« 女性のマナー | トップページ | 風邪の季節。 »

2007年12月11日 (火)

急速拡大 ハイラックス

ハイラックスで思い出すのは、トラックなのだが・・・

上顎を拡大して顔つきや、呼吸、咬み合わせ、姿勢などに好結果が出るのは大勢の歯科医の知るところ。ただし、拡大できる時期には制限がある。

各自で基準は違うだろうけど、小学生5年までなら「ゴーサイン」は出しやすいのでは?

このままでは明らかに抜歯ケースの矯正になる。少しじたばたして、結果的に抜歯になろうとも、納得のいく説明と、術式を考える。拡大は必要になってくる。

どうせジタバタするなら、少しでも信用の置ける方法を選択する。

それが・・・当院ではハイラックス

昔は、少し否定的だった。ハイラックスの効果は絶対にあるのだが、成長の方向が云々を唱える研修会にはまった時期があったから。

今は違う(たぶん)

抜歯、非抜歯、どちらもできないといけない。何よりできない症例を見極めるようにしないといけない。

術者側のコストパフォーマンスや、幻想や、お手軽感や、ルーティーンで方法を選択だけはしない。

« 女性のマナー | トップページ | 風邪の季節。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急速拡大 ハイラックス:

« 女性のマナー | トップページ | 風邪の季節。 »