« 詳読会 感慨深い | トップページ | 脳内モルヒネ »

2008年7月14日 (月)

プレクトランサス 窓辺

久保さんが買ってきてくれたお花の名前。

診療室の窓辺に置いてあります。

「夏の鉢植えは管理が難しいからね」

「枯らすとかわいそうだし」

診療室はお昼はエアコン、夜は閉めっぱなし。休みの日はもっと締めっぱなし。

確かに植物には苛酷な環境。

その昔、開業当初は「買っては、枯らし」の連続だった。植物にしてはいい迷惑。本を読んでもそのとうりにいかない。コツはないかな?とお店の人に尋ねると・・・・

「お水が欲しいのかな~と解るんよ」

「元気がなさそうねと、早めに気づくんよ」

「本も大事だけどね」と最後に軽く付け加えられた。

売り物なので、当たり前だが「枯らす」わけには行かない。買ってもらった後も、家ですぐにだめになっても困る。元気一杯に植物達を保つには・・・

察する力

察する力が大弱り。最近「これではいけない」的な状態に気づく。

開業して18年初めての出来事(やはりお馬鹿)

元気一杯に保つには・・・本のとうりにはいかないはず。

« 詳読会 感慨深い | トップページ | 脳内モルヒネ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレクトランサス 窓辺:

« 詳読会 感慨深い | トップページ | 脳内モルヒネ »