« 眠れない夜 菓子パン | トップページ | 東野圭吾 むだ話 »

2007年3月26日 (月)

日本顎咬合学会 江戸で発表

人前で発表するには、レベルを上げないといけない。

知識→実践までは誰でも行えるが、ここで梃子を効かすには、人前での発表が一番。当然批判も受けるだろうし、しょんぼりすることもある。上手くいかない時にはやはり落ち込む。しかし・・・・

症例発表が一番の実力向上の近道。

自分の足元が良く見える。

そんな気持ちで行なう発表会に出席して色んな症例を見ることも、とてもためになる。

忘れやすいので何回でも感動する。非常に便利だが少しお馬鹿?

そのたびねじを巻くことになる。

6月は東京での発表会に出る。身内のお膳立てとはいえ花の東京。江戸での発表!!早速資料をまとめようと頑張る!その前に・・・

日本顎咬合学会に未入会だった。

皆はきちんと入っているらしい。入会金の振込みが最初の仕事とは情けないが、つまらない考えの時期があったので仕方が無い。今は前向き。

色んな学会がある。敷居の高いものもあれば、怪しいものも。それぞれに価値は必ずあるはず。人まねであるが、今年は学会に所属することも目標にしよう。好き嫌いは大人になってかなり減った。好みで判断しない。必要か役に立つかで判断する。

発表会場は東京国際フォーラム

有楽町で会いましょう。

« 眠れない夜 菓子パン | トップページ | 東野圭吾 むだ話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本顎咬合学会 江戸で発表:

« 眠れない夜 菓子パン | トップページ | 東野圭吾 むだ話 »