« 梅錦 | トップページ | 室内練習場 »

2008年8月22日 (金)

田村絵里子

朝のFMでインタビューが流れた(5時40分に誰が聞くんだ?)

実写版の「ドラゴンボール」(アメリカ映画)に出演が決まったことがメインのお話。

大昔、衝撃的なグラビアが出たのだけど。すぐ後に出た宮沢りえさんのサンタフェで霞んでしまった。そのくらいしか知識は無い。

今は活動拠点をアメリカに移されて、今度の大役をゲット。

オーディションから役柄のオファーまで3ヶ月近くあったそうな。手ごたえは充分だったらしいが、規模がデカクなると、色んな要素で役は決まるとの事。

当然のようにあずかり知らぬ政治力も絡むとの事。

3ヶ月待つ間に・・・

やるだけの事はやったんだから」

吹っ切ったとたんに、オファーがあった。

やるだけやったら、後は神様に任せる。神様は少し意地悪?なので時間差はあるけどね。何でも毎回その繰り返しとの事。

最後の質問で・・・

「14歳でデビューされてから、変わらないものは何ですか?」

「目標を持ち続けることです」

「目標は変わることはあるけど、いつも持っていました」

アメリカに渡って、女優になる。何がなんだか。

がんばれ俺!

« 梅錦 | トップページ | 室内練習場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田村絵里子:

« 梅錦 | トップページ | 室内練習場 »