« 言葉使い リンダ | トップページ | 健康診断 潜在意識 »

2008年8月27日 (水)

カリソルブ 歯科の話

元スタッフのOさんが子供さんを連れて来院。一番下の女の子はおうちでお留守番との事。

早く復帰して欲しい(部分でも良いからね、お願い)

さて

子供さんの乳歯に小さな虫歯があった。できた場所がアンラッキーだったのと、かみ締め癖があるので、短期に大きくなっている。

見た目は全然わからない レントゲンでそう写る。衛生士さんだから気づく。

初めての歯科医院 緊張する彼に、とっておきの魔法の薬

カリソルブ

エナメル質の部分を簡単に除去して最小の穴を開ける。中に虫歯の部分が見えるぐらい。器具が到達できるぐらい。そして・・・

カリソルブ

幸い唾液をよける簡単な器具はできた(偉い!!)

カリソルブで処理した虫歯の部分を専用のツールでコソコソ除いて行く。結構な大きな穴になったが・・・

カリソルブ

麻酔もないし。「キーん」と言う音の器具も無い。

カリソルブ

これが高いんだ!物凄く重宝するけどね

« 言葉使い リンダ | トップページ | 健康診断 潜在意識 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリソルブ 歯科の話:

« 言葉使い リンダ | トップページ | 健康診断 潜在意識 »