« 肉離れ | トップページ | キャンセル セミの幼虫 »

2007年5月 1日 (火)

M-1  2001

麒麟も出ている第一回大会。

話題の中田カウスは審査員としてはまだ出ていないけどね。

当時麒麟は、22歳(田村)と21歳(川島)!!演じられたネタは、今にも充分通用する、麒麟好きの我が家は大絶賛!!ところが・・・

優勝は中川家。01年の勢いそのままで順当な勝利。

毎年瞬発力があるグループが優勝する。

01年の麒麟のネタの完成度をみて、麒麟が今まで、決勝の3組には残るのに上手く行かないわけが何となく判った。

中川家と決定戦で争った、ハリガネロック?

今はそんなに売れてない。何となく判る気がする。それ以上を感じさせない上手な古いネタだった。

漫才以外でもやっていけるかどうか?

麒麟は最近バラエティーにも出てきだした。漫才以外の露出が多くなってきている。今年は機が熟しだしたのかも知れない。

今年は少しづつ院内を整備しだした。何よりスタッフとの関係を。今まで独りよがりの改善だった、結局続かない。

今年は違う。簡単なことでした。機は熟すのかな??

« 肉離れ | トップページ | キャンセル セミの幼虫 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M-1  2001:

« 肉離れ | トップページ | キャンセル セミの幼虫 »