« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

晴れのち曇り

毎週水曜日に、集まりが朝6時からある。

昔なら考えられなかった。

ロータリーや、JCとは少し違う(と思う) 実はそのての集まりに入ってる人を不思議な気持ちでみていた。

少し大人になったのか??

今年一杯は欠席せずに通うと宣言。

プレッシャーをかけることは、本来しないのだけど、今回はかけてみる。

6時開始なので、ギリギリ行くのもかっこ悪い。移動時間を考えると、5時には起きないといけない。

それでも今年一年は頑張る。

集まり自体は、お話を聞いたり、スピーチをしたりの1時間。特殊な事があるわけではありません。

何か合うのです。

朝だしね。これが夜だったら、絶対参加してない。

2007年6月29日 (金)

一つぐらいは・・・

困った問題が思いもかけない方法で、形を変える。

解決したわけではないが、取り組みやすくなった。本当に不思議が降りてくる。こうも何度も続くと一個ぐらいは・・・

占いの関係のセミナーに出てみたい。

占いとは違うんだけど、気になるセミナーがある。東京なので少し躊躇している。

実際はちゃんとした行動をとってないと、ラッキーは起きない。

「困ったちゃん」のままでは、起きてくれない。腹をくくったり、努力を始めると、そして続けると起きてくれる。

ポスター発表を頼まれてひきうけてた。その後症例探し。又良さげな症例がすぐ見つかる。チャンスが来た時には無理めでも受ける。

潜在意識が望んでいる時期と、意識のそれとはズレがあって当然。

早く気づきたかった。

2007年6月28日 (木)

歯周病のゴール

細菌をつぶす。

歯周病は歯磨きや、歯石とりで防ぐしか進行を止めるしか方法がありませんでした。

そのためのテクニックはほぼ出尽くした感があります。

細菌は歯周病菌を患者さん個々で特定して、それに対する「お薬」で何とかしようというのがトレンドになっています。

「魔法の薬」といって、患者さんに以前から処方していましたが。日陰者扱いな状態でしたが、今や歯周病治療のメインになりつつあります。

全ての人に行うというのはやりすぎでしょうが、中には強敵の患者さんがいるのは本当です。そんな患者さんには朗報となると思います。

ただし、基本は忘れずに。

もうしばらくしたら、雑誌や健康番組などで、取り上げられる事でしょう。

どんな記事になるのか、楽しみです。情報のフィルターってこんな風にかけるんだと参考にしたいと思います。

鵜呑みは楽だけど、お腹を壊すしね。

2007年6月27日 (水)

犬の名前

患者さんとの会話で「ペット」の話になる。

ペットを飼っておられる方は多い。名前を聞くと面白い。

ぽち、ちび、などの由緒正しい?古典的なもの。ハッピー、ラッキーなどの前向き?なもの。チェリー、スマイルなどのおしゃれなもの。

皆さんペットの名前を口にする時には、必ず微笑んでいる。

何となくスムーズに治療も進む気がする。

技術以前が治療を決める。

私は犬より猫が圧倒的に好き。街で見かけたら100%声をかける。

最近、猫を飼ってる人が少ないように思う。毛が抜ける。泥足で上がってくる。柱を引っかく。春にほえる。フンが物凄く臭い。交通法規を遵守しない。車酔いする。だから・・

猫がホントに飼いたいのだが。

長男は猫アレルギー。

動物アレルギーの特徴はまず「目に来る」それから全身に移る。

どうしたら?猫アレルギーとかになれるんだ??

2007年6月26日 (火)

歯磨き  口臭

患者さんからうかがった話。

自衛官の方で、米軍と合同演習を行われたそうな。同じベースで寝泊り。

食事の後に毎回歯を磨く日本人に・・・

「何をしてんの?」と問いかける外人。

そういえば、あいつら食後の歯磨きをしてなかったような気がする とのこと。

「食後の歯磨きはしないと気持ちが悪いから」 結構患者さんから聞く言葉。それはそれでよい動機付けなのだが。

口臭予防での過度の歯磨きは問題ありかな?上手くいかないどころか悪影響さえある。

最近、ン~と思うケースがあったので書きました。

歯磨きで取れないなら、別のアプローチを考えて。

特に悩みは。

2007年6月25日 (月)

携帯見つかる!

