療姿勢、体系について少し話す。

歯科医は個人事業主、プランがそれぞれで違う。

歯科と言う職業上、よく聞く話は・・・・・

「他人に絶対任せられない」

周りに実はこの手の人が多い。

「全部やり直さないと気がすまない」

そこまで行くと、雇用されたほうも気の毒。

K先生はそこまで過激ではないけど、やはり「他人の手」を入れるのには少し躊躇があるとのこと。

「あと10年かな~」

午後からの講義は歯科衛生士の方が講義。とても判りやすい。何かしっくり来る。話の上手さもあるのだろうけど・・・

「左分けの髪型」

筒井先生も思いっきりの左わけ。

左分けの女性って・・・単純な私。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »