« 午前5時40分 始発 | トップページ | 一ヶ月 »

2007年9月 5日 (水)

仮面口臭症

器械で計測すると、大きな数字が出る。

本人は匂いはしないと思っている。

周りの人は匂うのでそれなりのアクションを起こす。顔を背けたり、鼻に手をやったり、ちょっとだけ顔をしかめたり。

身近な人からも指摘される。「口臭がひどいよ」

周りの(赤の他人も含む)評価が「口臭あり」・・・ だから口臭があるのかな~という自覚はあるが・・・・

「俺は口臭は無い」と深いところで思っている。

表の理解と、裏の理解が違う。これが何年も続く。

整合性を得るために・・・

仮面をかぶる。

口臭だけでなく、自分の価値や判断と違うもの「全て」に仮面をかぶるようになる。

一見、穏やかで、物分りもよく、好人物に見える。                          

仮面の下は別の顔

入院など、第3者と狭い空間を共有するようになると、仮面はさらに分厚く、下の顔も闇が深くなる。

今回の研修会で学んだ一番の収穫。

最初に仮面をつけたのは、なぜなんだろう?

« 午前5時40分 始発 | トップページ | 一ヶ月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面口臭症:

« 午前5時40分 始発 | トップページ | 一ヶ月 »