自分の携帯を失くしたと思ってたら、鹿児島にあった。

その間かかってきてたのは「二人」

要らんな~私には。家族と出かけた時のトランシーバー。

2年前、朝早くに高速でエンジンブローで止まった。いつものように携帯を持ってなかった。道路についてる非常電話は、一般には使えない。

スタッフに連絡を取りたいのだが、田舎の高速なので車が通らない。やっと止まってくれた、「軽トラ」

事情を話して、携帯を貸して貰ったのだが・・

「ここは山の中でアンテナが立たんはず」 確かに電波が届いていない。

「荷台に乗って、電波をひろってみなさい」

ゆっくり動く軽トラの荷台に乗って、あちこちに携帯を向ける私。ブローして止まった車からどんどん離れていく。

一キロ近く離れた、ちょっと開けたところで、携帯がつながる。物凄く嬉しかった。

荷台から降りて、お礼を言う。

遠ざかる軽トラに知らないうちに「手を振っている」

車に向かいながら・・

天気も良く、山の中(高速道路なんだけど)を散歩してる気分になってる。

2007年6月24日 (日)

プレミアム10

ユーミンと歌いたい~寺岡呼人 ゆず 桜井和寿

金曜の夜NHKで放送があった。

「10年続けるって偉いね~」というユーミンのセリフがあった。

ユーミン自身も苗場や、マリーナでのコンサートを25年以上続けている。

続ける事が一番「偉い」

咬み合わせの治療方針を決めて5月で10年たった。その間ブレもあった。ブレを経験した事を「悪い」とは、今は思っていない。

結構真剣に?ブレたと思うから。

そして「ぶれる」のが実は嫌いでない。

時間とお金の無駄と後で反省するが、仕事の無駄にはなっていない。少し非効率的なだけ。

番組の中で5人の打ち合わせシーンがあった。とても楽しそうだし、有意義な感じがした。

最初から答えが出ないほうが、良いのかもしれない。

問題が起きたほうが良いのかもしれない。

まとめがきしていたものが、先週は2回分も同じ日にアップされている。

最近ボケッとしてるよね。

2007年6月23日 (土)

あら不思議

あら不思議が降りてくる。

何を根拠に?と思うが、こじ付けでもなんでもなく。不思議は降りてくる。思いどうりにだけ、出来事は起きない。

たまたま手に取った本が素晴らしかったり。偶然お話した人が、良い人だったり。

「本を手に取る」「お話をする」という行動が前提だけど、結果は不思議。

自分の状態が引き寄せる。

次の不思議を少し理解してても、判断が甘く行動が遅れると悪い不思議になっている。

トホホな事態が発生して、分けのわからん文章になる。

潜在意識は解っていたはずなのに、教えてくれない。

解決できない問題は起きない。

問題が、何も起きない状態は死んでる時。

今できる事ばかり考えていたら、目標を忘れていた。

2007年6月22日 (金)

お礼状 悪筆

患者さんからの頂き物に「お礼状」

実は物凄く苦手な分野。すぐに忘れる。本当に、お礼を言うのをすぐに忘れる。感謝の気持ちが薄いのかな?

受付さんに「お礼状」を出してもらうようにお願いしてある。

きちんと機能しているみたい(感謝!)先日・・

患者さんに「お礼状」のお礼を言われた。

本当は、院長自ら書かねばならないのかもしれないが、慶弔袋の名前もいつも買う文房具屋さんに書いてもらっている。理由は・・・

物凄い悪筆。

だからパソコン買って、一番嬉しかったのは、「手書き」からの解放。

リリーフランキーさんが「どんな美人でも字が汚いのはだめ!!」と言っていた。

字が汚い。キレイの反対語は「汚い」なのだろうが。あまりな表現。

自分なりには「愛嬌のある字?」と思っているのだが、先日・・・

子供にもダメだしされた

それもひらがな  「な」がどうもおかしいらしい。言われて見ると本当におかしい。「ぬ」と「ね」がおかしいのは自覚があった。

ダヴィンチは悪筆を通り越して「鏡文字」で資料を残している。

左利きだからとか、お母さん(アラブ系 右から左へ文字が流れる)の影響だとか言われる。

天才は悪筆も天才的。

2007年6月21日 (木)

