« 頑張れ麒麟 | トップページ | 恋はあせらず ファンキータウン »

2007年3月23日 (金)

天使と悪魔 

生活の乱れは、治療にも影響する。

技術が落ちるとか、手が荒れるとかではなく、気づきが減る。気づきやすいところだけが唯一のとりえなのに!!

年齢や、慣れも関係していたのかな・・・

乱れると、天子の声も、悪魔の声も区別がつかなくなる。

悪魔の声に導かれた目標は、やはり上手くいかない。上手くいかなくて良かったのかもしれない。上手くいっていたら今頃おかしくなっていたのかも。

初期のカルテを見ていると、治療内容はともかく、一生懸命さが伝わってくる。無駄が多く、融通もきかない、オプションも少ない治療。

「早く、安く、」をモットーに頑張っていた。

リコールだ自費率アップだと、世の中は変ってきた。「早く、安く、」は古いスローガン扱い。今の治療方針は、実際真逆になっている。しかし・・・・

一生懸命さが患者さんに伝わっていないと、何を方針にしても結果はついてこない。

自然体で伝える能力が殆ど無い。

やはり工夫は必要。楽しい工夫にするために。再来週はがんばる。

« 頑張れ麒麟 | トップページ | 恋はあせらず ファンキータウン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天使と悪魔 :

« 頑張れ麒麟 | トップページ | 恋はあせらず ファンキータウン »