« ダヴィンチ展と精養軒 | トップページ | ダヴィンチと隅田川 »

2007年6月13日 (水)

ダヴィンチ展と環境

ダヴィンチ展で本も3冊買った。

1冊は美術本。考えてみると初めての美術本では?読んでみると・・

ダヴィンチは、出生が少し不遇。お母さんはトルコ人で奴隷?当然のことながら嫡出子ではない扱い。学校も通ってないそうな。

スタートは最悪?

最初の作品となる「受胎告知」も当時の評価は全然だった。

そこで画家としての名声が得られていれば、沢山のほかの功績は生まれていない。

何が幸いするかわからない。

中学校の頃?NHKでダビンチの相当長い番組があった。そのときのBGMは、まだ頭の中で流す事ができる。

思い出すと、沢山の苦悩に満ちた表情のシーンがあったような気がする。

他人は変えられない、ましてや世の中、環境は無理。

あの手この手を使ったが、無理な人はいる。

« ダヴィンチ展と精養軒 | トップページ | ダヴィンチと隅田川 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダヴィンチ展と環境:

« ダヴィンチ展と精養軒 | トップページ | ダヴィンチと隅田川 »