25メートルプール ふんどし

初めて25メートル泳げた日は、たぶん物凄く嬉しかったはず。

温泉プールの特訓が実ったのか?長男が25メートル泳ぎきったそうな。

水泳の授業はある意味シビアー。

泳げなければ、楽しさ半減と恥ずかしさ倍増。

お湯にゆだりながら、よく練習するな~と思っていたが、成果が出てまずはめでたし。

結果が出るとますます頑張れる。しかし・・・

ほとんどの努力は、結果が出るまで時間がかかる。「むいてない」「無駄なんじゃ」「他に方法が」 沢山理由をつけて、途中で放棄する。テンションを下げる。

大人になっても変わりはない。

いま一つだけ、「どうしようかな~」と迷っている事がある。

ハイテンションで臨んだ分だけ、氷点下に冷めてしまった。初期投資の借金だけが残っている。

「よし!頑張ろう」とふんどしを締めようとしたら・・・

不思議が今週降りてきた。それも二つ!!

普段もふんどしに変えようか?

倫理法人会

スタッフに夜の講演会、食事会に出てもらった。

どうだった?と感想を聞くと

「食事が良かったです!!」

まあ良いか!平日早上がりと、休日のスタッフ3人にお願いした。料理でつったきらいもあるが、素直に出てくれただけでも。

「変な宗教じゃないですよね?」と質問された。

違います!本当に良い集まりです。

実は最初名前を聞いたときには、私もそう思った。

30年前九大の頃の、今思うとヒヤッとした記憶がある。

似たような名前の団体の集まりに何も知らずに出た事がある。

田舎から出て来たばかりの私にも、簡単に気づける「へんてこりんなお話」が始まった。

ダッシュで出口に駆け出した。

18歳 麻雀狂いの頃 

神様はジャン卓の上にだけいてくれれば良かった。

2007年6月20日 (水)

決め事

明日は、朝6時から集まり。

ずっと、サボっていた。反省。

今年一杯は全部出席すると誓います。

って誰に?

最近リズムが悪い。日記帳もなくしてしまうし、落ち込んでいたら。今日、日記帳が見つかった。前回の日付は4月8日。

トイレに置いてある漫画(翔太のすし)の下に隠れていた。トイレで日記を書いていたのか?

この2日、仕事が終わって家に帰ると、知らないうちにバーボンソーダを作っている。暑いお昼も美味しいが、湿気の多い風を受けながら夕方に飲むのも好き。

リズムが壊れだしてる!!

日記が見つかったのは何かの知らせ?と勝手に解釈。

とにかくリズムを作る。

今日は何も食べてない。このまま寝る。身体のリセットに効く。

2007年6月19日 (火)

雨天練習場 スネークマンショー

土、日は、長男と都城で過ごす。

土曜日の午後は、宮崎の室内練習場で歯科医師会の野球。連れて行って、休憩時間にキャッチボール。

巨人軍がキャンプで使う施設。今年から、人工芝に全面張り替えてある。雨だったのでカクテル照明も煌々とついている。

環境が違うと、気持ちが違う、そして身体が違う。

急に3分の2ぐらいは、大人並みの距離を投げれるようになった。褒めると・・・

子  「身体全体を使うんだよ」

前から俺が言ってることだろうが!!

「スネークマンショー」 大学生の頃に流行った、少しブラックな面白テープ。

その中に内容は過激で書けないが、

子供は「お父さんとのキャッチボールとお母さんのカレー」が思い出に残るというコントがあった。

少しでも本当なら良いなと思う。

京セラ クロール

1550663003_2 日曜日に、鹿児島に帰る途中で京セラの温泉に寄る。

大人1000円、子供500円(雨天は半額)

温泉プールに、ジャグジーに、乾式とミストのサウナ、露天風呂が二つ。内湯も当然ある。作りも贅沢でおしゃれ。レンタル水着もある。浮き袋もある。

ただっ広い施設に・・・

私と息子だけ。2時間近くいたが、誰も来ない。ずっと貸切。

毎回寄るたんびに、多くても4,5名ぐらいしかいない。

真正面にマンションがあるし、ホテルの部屋からは丸見えなので女性にはきついかもしれない。

子供は楕円形のプールで、クロールの練習。私は読書。

プールといっても温度は風呂並み。5分も練習すると息が上がる。外で涼んでまた練習。何度も繰り返すうちに・・・

「気分が悪くなる」

3795320005 京セラのバーは最上階にある。長いカウンターの前は吹き抜けの空間。その先に、ガラス張りの壁がある。

満月の時はお月様が上がってくるのが見える。

ここの椅子が好き。

2007年6月18日 (月)

タイとインプラント

30992328 「タイ怪人紀行」 ゲッツ板谷さんと鴨志田穣さんの旅行記

他にも、インド、ベトナム、など数冊ある。

旅行って楽しそうだな~と本当に思える本。全部そろえている。出る端から買っていた。

浮世離れなアウトロー過ぎるきらいはあるけど。

ビジネス本や成功本の真逆の内容。

患者さんから、タイの写真を数点頂いた。院内のカレンダーに使うつもりでお願いした。

お話をうかがうと「アウトロー」にならなくても「タイ」には住めるみたい。浮世離れは絶対いけないそうだけど。とても楽しそうにお話される。

聞いてて気持ちが良い

「タイでもインプラントをやってるみたい、それに安いのよ」

「へー」 タイで歯医者

少しだけ頭をよぎるが、今しなくてはいけない事が沢山ある。解決しないといけない問題がわらわら、最近出てきている。数年前には何にも無かったのに??

問題整理にきちんと向き合いましょう。でも・・・

「へー」を少しだけ頭の中にとっておく。

2007年6月16日 (土)

ドタキャン 愚痴

自分自身もやってしまう事がある。

原因は・・・気持ち。

確かに、事情が変る場合もあるが、それさえも気持ちが引き寄せていると思う。オカルト的だがそう思う。

前向きな時にドタキャンは起きないし、しない。

困ったなと思うが、よく考えると「一人」だけだった。3回に2回は、ドタキャン当然無連絡。2年近く続くとさすがに。

学ぶところは沢山あった。

歯科医院に通うには絶対に「タイミング」がある。

虫歯や、歯槽膿漏が悪いのは誰でも知っている。歯が壊れたり、痛かったり、抜けたりするのは、説明なんかされなくても嫌に決まっている。

それでも通えない時期がある。

無理して歯科医院に通わなくても良い時期があります。そんな時期を通り抜けると・・・

歯科治療にもメリットが沢山あります。

2007年6月14日 (木)

ダヴィンチと隅田川

日曜日は、

はとバス 東京名所めぐり」に参加。

NHKスタジオ、皇居、浅草、隅田川遊覧船のコース。ガイドさんが物凄く良い人だった。

車中からも、各名所を説明してくれる。珍しいものばかりなので、本当に飽きる事がない。

ガイド 「赤坂の地名は、あかね坂に由来します」

私   「へー」

ガ   「代々木は、代々けやきの木を守ってきた土地です」

私   「ほー」

ダヴィンチ展でも、音声ガイド(500円)が重宝した。各ブースの前に行くと、ヘッドフォンから説明が流れてくる。

経験が物凄く膨らむ。

便利なものはとりあえず利用したほうが良い。限られた時間の中では特にそう。一人では限界があるし、新たな展開は生まれにくい。人生もそうなのかな?

自分の考えと思っているが、他人の考えの寄せ集めに過ぎない。

レオナルドぐらいになると違うのかも。

朝から小雨が振っており、NHKの館内にいたときは、雷雨だったらしい。

日頃の行いのおかげで、遊覧船の頃は陽がさしてきた。

絶対に「日頃の行い」は大事。自分を見ても他人を見てもそう思う。

2007年6月13日 (水)

ダヴィンチ展と環境

ダヴィンチ展で本も3冊買った。

1冊は美術本。考えてみると初めての美術本では?読んでみると・・

ダヴィンチは、出生が少し不遇。お母さんはトルコ人で奴隷?当然のことながら嫡出子ではない扱い。学校も通ってないそうな。

スタートは最悪?

最初の作品となる「受胎告知」も当時の評価は全然だった。

そこで画家としての名声が得られていれば、沢山のほかの功績は生まれていない。

何が幸いするかわからない。

中学校の頃?NHKでダビンチの相当長い番組があった。そのときのBGMは、まだ頭の中で流す事ができる。

思い出すと、沢山の苦悩に満ちた表情のシーンがあったような気がする。

他人は変えられない、ましてや世の中、環境は無理。

あの手この手を使ったが、無理な人はいる。

2007年6月12日 (火)

ダヴィンチ展と精養軒

9時半開場に8時から並ぶ。

門をくぐって左は「受胎告知」の一点のみコース。右はその他のレオナルドの展示品。500対2ぐらいの割合になる。

絵を見た時間は5分ほどかな?

