« ポケットが一杯だった頃 | トップページ | 夏風邪  どうした? »

2007年8月 7日 (火)

大人の言葉 かないまへんな

「かないまへんなー」

関西圏の人全てが、ご幼少の頃から使っているのではないそうな。

「かないまへんなー」な状況が、子供うちに起こることはまれだろうし。大人になっても、深刻な「かないまへん」は、バンバンは起きない。

社会人になってから、徐々に身につくらしい。

使うと便利な言葉は、大人になってから身につける。実践する。時候の挨拶も、昔は「ん~」と思っていたが知らないうちに使っている。

そして結構便利。

スピーチで良く聞く  「ごきねんいたしまして」

何の記念?アニバーサリー?と思っていたが、意味が解らなくても自分で使い始めていた。

心がこもっていれば、役に立つ。

相手の事を知ろうとするだけで、心はこもるが、まれにピントがずれる時もある。

ホントの事は、結構シンプルなので、相手の悩みの深さとがギャップがある時には、心をこめるだけでは、効果が出ないときもある。

最近、そんなケースがあった。テクも磨かないとね。

« ポケットが一杯だった頃 | トップページ | 夏風邪  どうした? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の言葉 かないまへんな:

« ポケットが一杯だった頃 | トップページ | 夏風邪  どうした? »