雑誌やテレビの特集で細かいところの解説があったが、そんな余裕も視力も距離も時間も感性もない。

でもありがたみは何となく伝わった。

係員さんの注意を無視して一番前のど真ん中でじっと動かないオッサンがいる。

それっぽい格好とポーズをばっちり決めて・・・

残り時間や、可能性を考えたら、後ろの子供に場所を譲ってあげた方がいいのに。

美術館を出て、うす曇の上野公園を駅に向かう。

気持ちが良くて、本気で「ビール」を飲みたくなる。3時間後に発表がなければ、絶対ベンチに座って飲んでるはず。早いお昼を食べようと・・

東京會舘の「精養軒」でカレー

「レトルト」でしか見たことがない。本物は初めて。「ハヤシライス」と迷う。限定20食特別ランチとも迷う。ビールも頼みたい!

白い布のクロスがかけてあるテーブルが、沢山並ぶ。満席になったらどうなるんだろう?なぐらいの数と広さ。

奥の窓際の眺めの良い席には、楽しそうな家族連れや、老人達のグループ。案内された席は正反対の暗い壁際。

見ると、男の一人客が等間隔で4人。

一人は「物凄く怪しい」って 人の事を言えた状況ではない!

明らかな「仲間扱い」

少し悲しかったが、カレーは美味しかった。

2007年6月11日 (月)

ダヴィンチ饅頭

金、土、日と東京へ。

団体行動を乱すことなく、つつがなく過ごしました。

この1週間は東京のお話で、埋まるかも?

やはり、一人で行ってる時とは経験が全然違う。大勢で行動するのも充分ありでした。

ダヴィンチ展に行ってきました。

世の中は、殆ど東京で回るのかな?本当にそう思わせられます。パソコン上でも、知識は回るが、体験は知識では補えない。あまりの情報の多さと、人の多さに、ちゃんとみるのを少しあきらめました。

そのかわり・・・

ダヴィンチお土産グッズを買う!「ストラップ」「キーホルダー」「クリアファイル」「Tシャツ」「マグカップ」「チョコレート」・・・・

たぶん「ダヴィンチ饅頭」「ダヴィンチせんべい」があっても買っていたはず。

帰りの空港で知り合いと会いました。

私  「ダヴィンチ展に行って受胎告知をみたよ!」

彼  「私もイタリアで見ました」

2007年6月 8日 (金)

備えあれば 愚痴

調子が良くなると、すぐに調子をこく。

備えを忘れる。しっかりリカバーさせてもらいます。少し反省。

7月一杯で、あるケースを終わらせる。どんな事が起きるんだろうと?少し楽しみ。続編は無い。必ず「完」にする。

キレイさっぱり、無くしてしまう。

そのためには、何が必要か?

術式はもとより、気持ち、言葉遣い、顔つき、動き、全てに気を配る。なりきらなくても良い。フェイクでも充分役に立つはず。

月曜日が楽しみ。

スタッフにもお願いしてある。世のため、人のため、何より自分のため。

人との接し方をこんなに考えた事は無い。本当に貴重な体験だと思う。

4年ぐらい前に一度だけ似たケースがあった。スタッフが精神的に参ってしまい。やむなく中断になった。

このチャンスを逃さない。

問題は解決しないと、消えない。知らないうちに消えてしまうように、知恵を絞る。これは、ゲーム。

2007年6月 7日 (木)

楽しみ東京

Images_24 開業して2年目に始めて研修会で東京へ

金曜の最終と月曜の朝一で1年間通い続けた。一人ぼっちでした。(詳しくは06年2月8日のブログを)http://tdc.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/__cd0a.html

今回は、6名で東京へ!

殆ど他人と旅をした事が無い。飛行機では初めてでは?

レオナルドダヴィンチ展http://www.leonardo2007.jp/がある。ぜひ行きたい。いなかものには、かなりきつい混雑が予想される。土曜日に行きたいのだが、学会の発表が3時。

間違っても遅刻はできない!

日曜日は、皆でハトバスツアーが組んである。これも行きたい。ダヴィンチもみたい。

来週も研修会なので、実は家族に日曜の夜は会いたい。

沢山用事があるときは、実は好調な時。

楽しみ。

2007年6月 6日 (水)

サイレントカリスマ

通じる人がいる。

何かしっくりくる人がいる。ひょっとしたら?操られているのかもしれないが(うがちすぎかな?)

気の合う人はいる。

逆もある。少し困っている。

今までは、「何とかするぞ!!」と気合を入れて臨むと「あら不思議」が降りてきてくれていた。

「今度こそは頑張るぞ!!」と心のなかで思っていると、相手も最初から,何か違う。

気合が通じたのかな?とオカルトチックに感謝していた。

人的トラブルは、こちらが少し引いて「誠意」と「努力」をみせること。そう決める事。大概の人には通じる。そして・・・・

それ以外には解決策は無い。

下手に出たり、迎合する事とは違う。治療に関しては、下手に出るとろくな事は無いと実感している。

理解しているのに、最近本当に上手くいっていたのに。まだまだ人間ができて無い。

人間修養で読んでいる。 「サイレントカリスマ」

浮世離れしているが、参考になる。

2007年6月 5日 (火)

とりえ

実は野球がヘタクソ。

ゴロが上手く今でも取れない。これから先も上手くなる予定は無い。

反射神経が鈍いのかな?

試合ではそうも言ってられないので、とる努力はする。少しづつではあるが、迷惑をかけないようにはなってきた。

こつを掴むのには反復練習しかないのだけど、少ない練習日が今年はとにかくつぶれる。

体重管理と息子と行くバッティングセンターが今できる事。

息子を見てると「自分と似てるよな~」と本当に思う。

野球まで似ている。

小学校の頃、自分より遥かに上手い人がいると、手をつけない。相手は、小さい頃から、クラブで練習しているのだから、当然なのに・・

思い出したら、自分もそうだった。今でもそうかな??

最後の聖戦に向けて、色々考える。良いお父さんになるためにも、必要かな?子供にえらそうな事を言っても通じないのは、偉くないから。

しゃべりのテクニックではない。

2007年6月 4日 (月)

伊藤教授 矯正

土曜日は、市郡の歯科フェスティバル。

会場では、検診や、フッ素塗布、手形作り、と子供さん向けの沢山のイベントがある。

講演は、鹿児島大学矯正科の伊藤元教授をお招きして。

歯並びと、健やかな身体と食育についての話。

私的には「ピッタンコ」な内容だったのだが、去年の介護のお話しに比べると、少しお客さんの入りが気になる。

「矯正にならないようにするには?」という本当に、患者さんに優しいメッセージがメインテーマだったのに。

食事の影響は一世代で、人間を変えてしまう。

洋の東西を問わず、心ある研究者は調査して、確かなものになっている。

広まらないよね~

講演終了後、帰りのJRの時間まで先生とお話の時間が持てた。駅までお送りした後、駅の待合室で「矯正」についての質問を受けていただいた。

今の方針が間違っていない事を再確認。

お墨付きは、ありがたい。

2007年6月 2日 (土)

復活!!ラガブリン30年

良い気を保つと、よい事が起きる。

「緊張しない」「怒らない」 と念ずると必ず緊張するし、怒ってしまう。

「リラックスする」「受け入れる」と思うのとは全然違う。

昨日は1年半ぶりぐらいに、一人でのみに出た。

昔は家でもシングルモルトを飲んでいた。「タリスカー」と「カーリラ」 知り合いの酒屋さんが、なぜか?モルトやスコッチの品揃えがよい。「アードベグ」もかなり前から置いてあった。

久しぶりに飲むシングルモルトは、美味しかったし、元気な頃を思い出させてくれた。

モルトは香りのきついものが好き。

香りは、深い記憶を呼び戻してくれる。具体的ではなく、「ボンヤリ」と。

私    「お酒は苦手だったんだよね~」

マスタ  「間違ってると思います」

昨日から、「復活」の兆し。

2007年6月 1日 (金)

カレンダー

事件がおきる。事件の原因は判らないが、起こった原因はわかる。

負の連鎖を断ち切る。カレンダーにも書いてある 「自他共尊」

ビックリハウスのご教訓カレンダーが楽しみだった。

「今日も元気だタバコかうまい」 

すぐに思い出せるのはこれぐらい、お下品な奴は沢山頭に残っているのだが、ここには書けない。

逆教訓カレンダーも好きだった。

「人を見たら泥棒と思え」 「一寸先は闇」 「知らぬが仏」

朝からとっても身の引き締まる思い

年をとったのか最近カレンダーの標語を「フンフン」と読んでいる。

実行しないと意味が無いが「読み続ける」のには意味がある。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »